リファレンスチェックサービスのおすすめ5選を比較【2022年版】

更新日:

    リファレンスチェックサービスとは?

    リファレンスチェックとは主に中途採用の選考過程において用いられる採用候補者・内定候補者の勤務状況や実績、人柄などについて現職・前職の関係者にヒアリングを行う調査手法です。

    企業が採用候補者にリファレンスチェックを行う旨を説明し、候補者側でリファレンス先を探してもらい電話やメールで調査を行うケースが多いですが、最近ではリファレンスチェックを専門としたアウトソーシングサービスも登場しています。

    海外企業から始まった習慣ですが、昨今では日本国内でも外資系企業をはじめ、一般企業でも取り入れる企業が増えている傾向にあります。

    リファレンスチェックを行う際は、候補者に無断で行うことはなく、必ず事前に了承を得ることが必要です。

    職場での人柄や得意な業務、どんな実績・貢献をしてきたかを第三者の視点で評価してもらうためにも、候補者の上司や同僚など近しい立場にいる人を紹介してもらいましょう。

    おすすめの類似リファレンスチェックサービス

    類似サービス: Parame Recruit

    (4.5)

    月額料金1.5万円〜(チケットプラン)無料お試し要問い合わせ
    初期費用0円最短導入期間最短即日導入可能

    Parame Recruitとは、株式会社Parame Recruitが運営しているリファレンスチェックサービスです。 採用候補者をよく知る人物からの他己評価を取得することで、書類や面接だけではわからない採用候補者をより深く知ることができます。

    面接だけではわからない候補者情報を取得できる

    Parame Recruitは、独自のアルゴリズムによって、採用候補者の性格傾向を分析することができます。

    信憑性の担保が可能

    Parame Recruitでは、推薦者には身分証明書での本人確認を実施しているため、なりすましを防止することができます。

    チャットで追加質問ができる

    回答を取得した後に、推薦者と直接チャットによるやりとりを行うことが可能です。回答結果の中で気になった項目や、曖昧な部分を深堀することはもちろん、追加の質問も可能なため、面談前にしっかりと情報を収集することができます。

    おすすめのリファレンスチェックサービス5選

    Parame Recruit

    特徴

    Parame Recruitとは、株式会社Parameが運営しているリファレンスチェックサービスです。

    初期費用無料、1名から利用できるコストパフォーマンスに優れたサービスで、書類や面接だけではわからない候補者の情報を他己評価によってヒアリングすることができます。

    リファレンスチェックの回答回収後に推薦者と直接チャットによるやりとりをすることができ、気になる回答の深堀りができる点も特徴的です。

    料金

    • 初期費用:0円
    • 月額料金:15,000円〜

    back check

    特徴

    back checkとは、オンライン上で完結するリファレンスチェックサービスです。

    書類上や面接だけでは見えてこない採用候補者の評価が、第三者へのヒアリングによって見えてくるサービスで、採用プロセスにおける判断材料とすることができます。

    独自のアルゴリズムによって、採用候補者に面接で確認しておくべき内容を提案してくれる点も優れています。

    料金

    • 初期費用:要問い合わせ
    • 月額料金:要問い合わせ

    AHIATO

    特徴

    ASHIATOとはエン·ジャパン株式会社が運営しているリファレンスチェックサービスです。

    中途採用において利用されるケースが多いサービスで、採用候補者が前職でどのようん働いていたのか、どんな業務が得意・不得意だったのかなどを第三者からのヒアリングで明らかにすることができます。

    15万社の採用支援を行ってきたノウハウをもとに作成されたアンケートを作成することができ、ネガティブチェックではなくポジティブチェックに活用することが可能です。

    ヒアリングは候補者1名あたり5分程度なので、スピーディーなヒアリングを行うことができます。

    料金

    • 初期費用:200,000円
    • 利用料金:30,000円〜

    Mikiwame Point

    特徴

    MiKiWaMe Pointとは株式会社リーディングマークが運営しているリファレンスチェックサービスです。

    自社で働く社員の性格データをもとに、採用企業と候補者がどれだけマッチしやすいのかをシステムが判断してくれます。

    候補者と性格の近いメンバーを把握できることで、どんな部署で働くと実力を発揮しやすいのかがわかる点も特徴的です。

    料金

    • 初期費用:300,000円
    • 候補者受験料:500円/人
    • 自社社員受験:0円/人

    リファレンス・レター

    特徴

    リファレンス・レターは株式会社KUROKOが運営しているリファレンスチェックサービスです。

    初期費用なし、月額1万円から利用することができ、面接だけではわからない候補者の評価をヒアリングすることができます。

    設問は100種類以上あり、職種ごとのテンプレートから自由に質問を作成することが可能です。

    経歴詐称やスキルの虚偽申告などを事前に検知して、採用後のトラブルを未然に防ぐことができ、自社にマッチした人材を採用できるようになることから企業的着率の向上の期待できます。

