back check(バックチェック)の料金·評判·機能について。違法性はない?

最終更新日 

人材の採用で成功している企業は、その人物をしっかりと知ってから採用しています。
なかなか良い人材を見抜くのが大変だと感じている企業の方は、back check(バックチェック)を利用してみましょう。
どんな機能が付いていてメリットがあるのか詳しく解説していきます。

back checkとは

back checkとは、面接だけでは見えてこないその方の評価がわかり、前職での実績やどんな人柄かが詳しくオンラインで照会できる機能が提供されているリファレンスチェックサービスです。
表面上では見えてこない部分がわかるため、よりその人物を知って自社に合う人間かどうか判断しやすくなります。

back checkの特徴・機能

back checkにはどんな特徴があるのでしょうか。
こちらでは便利な機能について、詳しく説明していきます。

情報が豊富に載っている

面接では限りある時間の中で質問を行うため、聞けることも限られてしまいます。
さらに、志望動機や長所、短所などある程度形式的に決まったことを聞き、人物を判断しなければなりません。
back checkでは面接だけでは見えてこない、過去の仕事ぶりや実績、さらに、ほかの人とどう関わってきたのかなど詳しい情報を得ることができます。

面接で聞いておきたいこともわかってくる

本当に自社に馴染む適した人物かどうか知りたいというときには、その方によって確認しておきたいことは変わってきます。
しかし、どんな人物かいまいちわからない状態では、皆似たような質問になりがちです。
独自にアルゴリズム分析を行ってくれるため、面接を受けに来た方の過去の働きぶり、人柄を考慮して面接で確認しておきたい内容を教えてくれます。

簡単に依頼して人物を調べられる

利用する際にも、難しい手続きは一切ありません。
オンラインですべて完結してしまうため、面接に来てくれる方への依頼も簡単に行えます。
日々採用活動をしていく中でも、足かせになることなく便利です。

ポジティブチェックが可能に

back checkは探偵や興信所が候補者に同意なく行うネガティブチェックとは違い、候補者に同意を得てからリファレンスチェックを行うためポジティブチェックを実現することができます。

情報の聞き取りを行う対象者には、本人確認のための画像認証が行われるため偽装される可能性も極力低いといえます。

back check導入のメリット

ミスマッチを削減できる

通常の面接だけでは知ることができない、候補者の仕事ぶりや人間性を採用前に知ることができるため入社後のミスマッチを減らすことができます。

せっかく時間とお金をかけて採用しても、一緒に働き始めると想像と違ったとなればコストの無駄遣いとなってしまうため、このリスクを軽減できるのは大きなメリットです。

サポート体制が充実

機能も充実していて使いやすい点もメリットですが、back checkはそれだけではありません。
導入した後は利用する企業にお任せではなく、困ったときに手厚いサポートをしてくれます。

さらに、企業に合わせた使い方を提案してくれますので、より効果的にback checkを利用可能です。
利用開始に伴う案内、ゴール状態を言語化、質問内容を改善などさまざまな面で安心なサポートを期待できます。
半年くらい利用した後には、実際に導入目的の効果が出ているのか検証も行ってくれて安心です。

back checkの価格・料金プラン

料金プランは、基本料金とback check VC連携プランの2つがあります。
back check VC連携プランを利用する際には条件があり、スタートアップ企業のみが対象です。
詳しい金額については、お問い合わせが必要になります。
2021年6月現在/詳細は公式サイトを確認

back checkの導入事例・評判

採用のスピードを落とさず理想的な候補者の採用ができた

“事業の拡大に伴い、1年で80名も採用するなど規模が大きかったため効率的に自社の雰囲気に合う人を探したいと考えて導入しました。早期に結果を出してくれそうな即戦力のある人を中心に採用したいと考え、back checkを導入してみたのです。自分たちだけではスキルしか見えていなかったのですが、マインドも重視して理想的な人材を採用できました。マッチする人材を採用できるようになり、大変助かっています。”(株式会社DouYu Japan様)

採用後のミスマッチが減りました

“面接だけでは候補者の全てを知るのは難しい、採用後のミスマッチを減らしたいと思いback checkを導入しました。back checkだけでなく面接とも合わせて使うことで、その人を深く知ることができるようになり入社後のミスマッチも減るようになりました。”(株式会社SmartHR様)

類似サービスとの比較

back checkの類似サービスとしてはASHIATO(アシアト)やMiKiWaMe(ミキワメ)などが挙げられます。

ASHIATOは求人情報サイトの運営で有名なエン·ジャパン株式会社が提供しているリファレンスチェックサービスです。

多くの採用活動をサポートしてきたノウハウが搭載されており、初めてリファレンスチェックサービスを利用する方にも使いやすいサービスとなっています。

料金は30,000円から利用することができます。

ASHIATO(アシアト)の料金·評判·機能について。1人につき30,000円で利用できる?

MiKiWaMeはSNSを活用したリファレンスチェックができるサービスです。

弁護士指導のもと、Web風評被害対策を行なっているチームによるSNSチェックによって、採用候補の人材によるトラブルを未然に防ぐことができます。

料金は受検者1人あたり500円となっています。

back checkで採用業務の効率化を

面接しただけではその人の人柄など見えてこない点は多数あります。
back checkを利用すれば、さまざまな情報を事前に知ることができ聞いておかなければならない質問ができるようになり効率的です。
採用を成功させたいと思っている企業様は、ぜひ利用してみてください。

画像·データ出典:back check公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載