eFAX(イーファックス)の料金·評判·機能について

更新日:

    eFAXとは

    eFAXとは東京都千代田区に本社を置くj2 Global Japan有限会社が運営しているインターネットFAXです。

    申込みから最短2分で使える手軽さが評価され、国内の利用者数は60,000件を突破しています。

    eFAXの機能·特徴

    FAXの送受信を大幅に効率化

    eFAXはメールだけでなく、iOSとAndroidに対応した専用のアプリからも利用できるため、時間や場所を選ばずに簡単にFAXの送受信を実現可能です。

    さらに専用のWebページからも利用できるため、対応デバイスとインターネット環境さえあればいつでもFAXに関する業務を行うことができ、担当者の負担を大きく軽減してくれます。

    テレワークでの活用ができる点も評価されています。

    コスト削減

    eFAXはFAXをメール·アプリで送受信できるため、実機のFAXを使用する必要がありません。

    そのため、紙代やインク代などのコストカットを実現できます。さらに、これらの備品を保管しておくスペースも不必要となるためスペースの有効活用も可能となります。

    デジタルファイル管理機能

    通常のFAXであれば届いたFAX用紙を取引先や名前順でファイリングし、棚などで保管しておく必要があります。

    ですがeFAXを導入することでメールと同じようにFAXの転送や保存が可能になり、実際にファイリングする手間がなくなります。

    おすすめの類似インターネットFAXツール

    FAX業務を圧倒的に効率化: FNX e-受信FAXサービス

    (4.5)

    月額料金15,000円無料お試し無料リモートデモあり
    初期費用62,000円〜受信料金0円

    実際にFNX e-受信FAXサービスを導入した企業からは、「業務改善と顧客満足度の向上を実現できた」、「FAX受信のペーパーレス化を実現」、「テレワークでもFAX処理ができるので出社回数が減った」といった声が挙げられており、確かな業務効率化とコストカットを実現できるサービスということがわかります。

    テレワークでもFAX処理ができる

    FNX e-受信FAXサービスは受信したFAXを電子化してPCから確認することが可能なので、わざわざオフィスに出社してFAXを確認する必要がなくなります。

    FAX業務のコストカットを実現

    FAXが電子化できることで、紙代·印刷用のインク代が不要となり、コストカットを実現できます。さらに、これら備品を保管しておく場所も不要となるため、スペースの有効活用にもつながります。

    現在使用しているFAX番号をそのまま使用できる

    FNX e-受信FAXサービスは、業界で初めて既に使用しているFAX番号を変えずに導入することができます。 専用のアダプタをFAX回線に設置するだけという導入の手軽さが魅力的です。

    eFAXの料金·価格

    eFAXの利用料金、価格は以下の通りです。

    • 登録手数料:1,000円(税別)
    • 月払いプラン:月額1,500円(税別)
    • 年払いプラン:年額18,000円(税別)

    送受信は毎月150ページまでは無料で151ページから1ページにつき10円の料金が発生します。

    2021年3月現在/詳細は公式サイトを確認

    無料トライアルについて

    eFAXでは、事前に機能や使用感について確認したいという方に向けて30日間の無料のトライアルを提供しています。

    公式サイトからプランやeFAX番号、氏名、メールアドレス、電話番号など基本的な情報を入力することで体験版を利用することができます。

    eFAX導入のメリット

    FAX業務におけるコスト削減ができる

    今まで実機のFAXを活用していたという方も、eFAXを導入することでメールのようにインターネットを活用してFAXの送受信ができるようになるため、紙代やインク代などのコストカットを実現できます。

    回線料金や電話回線の契約も不要なため、手軽に導入できる点もメリットです。

    テレワークでもFAXの送受信ができるようになる

    eFAXはインターネット環境とPC·スマホがあれば場所を選ばずに FAXの送受信が可能となるため、テレワークのような在宅勤務でもFAX業務を行うことができるようになります。

    eFAXの導入事例·評判

    業務フローがスムーズに

    “コールセンター部門と口座開設部門が別のため、FAXが届いたか確認するまでにタイムラグが発生していました。eFAXを導入したことで、別々の部署でも同じFAXを確認できるようになり、口座開設のフローがスムーズになりました。また、届いたFAXをデータで保管することができる点も助かっています。”(匿名希望 証券会社様)

    海外にいてもFAXが確認できました

    “日中は外出していることも多く、FAXを確認することができませんでした。eFAXを導入したことで携帯電話から簡単にFAXの注文状況が確認でき、注文管理も効率化されました。海外に仕入れにいっている場合でも注文状況を確認でき、海外のFAX番号を取得できる点も気に入っています。”(匿名希望 ワイン輸入販売会社様)

    類似サービスとの比較

    eFAXとの類似サービスとしては、FNX e-受信FAXサービスや秒速FAXが挙げられます。

    FNX e-受信FAXサービスは受信FAXをPDFデータに変換してWebブラウザ上から簡単に閲覧できるインターネットFAXサービスです。

    特徴的なのは、現在使用しているFAX番号をそのまま使用することができるため、導入してから新たに番号を取得したり、取引先に番号変更の通知をすることなく利用できる点になります。

    料金としては、初期費用62,000円〜、ランニングコストとして月額15,000円からの費用が発生します。

    秒速FAXはPCやスマートフォンから高速のFAX配信を可能とするインターネットFAXサービスです。

    最大90日間先まで予約配信ができる機能や、送信データを過去最大60日分までCSV形式でダウンロードできる機能などFAX業務を効率化できる機能が豊富に搭載されています。

    eFAXでFAX業務の効率化を

    わざわざ会社に戻らなくても外出先や自宅から手軽にFAXの送受信が可能になるeFAXは導入ハードルの低さが魅力的です。

    30日間の無料トライアルもあるので、導入前に機能性や操作感を確かめることも可能ですので、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

    画像·データ出典:eFAX公式サイト

    この製品はインターネットFAXの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    インターネットFAXの製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【インターネットFAX】

        FAX業務を圧倒的に効率化: FNX e-受信FAXサービス

        (4.5)

        月額料金15,000円無料お試し無料リモートデモあり
        初期費用62,000円〜受信料金0円

        実際にFNX e-受信FAXサービスを導入した企業からは、「業務改善と顧客満足度の向上を実現できた」、「FAX受信のペーパーレス化を実現」、「テレワークでもFAX処理ができるので出社回数が減った」といった声が挙げられており、確かな業務効率化とコストカットを実現できるサービスということがわかります。

        テレワークでもFAX処理ができる

        FNX e-受信FAXサービスは受信したFAXを電子化してPCから確認することが可能なので、わざわざオフィスに出社してFAXを確認する必要がなくなります。

        FAX業務のコストカットを実現

        FAXが電子化できることで、紙代·印刷用のインク代が不要となり、コストカットを実現できます。さらに、これら備品を保管しておく場所も不要となるため、スペースの有効活用にもつながります。

        現在使用しているFAX番号をそのまま使用できる

        FNX e-受信FAXサービスは、業界で初めて既に使用しているFAX番号を変えずに導入することができます。 専用のアダプタをFAX回線に設置するだけという導入の手軽さが魅力的です。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載