CALLTREE(コールツリー)の料金·評判について|利用継続率93.8%のCTIシステムとは?

最終更新日 

顧客からの問い合わせに対応したり、電話を活用しての営業などを行う場合には、コールセンターの設置が欠かせないものとなります。

ですが、新型コロナウイルスの感染症対策として、集合しての業務が難しくなった現代では、コールセンターがうまく稼働しないという声も挙げられています。

CALLTREE(コールツリー)は、コールセンターを知り尽くしたプロによって開発されたCTIで、誰でもすぐに使いこなせる操作性や、テレワーク環境でもスムーズなコールセンターの設置が可能な点などが評価されています。

特徴や料金、評判などを解説しますので、サービス選定の参考にしてください。

CALLTREE(コールツリー)とは

CALLTREEは、株式会社ジーシーが開発·運営しているCTIシステムです。

コールセンターを知り尽くした現場のプロによって開発されたシステムのため、コールセンター業務における課題を解消して業務効率化·コストカットを実現することができ、その使いやすいシステムと優れたサポート体制から利用継続率は93.8%という実績があります。

実際にCALLTREEを導入した企業からは、「使いやすいデザインでかゆいところに手が届く機能が備わっている」、「顧客リストの分析でサービス向上につながった」、「スタッフの業務負担が大きく軽減された」、「コールセンターがあることで、商談時の反応が良くなった」などの声が挙げられており、確かな導入効果が期待できるサービスです。

CALLTREE(コールツリー)の特に優れている点

初めてでも使いこなせるインターフェースでテレワークにも活用可能

CTIシステムには多機能であるが故に操作性が複雑で、システムを使いこなすことができず導入企業に定着しなかったというというケースもあります。

CALLTREEは、シンプルなデザインと操作性で、初めてCTIシステムを扱うという方でも容易に使いこなすことができます。

また、サポート体制にも優れており、訪問や電話、遠隔操作でのサポートが可能ため、操作方法に不明点がある場合でも安心です。

専用サーバーの設置が不要で、パソコンとヘッドセットがあれば全国どこでも最短3日で導入することが可能ため、テレワーク中でも手軽にコールセンターを設置することができます。

全ての情報が共有できる

CALLTREEは、クラウド型のシステムのため、世界中どこにいてもリアルタイムでの情報共有が可能です。

一つのデータベースを全てのオペレーターが共有できるため、特定のオペレーターしか把握していないという属人化を防止し、顧客情報や更新状況などを一括で管理することができるようになります。

業務の見える化を実現し、通話分析や目標分析をリアルタイムに管理することができるため、業務効率の向上が期待できます。

顧客情報の管理にも優れている

CALLTREEにはCRMとしての機能も搭載されており、リストデータベースの一括管理や顧客情報の編集機能、重複番号の自動判別機能などによって効率的な顧客情報の管理と架電数のアップを実現することができます。

管理された顧客情報からのコールで、オペレーターの架電率向上が期待できるだけでなく、発信禁止番号の登録もできるため、クレームがあった番号や架電拒否の番号に対して誤ってかけてしまうリスクを防止でき、顧客対応向上にもつながります。

CALLTREE(コールツリー)のセキュリティ体制

CTIシステムは、顧客情報など重要な社外秘情報を取り扱うため、情報漏洩や盗聴などには細心の注意を払わらなければいけません。CALLTREEでは、主に以下のセキュリティ対策を実施しています。

4つのサーバーによる運用

信頼性の高いデータセンターを使用していることはもちろん、情報セキュリティ管理に対する国際水準の第三者適合性評価制度であるISO27001/ISMSの認証取得も実現しています。また、カード情報セキュリティの国際統一基準のPCI DSSのサービスプロバイダーとしても認定されています。

暗号化技術を用いたデータのやりとり

第三者への情報漏洩があってはならない個人情報などのデータは、暗号化して安全な通信を実現します。

SSL(Secure Sockets Layer)サーバー証明書が発行されたサーバーでの運用が可能なため、なりすましや改ざん、盗聴などのリスクから守ることができるだけでなく、万が一、盗聴されるようなことがあっても暗号化されているデータであるため、内容を解読されることがありません。

サイバー攻撃や不正アクセスの自動遮断

CALLTREEは、ファイアウォールやウイルスチェックで防御できなかった攻撃や不正なアクセスを自動的に検知、WAF(Webアプリケーションファイアウォール)を用いて対象の接続を遮断することが可能です。

