どんな分析ができる?Social Insight(ソーシャルインサイト)の料金·評判·機能について

最終更新日 

インターネット上でマーケティングを展開している企業にとって、ソーシャルメディアの活用は不可欠です。ソーシャルメディアを効果的に活用するために、アクセスの流入状況やユーザーについて知るにはデータの解析が必要になりますが、ソーシャルメディアの解析ツールを導入してマーケティングに活用している企業も少なくありません。
数あるソーシャルメディア解析ツールの中から、条件にあったものを選ぶにはどんな点を考慮したら良いのでしょうか。ここでは、ソーシャルメディア解析ツールとして知られている、Social Insightについて、特徴や強み、料金プランなどについて細く説明します。

Social Insightとは

Social Insightとは、TwitterとFacebookの両方のソーシャルメディアについて解析できるツールです。
複数の機能を搭載し、アクティブユーザーの状況やファンの分析など、きめ細かな分析ができるようさまざまな機能を搭載しています。

国内ではNTTドコモやDeNA、楽天など多数の有名企業で導入されている実績があります。2,600万以上のソーシャルアカウントデータを蓄積しているので有名企業と比較して自社アカウントの成長具合を確かめることができます。

Social Insightの特徴·機能

Social Insightの特徴や機能についてご紹介します。
Social Insightの特徴や機能について知ることは、ほかのツールとの違いを把握したり条件に合うツールかどうかチェックすることで比較検討の参考になれば幸いです。

複数のソーシャルメディアサイトを分析

Social Insightでは以下のソーシャルメディアの分析·管理が可能です。

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • LINE
  • Pinterest
  • TikTok
  • mixi

メディアにアクセスしてくるユーザーについて、地域別·年齢別·性別などを把握して可視化します。アクセス状況が一目で把握できるだけでなく、ユーザーがどんなことに興味を持っているかなど、深読みすることも可能です。

よりユーザーについて知ることで、効果的なマーケティングを展開できます。

目的に合わせた解析を可能に

Social Insightは、ソーシャルメディアのアカウントユーザーの情報を、多角的に分析することができます。たとえばアクセスが一番多い時間帯を調べたいときは、アクセスが集中する時間を割り出してくれます。ライバル会社のソーシャルメディアの状況についても、国内ランクやファンの数など必要な条件を指定するだけで分析が可能です。分析したデータは、グラフ化することもできるため見やすさでも問題ありません。さらに、特定のキーワードから口コミで話題になっていることなども素早く割り出してくれます。

ソーシャルメディアへの投稿·管理が楽

所有するソーシャルメディアの管理を一本化するため、投稿から管理までがスムーズになります。
この機能は、複数のアカウントを管理しますので予約投稿やリプライの自動取得、コメントの返信までが素早く、ユーザーとのコミュニケーションを潤滑にします。

Social Insightの強み

Social Insightの強みといえば、複数のソーシャルメディアを一つのツールで解析できるという点です。Social Insightは、大手企業に導入実績があり、導入事例には誰でも聞いたことのあるような企業が名を連ねています。
大手企業は複数のソーシャルメディアを使いこなし、膨大な数のアクセスを分析する必要があります。さらに、多角的な分析も必要になりますので、そうした要望を叶えてくれる機能を搭載しているのがSocial Insightです。

Social Insightはこんな企業におすすめ

キーワードトレンドを常に知りたい企業

Social Insightはクチコミ分析機能が搭載されているので、気になるキーワードを含む口コミ情報を即座に取得して視覚化することができます。

キーワードの登場回数が急増している時は何が原因で話題になっているのかをアラートメールにて教えてくれる機能も搭載。炎上の気配を事前に察知することも可能です。

他社のSNSアカウントと比較したい企業

TwitterやFacebookなど主要なソーシャルメディアに対応し、多くのアカウントデータを蓄積しているSocial Insightなら競合他社との比較も実現できます。

業界のベンチマークとなっている企業と比較して、自社のファン層が似ているのか、エンゲージメント率はどう違うのかをグラフを用いて視覚的に把握することが可能になります。

SNS運用を効率化したい企業

Social Insightでは複数のSNSアカウントの予約投稿やコメントを一元管理することが可能になります。SNS管理において重要な二重チェックを強化するという意味で、上長の承認までをワークフロー運用に活かすことができるようになります。

複数担当者が1つの画面でTwitterやFacebook、Instagramなど種類の違うSNSを管理できるようになり、予約投稿によってSNS運用の手間を減らすことが可能になります。

自社アカウントの投稿に対してのリプライなどを自動で取得することでできるのでわざわざ手動で調べる手間もかかりません。投稿ごとにコメントをダウンロードして一元管理することができるので過去のコメントを参照したい際も安心です。

Social Insightの価格·料金プラン

Social Insightの料金プランは、「ビジネス版」と「エンタープライズ版」の2種類あります。
初期費用や月額費用などは公表しておらず、詳細な料金については資料請求または要問い合わせになります。

2020年7月現在/詳細は公式サイトを確認

Social Insightの注意点

Social Insightは、WeChatなど中国系のソーシャルメディアに対応していません。
ツールのデモンストレーションを積極的に行っているわけではなく、また料金はWeb上で明確にしていないためほかのツールと比較しにくいという点があります。検討する際の情報については、改善が期待されます。

サポート体制について

勉強会を実施

Social Insightでは導入企業が使いこなせるように活用方法やSNSマーケティングについての勉強会を開催しています。座学とグループワークで学習することができるので効果的に活用方法を学ぶことができます。

また、年に1回のペースで顧客向けカンファレンスを実施しているのでユーザー同士のナレッジ共有も可能です。

オンラインマニュアルを完備

Social Insightでは管理画面から操作方法や設定方法を学ぶことができるオンラインマニュアル、問い合わせ用のチャットボットを利用することができます。電話などでは返答まで時間かかってしまうことがありますがチャットボットであればすぐに返答がくるので不明点がある方でも安心です。

Social Insightの口コミ·利用企業からの評判

分析でTwitterのフォロワーが格段に増加

“Twitterからの流入数が頭打ちとなり、ニュースサイトの特長を活かして投稿本数を増やすか、それともほかの方法が無難かどうか決断する際にSocial Insightが大きく役立ちました。Twitterのアナリティクスもありますが、Social Insightのほうが圧倒的に操作しやすく、データの分析と振り返りが効率良くでき、しかもデータが理解しやすいというのが一番でした。Social Insightの分析結果を基に、投稿本数を増やすよりも投稿内容に重点を置くツイートという方針でTwitterを運営したところ、ツイートの流入数が増え、年間で9万人以上のフォロワー獲得を実現しました。”(株式会社産経デジタル様)

類似サービスとの比較

Social Insightとの類似サービスには、「ソーシャルモニタリングサービス」と「comnico Marketing Suite(コムニコ·マーケティング·スイート)」があります。
ソーシャルモニタリングサービスは、FacebookとTwitterだけでなく、2チャンネルやNaverの分析も可能です。
comnico Marketing Suiteは、Facebookの分析に集中し、有人監視サービスも展開しています。
3サイトとも公式サイトに料金の記載はありませんので問い合わせをしてみましょう。

Social Insightでソーシャルメディアの分析向上を

複数のソーシャルメディアを効率良く分析できるSocial Insightは、ソーシャルメディアを活用したネットマーケティングの分析には欠かせない存在です。
膨大なデータの分析·管理を効率良く行うなら、Social Insightはおすすめのツールといえるでしょう。

画像·データ出典:Social Insight公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部