    料金

    • 初期費用:0円
    • 月額料金:10,000円〜

    リファレンスチェックサービスを選ぶ際のポイント

    質問作成のサポートやテンプレートが用意されているか

    多くのリファレンスチェックサービスでは、リファレンスチェックに必要な質問事項のテンプレートが用意されています。

    また、導入実績が豊富なサービスであれば、幅広い業界に対応した知識やノウハウを保有しているため、質問作成をサポートしてくれます。

    業界ごとに質問テンプレートが用意されていたり、ポジションや課題・目的ごとに質問テンプレートを用意しているサービスもあるので自社にあったものを選ぶと良いでしょう。

    機能を確認

    リファレンスチェックは人事担当者の業務量が増えるため、業務負担を減らすための機能が搭載されているサービスを選ぶと良いでしょう。

    例えば、チャットツールと連携して、ツール内にURLを添付することでリファレンスチェックを行うことができるサービスや、リファレンスチェックの進捗を通知してくれるサービス、リマインドができるサービスであれば業務負担も軽くなり効率化につながります。

    調査できる範囲を確認

    リファレンスチェックサービスは、調査できる項目がサービスによって様々です。

    例えば、SNSやWebから公開されている情報を取得したり、サービス自身が保有している反社リストと照合して反社会勢力とのつながりがないかをチェックすることができるサービスや、大手調査会社と連携して詳細な項目まで調べることができるサービスも登場しています。

    リファレンスチェックを実施するメリット

    採用後のミスマッチを減らすことができる

    リファレンスチェックでは、採用前に候補者の性格や過去の実績、勤務態度などを把握することができます。

    リファレンスチェックの結果、自社の社風と候補者がどれだけマッチしているか、採用後に活躍できそうかが判断しやすくなるため採用後のミスマッチを減らすことが可能となります。

    自社にマッチしていないと判断して不採用とした場合でも、採用後のミスマッチによる解雇よりは手間も少なく、離職率の向上にもつながらないため良いでしょう。

    早期退職を防ぐことが可能

    前職での退職理由やトラブルの有無がリファレンスチェックによって把握できるようになれば、入社後に早期退職してしまうリスクも予測できるため、早期退職のリスクを回避することが可能となります。

    また、前職での退職理由がわかれば、求職者が何を重視して転職活動をしているのかを把握でき求職者にあった条件も提示しやすくなるでしょう。

    採用の成功率を上げることができる

    リファレンスチェックを行えば、採用候補者が得意な仕事・苦手な仕事を知ることができ、どんなことにやりがいを感じていたのかを把握することが可能となります。

    候補者の仕事に対する価値観を把握することで、採用企業側は自社で働く魅力を伝えやすくなり、候補者と相性が良いチームを編成するなどして採用の成功率を上げることができます。

    書類や面接では知ることができない情報を知れる

    履歴書や面接では形式的な情報しか知ることができず、採用候補者の性格や価値観を知ることは難しいものです。

    リファレンスチェックは、候補者と実際に働いていた人から様々なことを知ることができるため、前職でのトラブルや詳細な退職理由など、候補者自身が答えにくいことを把握できます。

    もちろん、マイナスな面だけでなく候補者が認識していなかった長所を聞ける場合もあるという点もリファレンスチェックを行うメリットでしょう。

    まとめ

    自社で長く働いてくれる人材を採用するため、採用前にリスクがある人材を検知するためにもリファレンスチェックは非常に有効な手法と言えるでしょう。

    初めてリファレンスチェックを取り入れるので不安という方でも、リファレンスチェックに特化したアウトソーシングサービスも登場しているため安心です。

    本記事で紹介したリファレンスチェックサービスも参考にしていただき、ぜひ自社の選考プロセスにリファレンスチェックを取り入れてみてください。

      • qeee枠【リファレンスチェック】※qeee枠未実装

        類似サービス: Parame Recruit

        (4.5)

        月額料金1.5万円〜(チケットプラン)無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円最短導入期間最短即日導入可能

        Parame Recruitとは、株式会社Parame Recruitが運営しているリファレンスチェックサービスです。 採用候補者をよく知る人物からの他己評価を取得することで、書類や面接だけではわからない採用候補者をより深く知ることができます。

        面接だけではわからない候補者情報を取得できる

        Parame Recruitは、独自のアルゴリズムによって、採用候補者の性格傾向を分析することができます。

        信憑性の担保が可能

        Parame Recruitでは、推薦者には身分証明書での本人確認を実施しているため、なりすましを防止することができます。

        チャットで追加質問ができる

        回答を取得した後に、推薦者と直接チャットによるやりとりを行うことが可能です。回答結果の中で気になった項目や、曖昧な部分を深堀することはもちろん、追加の質問も可能なため、面談前にしっかりと情報を収集することができます。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載