MOT/PBX(モットピービーエックス)の料金・評判について。PC、スマートフォンでも電話を

最終更新日 

最近はテレワークも一般化しており、自宅にいながらも企業と同じ業務が求められています。しかしスマートフォンしかなく、オフィスに出社したときと同じような対応ができないと困っている方も多いでしょう。

そこで導入したいのが「MOT/PBX」です。この記事ではMOT/PBXの特徴や導入するメリットを紹介します。

MOT/PBXの特徴・機能

固定電話いらず

1つ目の特徴が固定電話入らずです。

最近は固定電話を持たずスマートフォンのみという方もいるでしょう。MOT/PBXを導入すればそのスマートフォンを、内線化できるのです。またできるのはスマートフォンだけではなくパソコンも電話にできます。

顧客情報の自動化

2つ目の特徴が顧客情報の自動化です。

発着信があった後に情報を探すのは時間がかかるでしょう。MOT/PBXでは顧客の自動表示によって、顧客情報探しまでの時間を大幅に短縮します。

充実した機能

3つ目の特徴は充実した機能です。

電話機能だけではなく、チャット機能、複数人同時参加可能の音声会議もあります。これによりコミュニケーションが円滑に進み、情報共有もスムーズに行きます。

MOT/PBXのメリット

MOT/PBXの導入メリットは主に以下の2つです。

折り返し電話が不要になる
外出先でも対応可能

MOT/PBXはスマートフォンを内線化でき、外出先でも変わらず電話対応が可能です。

事務所に来た着信をスマホに内線として転送できるので、折り返し電話が不要になり外出先でも対応可能になります。コスト料金はかからないので、コスト面でも抑えることができます。

MOT/PBXの注意点

MOT/PBXはWindowsにしか対応しておらず、Macには使えないので注意が必要です。

MOT/PBXの価格・料金プラン

詳細はお問い合わせになります。メールにてお見積もりのお問い合わせができるので、導入前に問い合わせてみてください。

2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

MOT/PBXの導入事例・評判

iPhoneがビジネスフォン代わりになり、固定電話よりも手頃な値段で活用できるので導入しました。特に固定電話が不要になるというのがいちばんの魅力です。導入後は電話対応の数が激減して、本来の業務に集中できるようになりました。
フジイ印刷株式会社

価格と操作性が良く導入を決めました。導入後はどこにいても社内と変わらない電話対応ができ、お客様に迷惑をかけない、社員がいい働き方を実践できています。
株式会社WORK SMILE LABO

MOT/PBXと類似サービスとの比較

サービス月額特徴
ナイセンクラウド2,000円/5,000円/10,000円通話記録をウェブで見られる
MiiTel5,980円/1ID電話内容を分析
pikupon6,000円/1ID電話の会話をテキスト化

ナイセンクラウドはいちばん安いプランで月額2,000円から利用できます。通話記録をウェブで見られるので、対応できなかった電話、どの時間にどのくらいの電話が来ているのかなどを確認できます。

MiiTelは会話を可視化でき、お客様との会話の店舗があっているかなどを確認できるのが特徴です。可視化できることによって、課題がはっきりとわかるでしょう。

pikuponは電話の会話をテキスト化でき、わかりやすい記録ができるのが特徴です。

MOT/PBXでPC、スマートフォンでも電話を

MOT/PBXの特徴はPC、スマートフォンでも電話ができるのが特徴です。加えて電話対応の負担軽減、コスト削減なども期待できます。

PBXで迷っている方はMOT/PBXの導入を検討してみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載