GA連携するだけで勝手に分析してくれる?AIアナリストの料金・評判・機能について

最終更新日 

インターネットが普及した現在、Webサイトはその企業の顔として非常に重要な意味を持っています。
サイトへどれほどアクセスされるかが事業の明暗を分けると言っても過言ではなく、少しでもアクセス数を増やそうと日々数え切れない方が奮闘しているのです。
そういった方々をサポートするためのツールが数多くリリースされる中、特に注目を集めているAIアナリストについてその強みや価格の点から分析していきます。

AIアナリストとは

アナリストとは市場分析者のことですが、「AIアナリスト」はWebサイトの分析ツールです。
その名の通り、AIアナリストはAIの能力を活用しつつ対象サイトのPV数やクリック数を計測し、それを基にしつつサイトの改善方針を提案します。
Webサイトの仕組みは非常に複雑であり、専門知識を有していたとしても完全な把握は困難であるため、このようなツールを用いることが非常に重要です。

利用者数は社員数10人規模の小企業から有名な大企業まで様々で、毎月600サイトずつ登録が増えているという実績があります。

AIアナリストの特徴・機能

ここからはAIアナリストの特徴や機能を紹介していきます。

わかりやすく提案してくれる

どのように変えていけばサイトがより成長していくか、その伸びしろをAIアナリストは提案してくれます。
提案は図を用いて行われるため非常にわかりやすく、その通りに実装したらコンバージョンがどのように増えていくかの予測値も提示してくれるので、サイト解析に詳しくない方でも安心して使用できるでしょう。

レポートを自動で作成

「新規/リピーター」「年齢・性別」など、あらかじめ登録しておいた分析対象に則って自動でレポートを作成してくれるのもAIアナリストのメリットです。
データの集積は非常に手間がかかる作業ですが、この機能を活用すれば自ら集める必要がなくなります。

施策管理も可能

どのようにサイトを変えていくか、その施策もわかりやすく管理できます。
現在実行中の施策はその進歩状況が、過去に行った施策はその経緯や内容が一元的に管理されるので、複数人でマーケティングをしていく際にも便利です。

ワンクリックで効果検証が可能

サイトの改善施策を実行したらどうなるか、その効果検証もワンクリックで行えます。
改善前と後、そして前年と比較できるので、成果を視覚的に確認することが可能です。

AIアナリストの強み

AIアナリストの強みはやはりGoogleアナリティクスとの連携でしょう。
GoogleアナリティクスとはGoogle社が提供しているアクセス解析ツールであり、Googleアカウントさえ取得していれば無料で使用できるため、世界でのシェア率はナンバーワンです。
もしすでにGoogleアナリティクスを使用している場合、それと連携するだけでAIアナリストを使用できます。
AIアナリストを使うためにタグを新たに埋め込む必要がなく、またGoogleアナリティクスが基盤としてあるため使用感も変化しません。

AIアナリストの価格・料金プラン

AIアナリストには無料プランと有料プランがあります。
無料プランでは「AIによる提案一覧」と「レポート画面」の2つは確認できますが、たとえばなぜその提案になったかの根拠データは確認できません。まずは無料プランを試し、どのようなサービスなのかを把握してから有料プランを申し込むと良いでしょう。
なお、サイトの規模に応じて変化するため、有料プランには定価がありません。
導入を検討している方はまず窓口で問い合わせましょう。

2020年6月現在/詳細は公式サイトを確認

AIアナリストの注意点

もしAIアナリストを退会したくなったとしても、画面上から簡単に行えます。
しかし退会するとこれまでのデータが削除されてしまうので気を付けましょう。

AIアナリストSEO

AIアナリストを運営している株式会社WACULでは、AIアナリストの分析機能を活かした様々なサービスを提供しています。その1つがAIアナリストSEOです。

AIアナリストSEOは30,000サイト以上の分析から培ったノウハウを元に、CV率が上昇するような高品質な記事を低コストにて提供するサービスです。実際に自社メディアでは高いCV獲得数と効果の高いCPAを達成しています。

AIアナリストAD

30,000サイト以上の分析から得られたノウハウを元に広告運用のサポートを行うのがAIアナリストADです。1日数十回単位で運用調整を自動で行ってくれるので常に最適化された広告配信が可能になります。集客だけでなくCVR改善までをサポートしてくれるので確かな成果を期待することができます。手数料は見積もりが必要ですが15%からとなっています。

