【2021年版】おすすめのインターネットFAX5選を紹介|導入のメリットや選び方も解説

最終更新日 

人材不足や業務におけるコスト削減が多くの業界で叫ばれる中、FAXを使った業務も見直しが進められています。

多くの業務効率化システムがインターネット技術、クラウドを利用することで業務効率化を実現していますが、FAXにおいてもインターネットFAXというサービスが登場するようになりました。

本記事ではインターネットFAXとはどんなサービスなのか、おすすめのサービス、導入するメリットなどを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

インターネットFAXとは?

インターネットFAXとは、従来の電話回線を使用したFAXではなく、インターネット回線を使用したFAXのことを指します。

従来のFAXとは違い、インターネットにつながっているパソコンやスマートフォンなどからFAXの送受信が可能となることで、リモートからでもFAX業務を行うことができ、業務効率化につながります。

通信コストが削減できる他、受信したFAXをデータに変換して管理画面上で確認することが可能なためプリントアウトの手間を省略したり用紙代·インク代などのコストカットも実現できます。

おすすめのインターネットFAX5選

FNX e-受信FAXサービス

特徴

FNX e-受信FAXサービスは、株式会社ネクスウェイが運営しているFAX自動受信サービスです。

受信したFAXをデータ化し、クラウドに保存することができるため時間を選ばず内容の確認や送信作業が可能となります。

インターネットFAXの業界として初めて、現在使用している番号を変更せずに導入することができるという利便性を発揮しています。

料金

  • 初期費用:62,000円〜(専用アダプタレンタル代含む)
  • 月額料金:月額15,000円〜
  • 無料トライアル:デモあり

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

秒速FAX

特徴

秒速FAXとは株式会社Karigoが運営しているインターネットFAXです。

アカウントの作成から本格的な運用までが非常に手軽に実現できるため、多くの業界で導入されている実績があります。

最大で90日先まで予約して配信できる機能が搭載されているため、効率的なFAX配信が可能で、60日分まで遡ってFAXデータの閲覧も可能です。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:0円〜
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

eFAX(イーファックス)

特徴

eFAXは国内利用者数60,000件を突破しているインターネットFAXです。

メールはもちろん、iOSとAndroidに対応した専用のアプリも提供しています。

デジタルファイル管理機能が搭載されているため、通常のFAXをファイリングして保存するようにペーパーレスの管理が可能となります。

料金

  • 登録手数料:1,000円
  • 月額料金:1,500円
  • 無料トライアル:30日間無料

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

MOVFAX(モバックス)

特徴

MOVFAXは日本テレネット株式会社が運営しているインターネットFAXです。15,000社以上の導入実績があります。

PC·スマホを使ってのFAX内容確認ができ、テレワークや外回りの営業でもFAXの送受信を可能とします。

受信したFAXに画像や文字を追加できる機能が搭載されているため、業務効率化につながります。

料金

  • 初期費用:1,000円
  • 月額料金:980円〜
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

03Fax

特徴

03Faxはパソコンやスマートフォンから手軽にFAXの送受信を可能とするインターネットFAXです。

通信費用の削減や、ペーパーレス化によるコストカットを実現することができます。

通信の暗号化などセキュリティ対策にも力を入れているサービスです。

料金

  • 初期費用:5,000円
  • 月額料金:980円
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

インターネットFAX導入のメリット

インターネットFAXを導入することで主に以下のメリットが得られます。

FAXの送受信が効率化される

従来のFAXであれば、送信する場合には一度紙にプリントアウトする必要がありました。

さまざまな形式のデータをプリントアウトするには、場合によってはファイル変換などの専門的な知識が必要となることもありますし、FAX受信に関しても用紙をスキャンしたり手打ちで入力してデータ化する手間がかかります。

インターネットFAXは、わざわざプリントアウトすることなく受信したデータをシステム上から簡単に確認することができ、FAXの送信に用紙も必要ありません。

FAX業務にかかる工数を削減して大きな業務効率化につなげることができるのは大きなメリットです。

コストカットにつながる

インターネットFAXはPCやスマートフォン、タブレットからFAXの送信が可能となるためFAX機を設置する必要がありません。

そのため、FAX機を購入するコストの削減ができます。

また、FAXの送受信には用紙やインクなどの備品も必要ないためこれらのコストカットも可能です。

FAX管理が効率化される

従来のFAXでは、送信でも受信でも専用の用紙を使って行う必要があり、大量のFAX用紙を管理するのは煩雑な部分がありました。

これに対しインターネットFAXは、FAX業務におけるペーパーレス化を実現し、システム上でFAXデータを管理することができるためFAX管理の効率化が可能です。

インターネットFAXを選ぶ際のポイント·注意点

インターネットFAXを導入する際は、以下のポイントに注意しながらサービスの比較検討を行いましょう。

現在使用している番号が使えるか

利用するサービスによっては現在使っているFAX番号が使えないものもあるため、事前に利用できる局番を確認しておきましょう。

万が一利用している番号が使えずに、新たに番号を取得することになると取引先などに対して番号変更の連絡をしなければならず手間が発生してしまうため注意が必要です。

現在使っている番号をそのまま利用できるか、市外局番を変更せずに利用できるかを確認しておきましょう。

セキュリティ対策の確認

インターネットFAXは、サイバー攻撃などによる情報漏洩のリスクが全くないとは言い切れません。

そのため、通信情報の暗号化や管理画面へのアクセス権限の設定、誤送信防止機能などのセキュリティ対策が行われているかを確認するようにしましょう。

もちろんインターネットFAXを利用する端末のセキュリティを確認しておくことも重要です。

利用可能なデバイスをチェック

インターネットFAXは、ネット環境が整っていれば場所や時間を選ばずに利用できることがメリットですが、利用するサービスによってはPCのみでスマートフォンやタブレットには対応していないという場合もあります。

スマートフォンやタブレットからでも利用できるサービスであれば、テレワークやリモートワークでの利用はもちろん、外回りが多い営業職の人でも手軽に使用することができ利便性が向上します。

スマートフォン向けのアプリが提供されているサービスであれば、スマートフォンのカメラで撮影した写真をそのままFAX送信することができるためより業務効率化につながります。

特徴を理解してインターネットFAXを導入しよう

インターネットFAXについて、概要やおすすめのシステム、導入のメリットなどを紹介しました。

テレワークでも活用でき、ペーパーレス化や業務効率化などさまざまな導入メリットがあるインターネットFAXは、FAXを活用した業務が多い企業にこそ導入がおすすめされます。

本記事で紹介したおすすめサービスや導入のポイントを参考にして自社にあったサービスを探してみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載