• MOVEACCESS(ムーブアクセス)の料金·評判·機能について。178,200円で導入できる?

    最終更新日 

    企業にとって自社の更なる発展のため、広告を利用したりサイト訪問者の分析を行うことは必要不可欠です。ですがただ広告をだすだけでは意味はなく、しっかりと効果測定をしなければその効果を高めることはできないでしょう。そういった背景もあり、広告の効果測定やアクセス解析を行ってくれるシステムが近年注目されています。

    今回はそんなサイト管理を一元化できるシステムのムーブアクセスについてご紹介させていただきます。

    ムーブアクセスとは

    Move Access(ムーブアクセス)とは株式会社リーフワークスが提供しているサイト管理を一元化できるシステムです。

    アクセス解析機能と広告効果測定機能の2つの特徴を有していて費用対効果、広告の最適化を目指す企業から人気のサービスです。アクセス解析と広告の効果測定それぞれで別のシステムを導入する必要がなく、ムーブアクセス一つで分析ができるので費用対効果にも優れています。

    解析したデータは全てリアルタイムで集計され表示することができるのでWebサイトの最新状況を知ることができます。複数のWebサイトを運営している場合も1つの管理画面で一元管理することが可能です。

    ムーブアクセスの機能・特徴

    アクセス解析機能

    ムーブアクセスの特徴として、豊富なアクセス解析機能があげられます。

    今までのアクセス解析ではわからなかったユニークユーザーの把握が可能になりランディングページと離脱ページの識別・集計も可能になります。

    これにより実際のユーザー数の把握、各ページの導線改善も見込めます。解析もタグを解析したいページに貼っておくだけなので非常に簡単です。

    どのブラウザからアクセスされているか、ムーブアクセスはどのサイトからアクセスされているか、内部ではどのページからの遷移が多いかなど詳細に解析することができるのでサイト改善に大きく貢献してくれるのです。

    どんな検索ワードから自社サイトへの訪問がされているかも解析することができるのでリスティング広告などに活かすことが可能です。

    広告効果測定

    ムーブアクセスの代表的な機能である広告効果測定機能。リスティング広告などを展開する際に、広告データを事前に入力することで測定用URLを作成することができるので、URLを経由してアクセスがあったものを効果測定することが可能です。

    各広告のクリック数、ユニークユーザー数の集計も可能なので、同一ユーザーによる無駄な広告クリックが行われていないかを確認することが可能になります。

    また、広告において重要な費用対効果の測定ももちろん可能で、広告費用、売り上げ金額を設定することでCPA(1件の成果獲得にかかる費用)やROAS(広告費用に対する回収率)を計算することが可能となります。

    専用のトラッキングタグを設置することで何を経由して成約したのかを分析することも可能です。

    豊富なサイト管理機能

    複数のWebサイトを運営している場合でもムーブアクセスなら1つの画面で一元管理することが可能です。

    解析データを月間ベースで管理しているので月ごとに比較することが可能でこれによってしっかりと効果を検証することができます。

    管理画面ではデータにリンクしたグラフが表示されるので直感的にサイトの状況を把握することが可能となります。あらかじめ設定したIP以外のログインを制限できる機能も搭載されているのでセキュリティ面も安心です。

    ムーブアクセスの価格・料金プラン

    ムーブアクセスはダウンロード版178,200円で導入が可能です。オプションとして設置代行を頼む場合は16,500円が発生するので注意が必要です。ダウンロード時にのみ料金が発生するので月額費用はかかりません。

    ※2020年5月現在/詳細は要問い合わせ

    活用事例

    サイトのアクセス状況の把握

    ムーブアクセスを導入すればすぐにサイトのアクセス解析が開始されます。リアルタイムの状況を把握することができるので広告展開直後の状況が把握可能になります。アクセス解析は月単位・日別・ページ単位など基本的な部分はもちろんランディングや離脱地点などの集計も可能なのでより正確なデータを把握することができます。

    広告の費用対効果を測定

    アクセス解析で得たデータを広告の改善に活かすことができます。サイトにアクセスしたユーザーがどんな検索ワードでアクセスしてきたのかを解析することが可能なので、より効果的なキーワードで広告を展開することが可能になります。CPAやROASのような広告効果指標も計算できるのでしっかりと広告の費用対効果を把握することが可能となります。

    類似サービスとの比較

    ムーブアクセスの類似サービスとしてあげられるのはWebAntennaやアドエビスなどです。これらのサービスを料金面や機能面で比較すると下記のようになります。

    サービス名料金(月額)初期費用特徴

    ムーブアクセス

    0円178,200円・アクセス解析と広告の効果測定が1つのソフトで可能
    WebAntenna20,000円〜

    0円

    ・全ての広告効果をまとめて見ることが可能

    ・間接効果も把握できる

    アドエビス要問い合わせ要問い合わせ・プライバシー強化に強み

    ・わかりやすいレポート作成機能

    料金面ではアドエビスは詳細を問い合わせる必要がありますがWebAntennaが安価で利用することが可能です。機能面ではアクセス解析も兼ねている部分はムーブアクセスが優れていますが複数の担当者で運用する場合、わかりやすいレポート作成が可能なアドエビスもおすすめと言えます。

    ムーブアクセスで自社の課題を明確に

    今回はアクセス解析、広告効果測定ソフトのムーブアクセスについてご紹介させていただきました。広告効果の分析はPDCAを回す上では常に行っていかなければいけませんし、サイトアクセスの分析もコンバージョン率向上にはかかせません。

    しかし効果測定のツールを導入したからといって必ず改善されるというわけではなく、導入にあたっては自社が把握したいと思っている効果を測定できるツールなのか、どういった効果測定を実施する必要があるのか、複数担当者で運用している場合はメンバー全員が扱うことができるツールかどうか、予算は明確になっているかなどを明らかにしておく必要があります。

    画像・データ出典:ムーブアクセス公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部