AIアナリストブログ

AIアナリストにはオウンドメディアも展開しています。WEBマーケティングに役立つ情報がわかりやすく多数掲載されているのでAIアナリストの効果的な使用方法はもちろん、WEBマーケティングにおいて役立つサービスの紹介などがされているのでWEBマーケティング担当者にとっては非常に有効なブログと言えます。

AIアナリストを効果的に使うために必須と考えられるGoogleアナリティクスの設定方法もこちらで確認することができます。

AIアナリストの口コミ・利用企業からの評判

サイト分析が的確に行われて助かっています

“以前は運営している道場紹介サイトの改善に時間がかかりすぎており、また専門知識を有していなかったため暗中模索な状態でした。AIが改善案を提案してくれるため分析の手間が省け、それに則って行動してみたところコンバージョン数が1.2倍に増えました。AIアナリストはどのようにコンバージョン数を増やしていくかの導線をわかりやすく出してくれるので、今では重宝しています。”(トイカツ合同会社様)

SNSでの口コミ・評判

よくある質問

Q.AIアナリストは具体的にどのような分析をするの?

アクセス解析データを隅々までチェックすることで、サイトの目標数値(CV)に影響を与えている要素が何かを発見します。

そのサイトにおける流入元・入口ページ・経由ページなど全てチェックし、どのような条件下でCVが高くなるのか低くなるのかを明らかにします。

Q.AIアナリストを使えないサイトは?

Googleアナリティクスを未導入のサイトでは利用できません。逆にGoogleアナリティクスを導入していればどんなサイトでも利用することが可能です。

Q.登録から導入までのステップは?

Googleアナリティクス連携を行ったあとに目標設定を行えば分析可能です。タグの設置やシステム開発の必要はありません。Googleアナリティクスとの連携は登録手続きの案内に従えば簡単に完了します。サイトの目標がわからなくてもサポートに確認してもらうことができるので安心ですが、どうしてもわからないという場合はスキップすることも可能です。

Q.もし退会したくなった場合どうすればよいの?

退会はAIアナリストの画面上から行え、退会処理後はAIアナリストのプライバシーポリシーに基づき登録データが削除されます。

Q.無料プランは全機能が使えるの?

無料プランでは「人工知能の提案一覧」と「レポート画面」の確認ができます。AIによる提案方針とサイトの分析レポートが可能ということになります。

参考:AIアナリスト公式HP

AIアナリストはこんな企業におすすめ

自社にアナリストが不足している企業

AIアナリストは設定さえすればAIが自動でサイト分析を行ってくれます。ですので最小限の人数でサイト分析を行い、改善策を立案できる環境が整います。オウンドメディアを運用はしているがなかなかCVに繋がらないという企業にもこのサイト分析のノウハウを活かしたAIアナリストSEOを使うことで高いCV率を期待することができます。

サイト改善が伸び悩んでいる企業

自社でCV獲得のプランを計画し、施策を行ってはきたがサイト分析が効果的にできず、うまく改善できていないという企業にAIアナリストはおすすめです。30,000以上のサイトを分析してきたAIアナリストであれば効果的な改善施策を提案し続けることで高速でPDCAを回すことが可能になります。提案もわかりやすい説明と図によって提案されるので安心です。

AIアナリスト類似サービスとの比較

AIアナリストと似たサービスとしてよく比較されるのがHubSpotです。
AIアナリストのようにGoogleアナリティクスと連携するのではなく、HubSpotは独自のシステムによってデータを分析していきます。そのため週歴レポート機能という、Googleアナリティクスには存在しない機能も使用可能です。
なお、サイト規模によって価格が変わるAIアナリストと異なり、HubSpotは月額制で提供されています。一番安いプランだと月額4,800円です。HubSpotのプランは4段階に分かれているため、導入する際は必要な機能を吟味したうえで選びましょう。

AIアナリストでサイト解析の品質向上を

美しい店構えかどうかが店舗の売上に直結してくるよう、Webページもそれが最適化されているかどうかが事業の成功を大きく左右させます。
設けているサイトをしっかり機能させるための手段としてAIアナリストの活用は非常に効果的ですので、今回の記事を参考にしつつぜひ導入を検討してください。

画像・データ出典:AIアナリスト公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部