秒速FAXの料金·評判·機能について。月額520円から利用できる?

最終更新日 

秒速FAXとは

秒速FAXとは株式会社Karigoが運営しているインターネットFAXです。

アカウントの作成から実際にFAXを送受信するまでが非常に手軽で、導入しやすいという点からインターネットFAXサービスにおいて幅広い業界から導入されている実績があります。

秒速FAXの機能·特徴

FAXの送受信を効率化

秒速FAXにはFAX送信を効率化できる「秒速FAX送信」と、受信FAXを電子化できる「秒速FAX Plus」というサービスがあります。

これらのサービスにはFAX業務を効率化できる機能が豊富に搭載されているため、FAX業務担当者の業務負担を大きく軽減することができます。

豊富なFAX配信関連機能

秒速FAX送信にはFAX送信を効率化する機能が豊富に搭載されています。

中でも、予約配信機能は最大で90日先、15分単位での予約が可能なため送信スケジュールが決まっている場合には大幅に業務効率を向上させることができます。

また、そのほかにもFAXデータを過去60日分まで遡ってCSV形式でダウンロードができたり、メールを利用したFAX送信、配信状況のステータス確認機能などが搭載されています。

FAX受信関連機能も豊富

秒速FAX Plusには受信したFAXデータを自動的にPDF形式へ変換する機能が搭載されているため、FAX管理を効率化させることができます。

また、好きなFAX番号を選ぶことができるため、自社に関連のある数字や覚えやすい番号を選んで顧客へアピールすることができるようになります。

最大60日間の受信データを確認することができ、受信した日時や枚数がわかるため、管理体制の強化にもつながります。

秒速FAXの料金·価格

秒速FAXの料金は利用するサービスごとに発生します。

秒速FAX送信は入会金·初期費用0円、月額基本料0円、1ページの送信単価は7円〜となっています。

秒速FAX Plusは入会金·初期費用1,100円、月額基本料520円〜、1ページの受信単価は0円〜です。

2021年3月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

秒速FAXでは、無料トライアルについては明記されていませんが、FAX送信に関しては初期費用、月額基本料ともに0円で利用できるため、低コストで利用することが可能です。

秒速FAX導入のメリット

テレワークでもFAX送信が可能に

従来はFAXを送信したい場合、コンビニに駆け込んだり会社に戻ってFAXをセットする必要がありましたが、秒速FAX送信では「ScanSnap」と連携して直接帳票を読み込みFAXの送信が可能となります。

FAX送信したい紙さえあればスマートフォンやタブレットで撮影しても、簡単に撮影画像をPDFに変換してFAX送信依頼を送ることができるため、多様な働き方に対応できるというメリットが生まれます。

FAX管理を強化できる

秒速FAXでは国際的なセキュリティ基準であるISO27001を取得しており、送信回線は国内起点、受信サーバも国内のものを使用するなど外部からのサイバー攻撃に万全の対策をとっています。

また、通信時のデータはSSL技術によって暗号化されているため、情報漏洩の危険性に対しても対策がとられています。

紙のFAXの場合、紛失や盗難、ファイリングした場所がわからなくなってしまうなどのリスクが伴いますがシステム上で送受信FAXの管理ができる秒速FAXはこれらのリスクもありません。

秒速FAXの導入事例·評判

現在調査中です。

類似サービスとの比較

秒速FAXとの類似サービスとしては、FNX e-受信FAXサービスやeFAXなどが挙げられます。

FNX e-受信FAXサービスは受信FAXの電子化、ブラウザ上での閲覧を可能とするインターネットFAXサービスです。

インターネットFAX業界で初めて現在使用しているFAX番号をそのまま使用することができるため、導入から本格的な運用までがスムーズという特徴があります。

コストとしては、初期費用62,000円〜、ランニングコストとして月額15,000円からの費用が発生します。

eFAXは国内の利用者数が60,000件を突破しているインターネットFAXサービスです。

メールからだけでなく専用のアプリを使ってFAXの送受信が可能なため、テレワークでの活用にも適しています。

料金としては、登録手数料1,000円、月額料金1,500円から利用することが可能です。

FNX e-受信FAXサービスの料金·評判について。400拠点以上で導入されているFAX受信サービスとは?

eFAX(イーファックス)の料金·評判·機能について。月額1,500円から使える?

秒速FAXでFAX業務の効率化を

新型コロナウイルスの感染拡大によって、テレワークを取り入れた企業にとっては、FAX業務が以前のようにいかず課題を感じているというケースも少なくはないようです。

秒速FAXを導入すれば、在宅勤務でも以前と変わらない、むしろより効率化されたFAXの送受信が可能となるため、FAX業務に課題を感じている方は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:秒速FAX公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載