User Heat(ユーザーヒート)の料金·評判·機能について。無料で利用できる?

最終更新日 

近年は、Webサイトの分析を自社内で行うために、ヒートマップツールを活用する企業が多くなりました。
そこで本記事では、無料ですぐに導入できるUser Heat(ユーザーヒート)について取り上げて、主な機能、特徴、料金プランなどをご紹介いたします。

User Heatとは

User Heatは、株式会社ユーザーローカルが提供しているヒートマップ解析ツールです。
熟読エリア分析、マウスムーブなどのヒートマップツールが用意されており、Webサイトのアクセス分析に活用することができます。

User Heatの特徴·機能

ではUser Heatにはどのような特徴や機能があるのでしょうか。

全部で5種類のヒートマップが用意されている

User Heatの特徴は、5種類のヒートマップが用意されていることです。
ページがどう見られているか可視化する「熟読エリア」、ページがどこまで読まれたのかがわかる「終了エリア」、クリックされた箇所が把握できる「クリックエリア」、ユーザーのマウスの動きが確認できる「マウスムーブ」、ユーザーの離脱状況を表す「離脱エリア」などが利用できます。

blogも解析できる

Webサイトのほかにblogの解析が可能な点も、User Heatの特徴です。
利用可能なblogサービスは、Livedoor Blog、Ameba Blogなどがあります。
そのほか、WordPressやMovable Typeなども利用可能です。

月間30万PVまで分析できる

User Heatを使った分析は、月間30万PVまで可能となっています。
30万PVを超えてしまった場合には計測が止まってしまいますが、課金されることはありませんので、安心して利用できます。

スマートフォンも利用可能

User Heatは、パソコン以外にスマートフォンやタブレット端末も利用できます。
パソコンとスマートフォンの切替は、ボタンを選択するだけなので、非常に簡単です。

User Heat導入のメリット

User Heatの強みは、高機能なヒートマップツールを無料で使えることです。
キーボードで入力したデータ、利用者の個人情報などの取得は行っていないため、安心して利用できます。
また、導入が簡単なことも、User Heatの強みです。
解析を行いたいWebサイトのHTMLを開いたら、<HEAD>タグの終了タグの前にJavascriptを記述するだけで導入することができます。
特別なソフトウェアのインストールは不要です。

User Heatの価格·料金プラン

User Heatの価格は、0円です。
公式サイト上の入力フォームに解析したいWebサイトのURLを記述して、「登録する」ボタンを押すことで、無料で利用できるようになります。
なお、有料版のUserInsightの料金については、お問い合わせが必要です。
2021年2月現在/詳細はUser Heatの公式サイトを確認

User Heatの注意点

User Heatの注意点は、解析できるWebサイトのページに上限が設けられていることです。
1アカウントあたりの上限は、約1,000種類のページまでとなっています。
また、1日の利用回数の制限もあります。
それ以外には、基本的に注意すべき点はありませんのでおすすめのツールです。

User Heatの導入事例·評判

現在調査中です。

類似サービスとの比較

User Heatと類似したサービスとしては、株式会社グラッドキューブが提供しているSiTestがあります。
SiTestの料金プランについては公表されていませんが、30,000PVまで計測可能な無料トライアル版が用意されているのです。
機能としては、スクロール、クリック、タッチアクションなどのヒートマップ解析を搭載しています。
そのほか、録画再生機能、A/Bテスト機能、広告連携機能なども利用可能です。

User HeatでWebサイトの解析を

User Heatは、熟読エリア、終了エリア、マウスムーブなど合計5つの高機能ヒートマップツールが用意されています。
無料で利用でき、導入も簡単なので、Webサイト解析ツールをお探しの方は、ぜひUser Heatを利用してみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:User Heat公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載