ヒートマップとは?ユーザーのページ回遊を可視化するヒートマップツールの使い方とおすすめアプリ

最終更新日 

もっと自社の売上を上げたいと思ったとき、顧客の行動を分析するのは大変重要になります。
どうして購入にまで至ったのか分析する方法の一つとして、ヒートマップは有効です。
こちらではヒートマップでできることやメリット、使い方などを開設していきます。

ヒートマップとは?どんなことができるのか

ヒートマップを利用することで、どうして顧客はこのページまでたどり着き、購入やサービスの申し込みまでに至ったのか明確にできます。
ヒートマップでは、行動データに色付けをして分けるため非常にわかりやすく、今後の戦略にも活かしやすくなります。
逆に、どうしてユーザーが興味を持ちながらも、購入やサービスの利用に至らなかったのかも確認可能です。
ヒートマップによってどの部分を改善すれば、購入やサービスの申し込みまでに至るかわかってきたら今後の売上にもつながってきますし、使いやすくなることでSEO対策にもなります。

色分けをするため非常に見やすい

数値だけのデータを分析しようと思うと、結構大変さを感じてしまいます。
皆で分析結果を見るときにも、見えにくい、わかりにくいという面があります。
それに比べてヒートマップは色分けをするため、一目でどのような動きをしているのか顧客の行動を知ることが可能です。
直感的にわかり、今後の戦略を打つ際にも大いに役立つでしょう。

どんなことがわかるのか

ヒートマップからわかることはいくつかあり、今後の分析にも大いに役立ちます。
まずユーザーはどこまで読んで、どのタイミングでページを離れているかがわかります。
離脱してしまうページや箇所が一緒であれば、そこを改善しないと今後の売上につながりにくくなるため、知ることは重要です。
ほかにも、どこに興味を持ってユーザーはクリックしているのか、パソコンの場合はマウスをどう動かしているか行動を読み取ることもできます。
企業の中では悪くないと思っていたページが実は大きな離脱の原因な場合もあるため、ヒートマップを上手に活用しましょう。

ヒートマップツールを使うメリット、利点

ヒートマップツールを利用するメリットは多数あり、企業で売上を伸ばしたい、改善していきたいのであれば使わない手はありません。
こちらでは、いくつかのメリットを紹介していきます。

どこがページを離れる原因になっているかわかる

購入に至らなかった、サービスを利用しなかったという場合、どこかに不安な原因があるものです。
特にどこかのページで離脱率が高い場合、そのページで不安要素が生まれてしまう、もしくは購入しても大丈夫そうという気持ちになれなかったと思っても良いでしょう。
離脱が多いページがわかれば、改善し購入したいという気持ちに持っていけるよう改善も可能です。

データを可視化できるため提案の材料にもなる

もし、このようにしたほうがもっとユーザーの興味を惹けるのではないかと思っても、根拠がなければなかなかOKサインはもらえません。
ヒートマップを使い色分けをして可視化すると、なぜそうなのかの根拠がわかるため、上司などを社内で説得するための材料にもなります。

SEO対策にもなってさらに集客効果があがる

見やすく利用しやすいサイトでユーザーから満足度が高い場合、評価され上位に表示されやすくなります。
自社のサイトがほかのさまざまな企業の中に埋もれてしまっていると、その時点であまり見つけてもらえなくなってしまいます。
上位に表示されると、これまでサイトを知らなかった新規のユーザーにも見てもらいやすくなり売上も期待できるでしょう。

ヒートマップでわかることとは?活用事例を紹介

ヒートマップではどんなことがわかり、どう活用していけば良いのでしょうか。
こちらでは活用事例も一緒に紹介していきます。

ヒートマップでわかることとは

ユーザーの動きや興味を持っているところが、一目でわかるようになります。
サイトの中にクリックできるボタンがいくつかある場合、どこのボタンがよりクリックされやすいかもわかります。
色分けしていて、どんどんとクリックされるたび、色の濃淡でクリック回数が多い少ないがわかるようになります。。
%が付いている場合、スクロールしたユーザーの割合もわかりどのくらいの人が興味を持ってくれたのかなども数値で確認できます。

ヒートマップの活用事例

クリックするボタンがないページで、サイトの雰囲気を見てクリックできるのではないかと押してしまっていたというのもわかります。
本来、購入ボタンはもう少し先のページまで進まないと出てこないものの、購入の書き方がまるでボタンのようでユーザーはそのページでクリックを繰り返し押せないことがわかって離脱してしまうというケースもあります。
本来のページではなく別の箇所が購入ページの雰囲気になっていて、よくわからなくなったユーザーが離脱してしまう場合もあるのです。
このような事例もヒートマップを利用すれば、一発でわかります。
なぜ本来の購入ボタンを押すまで進まず離脱してしまっていたのか、原因も明確になるのです。

ヒートマップツールの使い方を解説

ヒートマップの使い方は簡単で、色で、よく見られている、クリックされている、ほとんどこのページは見られていないなどがわかります。
ヒートマップツールでは、赤がよく見られている·クリックされている、青があまり動きがないと分類されるケースが多いです。
赤や青に限らず、さまざまな色を使って自分たちでわかりやすいように分類できます。
ほかにもどこまでスクロールされているか見たい場合は、スクロールヒートマップを利用する方がほとんどです。
いいところまで読んで離脱しているケースが多い場合、どこまで読まれているのかどこからいなくなってしまうのか分析できます。
使い方によって、今後のサイト作りにも大いに役立てられるためツールを上手に活用していきましょう。

おすすめの無料で使えるヒートマップアプリをご紹介

こちらではコストがかからない無料で利用できるヒートマップアプリを紹介していきますので、ぜひ活用してみてください。

MIERUCA(ミエルカ)

MIERUCAは、パソコンでのユーザーの動きだけでなく、タブレットやスマートフォンでもどのような見方をしているのかわかります。
計測してみたいページが複数ある場合は無料で利用するのは難しくなりますが、簡単にアプリを取り入れて利用できるため使いやすいでしょう。

画像·データ出典:MIERUCA公式サイト

Ptengine

Ptengineまずはヒートマップの使い心地を試してみたいという方にピッタリで、計測してみたいページ1ページのみ登録できます。
ユーザーがどのポイントでクリックしているのかも無料で利用できるため、今後のサイト運用にも活かせるでしょう。
導入も初心者でも簡単にできるようになっていて、ワンクリックですぐに使用してみることが可能です。

画像·データ出典:Ptengine公式サイト

サイト改善にはヒートマップを活用しよう

なぜユーザーが購入までに至らないのか、自分たちだけで考えようとしても限界があります。
普段サイトを訪問してくれたときに、どこを気になっているのかクリック回数が多いのはどのページのどの箇所かを知ることができれば変わってきます。
分析するツールはさまざまありますが、中でもヒートマップは直感的にわかりやすく今後に活かす際にも便利です。
どのような点を知りたいのか自社で相談をし、クリックしている箇所やどこまで読んでいるのかを見てみましょう。
ほかにもA/Bテストなどさまざまな分析ツールと組み合わせて解析していくと、より細かく売上を伸ばすための対策方法がわかってきます。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載