FAX.PLUSの料金·評判·機能について

更新日:

    ITツールを用いて業務効率化に成功している事例が増えていますが、FAXを使った業務において効率化を可能とするサービスが登場しています。

    今回紹介するFAX.PLUSは、メールなどを活用してFAXのやりとりができ、業務効率化やコスト削減が実現できるインターネットFAXサービスです。

    本記事ではFAX.PLUSの料金や特徴などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

    FAX.PLUSとは

    FAX.PLUSは全世界で200万人以上に利用されているインターネットFAXサービスです。

    企業規模を問わずに利用することができ、幅広い業種に対応しています。

    スマートフォンからでも利用でき、場所を選ばずにFAXの送信ができるためテレワークでの利用にもおすすめです。

    おすすめの類似インターネットFAXツール

    FAX業務を圧倒的に効率化: FNX e-受信FAXサービス

    (4.5)

    月額料金15,000円無料お試し無料リモートデモあり
    初期費用62,000円〜受信料金0円

    実際にFNX e-受信FAXサービスを導入した企業からは、「業務改善と顧客満足度の向上を実現できた」、「FAX受信のペーパーレス化を実現」、「テレワークでもFAX処理ができるので出社回数が減った」といった声が挙げられており、確かな業務効率化とコストカットを実現できるサービスということがわかります。

    テレワークでもFAX処理ができる

    FNX e-受信FAXサービスは受信したFAXを電子化してPCから確認することが可能なので、わざわざオフィスに出社してFAXを確認する必要がなくなります。

    FAX業務のコストカットを実現

    FAXが電子化できることで、紙代·印刷用のインク代が不要となり、コストカットを実現できます。さらに、これら備品を保管しておく場所も不要となるため、スペースの有効活用にもつながります。

    現在使用しているFAX番号をそのまま使用できる

    FNX e-受信FAXサービスは、業界で初めて既に使用しているFAX番号を変えずに導入することができます。 専用のアダプタをFAX回線に設置するだけという導入の手軽さが魅力的です。

    FAX.PLUSの機能·特徴

    フリーダイヤルの使用が可能

    FAX.PLUSはフリーダイヤルを作成して実際のFAX機器を用いることなくオンライン上でFAXを受信することができます。

    もちろん現在使用しているFAX番号をそのまま使用することも可能です。

    取得しているFAX番号はアメリカやカナダを始め日本、フランスなど40以上の国から取得しているためグローバルに展開している企業にもおすすめと言えます。

    コストカットが可能になる

    FAX.PLUSを利用することで実際のFAX機器を導入した場合の運用コストをカットすることが可能です。

    例としては、電話回線を引くための工事費やFAX機器のメンテナンス費用、紙やインクなどの備品代などがコストカットできます。

    また、FAX機器を設置するスペースやFAX用紙を保管しておくスペースも不要となるのでオフィスの有効活用が可能となります。

    FAX機器を導入する場合、電話回線や機器のメンテナンス、インクや紙などの費用が必要です。

    小規模オフィスでも利用できることはもちろん、昨今話題のオフィスレスの場合でもFAXを導入できるというのは大きな利点と言えるでしょう。

    FAX.PLUSの料金·価格

    FAX.PLUSでは無料で利用できるFreeプランをはじめ5つの料金プランを提供しています。

    • Free:月額0円
    • BASIC:月額4.99ドル
    • PREMIUM:月額9.99ドル
    • BUSINESS:月額14.99ドル
    • ENTERPRISE:月額49.99ドル

    無料で利用できるFreeプランは無料で送信できるページ数は10ページまでとなっているので注意が必要です。

    BASICプランでは月に100ページまで、PREMIUMプランでは月に300ページまで、BUSINESSプランでは月に800ページ、ENTERPRISEプランでは月に3,000ページまで送信可能となっています。

    2022年1月現在/詳細は公式サイトを確認

    無料トライアルについて

    FAX.PLUSでは、無料で使えるFREEプランを提供しているのでトライアルとして運用することも十分に可能です。

    FAX.PLUS導入のメリット

    FAX管理の効率化が可能になる

    従来のFAXは送受信の際に専用のFAX用紙が必要となるため用紙の管理が煩雑化するケースも少なくはありませんでした。

    FAX.PLUSはFAX管理のペーパーレス化が可能で、システム上でのFAXデータ管理を実現できるため業務効率化につながります。

    FAXの送受信が効率化される

    今までのFAXは送信時に専用の用紙へ都度プリントアウトする必要がありました。

    FAX.PLUSを導入すればわざわざプリントアウトする必要もなくなり、ファイル変換など手間を増やすこともありません。

    今までFAXを送信するためにファイル変換をしたり、用紙をスキャン、場合によっては手打ちでの入力とかかっていた手間が不要となるため大きな業務効率化が期待できるでしょう。

    FAX.PLUSでFAX業務の効率化を

    FAX.PLUSについてご紹介させていただきました。

    • フリーダイヤルの取得が可能
    • FAX業務にかかるコストを削減

    上記の点から、既に利用しているFAX番号をそのまま継続したい方はもちろん、FAX業務におけるコスト削減を実現したいという方にもおすすめなサービスとなっています。

    本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

    出典:FAX.PLUS公式サイト

      • qeee枠【インターネットFAX】

        FAX業務を圧倒的に効率化: FNX e-受信FAXサービス

        (4.5)

        月額料金15,000円無料お試し無料リモートデモあり
        初期費用62,000円〜受信料金0円

        実際にFNX e-受信FAXサービスを導入した企業からは、「業務改善と顧客満足度の向上を実現できた」、「FAX受信のペーパーレス化を実現」、「テレワークでもFAX処理ができるので出社回数が減った」といった声が挙げられており、確かな業務効率化とコストカットを実現できるサービスということがわかります。

        テレワークでもFAX処理ができる

        FNX e-受信FAXサービスは受信したFAXを電子化してPCから確認することが可能なので、わざわざオフィスに出社してFAXを確認する必要がなくなります。

        FAX業務のコストカットを実現

        FAXが電子化できることで、紙代·印刷用のインク代が不要となり、コストカットを実現できます。さらに、これら備品を保管しておく場所も不要となるため、スペースの有効活用にもつながります。

        現在使用しているFAX番号をそのまま使用できる

        FNX e-受信FAXサービスは、業界で初めて既に使用しているFAX番号を変えずに導入することができます。 専用のアダプタをFAX回線に設置するだけという導入の手軽さが魅力的です。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載