24時間365日の監視

CALLTREEでは、Webサイトの24時間365日の監視を実現しています。万が一、データの改ざんなどが検知された際には、セキュリティ担当者へ通知され復旧作業が行われるため安心です。

定期的なバックアップとセキュリティ対策の操作機能

CALLTREEは、通信ログなどの重要なデータは毎日バックアップがとられているため、万が一の事態にも迅速な復旧が可能になります。

また、権限別の操作やアクセス·使用制限管理、ログイン状態管理、ログイン/ログアウト機能などのセキュリティを高める機能が豊富に搭載されているため、安心して利用することができます。

CALLTREE(コールツリー)の料金·価格

多くのCTIシステムでは、3分や5分など一定の時間単位ごとに料金が発生する料金プランが採用されており、実際の通話時間に見合わない料金が請求されてしまうケースもあります。

CALLTREEは、秒課金の料金プランのため、従来のシステム利用よりもコストカットにつなげることが可能です。

無料デモを利用することができるため、導入前に実際の機能や操作性を確認することもできます。

課金方法の詳細などについては、下記から資料ダウンロードをお願いします。

CALLTREE(コールツリー)の主要な機能・特徴

発信機能

プレビュー·ダイヤル

コール画面(CRM画面)からクリック操作で発信。架電したくないリストはスキップすることが可能です。

プログレッシブ·ダイヤル

つながらない電話を自動で判別して、架電リストの電話番号へ自動的に電話をかけることが可能です。

お客様情報を事前にオペレーターの画面に表示することができるため、顧客情報を理解した上での会話が可能となります。

プレディクティブ·ダイヤル(プレディコール)

架電リストの電話番号に対してシステムによる自動予測発信が可能です。

顧客が応答した場合は、オペレーターに接続しますが、状況により接続できない場合は、IVRによるアナウンスに切り替えることが可能なため、オペレーターは会話に集中して通話効率を向上させることができます。

受信機能

受信履歴一覧機能

電話番号や対応した時間·日時など履歴が一覧で確認できます。

対応番号振分け機能

複数の電話番号を保有している場合に、どの番号で着信したかを自動で判別します。

着信時ポップアップ機能

着信があった場合に、パソコンの画面に電話番号をポップアップ通知します。

サポート機能

ウィスパリング(ささやき)機能

通話が開始される前にオペレーターに対してアナウンスすることが可能となります。異なる電話窓口に対してオペレーターがマルチ対応する場合などに効果を発揮。

ピックアップ(内線転送機能)

オペレーターと顧客の会話中にSV(スーパーバイザー)が通話をピックアップし、顧客とスーパーバイザーとの通話に切り替えることが可能。

アラート機能

顧客リストに対して対応期限の設定をすることで、架電漏れの防止を実現することができます。

その他にもログイン状態の管理機能や使用制限管理機能などのマネジメント機能、オペレーター毎の管理機能やリスト生成機能などの業務設定機能など、豊富な機能が搭載されています。

CALLTREE(コールツリー)の導入事例·評判

使いやすいデザインでコストカットを実現

“今まで使っていたコールシステムでは時間帯によってコネクト率が低下してしまい生産性が落ちてしまうことが課題でした。CALLTREEは、通信費の削減率が大きいことが導入の決め手で、現場のことを考えた使いやすいデザインが好印象です。情報共有が容易になったことで、事業拡大にも貢献しています。”(匿名希望 通信会社様)

費用対効果は10倍以上

“今まではリストを見ながら手打ちで営業電話をかけていたのですが、CALLTREEを導入したことで、リストやコール履歴の管理、ワンクリックでの架電が可能になったことで、業務効率化を実現できました。パソコンに弱いスタッフでも無理なく使うことができ、スタッフの業務負担も軽減され、費用対効果は10倍になっています。”(匿名希望 不動産会社様)

CALLTREE(コールツリー)の詳細について

使いやすいシンプルなデザインで現場のことを考えて設計されたCALLTREEは、初めてCTIシステムを導入する方はもちろん、現在使っている既存のシステムに課題を感じている方にもおすすめです。

本記事では紹介しきれなかった便利な機能や、導入の流れについてなど詳細をご希望の方は、下記から資料ダウンロードをお願いします。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載