V-CUBEセミナーの料金·評判·機能・導入事例について

更新日:
月額費用
要お問合せ
初期費用
要お問合せ
無料お試し
デモあり
導入社数
非公開
これはWeb会議の製品です。
Web会議の製品をまとめて資料請求

遠隔の方にも現地と同じ情報をリアルタイムで伝えられる利便性が知られ、近年はWebセミナーが行われることが多くなりました。
それを受け、Webセミナーをサポートするツールが各社から数多く発表されているのです。
今回はその中でもV-CUBEセミナーに注目し、その特徴や価格などを紹介いたします。
Webセミナーを始めたい、またはセミナーではないがWeb会議や商談などで使えるツールを探しているという方はぜひ参考にしてください。

V-CUBEセミナーとは

V-CUBEセミナーとは株式会社ブイキューブが提供しているクラウド型配信サービスです。
株式会社ブイキューブではV-CUBEミーティングやV-CUBEプレゼンターなどさまざまなサービスを展開しており、それらで得た信頼と実績もあるためV-CUBEセミナーは現在5,000社以上の企業に導入されています。

おすすめの類似Web会議システム

時間や場所を選ばずに高品質なWeb会議を: RemoteMeeting

(4.5)

定額制月額費用990円~従量制費用29円/分
初期費用0円〜無料お試し要お問合せ

プログラムをインストールすることなく、Webブラウザ環境だけで動作するWebRTCの技術をベースにした高品質なクラウド型Web会議サービス。インストール不要で、使い易い機能配置のため誰でも簡単に利用できます。

使いやすいインターフェースを採用

RemoteMeetingは、1つの画面でメンバーの招待や画面共有などの機能が選択できる使いやすいインターフェースで設計されています。 そのため、PC操作が苦手、初めてWeb会議システムを使うという方でも直感的に操作方法を理解することができるというメリットがあります。 Web会議への招待は、接続コードを発行して案内するか、招待メールを送るだけのため、ホストになる方でも操作方法に迷うことなく会議を始めることが可能です。

安定した会議を実現

RemoteMeetingには、Hybrid MCU AMS(Advanced Media Server)が搭載されており、効率的な映像音声処理が可能です。 メイン画面とサブ画面が2つの方式で処理されており、ネットワーク帯域を感知して最適な画質に自動で調整してくれるだけでなく、ネット環境が悪くなってもクリアな音声で会議を続けることができます。 画面共有やファイル共有、議事録作成機能が搭載されているため、会議をしながらの情報共有やプレゼンテーションが簡単に実現でき、画面録画機能でフィードバックを行うことも可能です。

利用しやすい料金体系

RemoteMeetingは、2つの料金プランを提供しており、導入企業の運用スタイルに合わせて選ぶことが可能です。 Web会議サービスの多くは、月額固定制の料金プランを採用しているものが多く、会議が少ない月でもコストが発生してしまうことがネックになってしまいます。 RemoteMeetingには、従量制プランがあるため、Web会議の利用が少ない場合でも、発生する費用は使用した時間分だけのため、予算を圧迫することなく導入企業にあった運用が実現できます。

高品質なテレビ会議を実現: LoopGate

(4.5)

月額費用要問い合わせ無料お試しトライアル環境あり
初期費用要問い合わせ導入社数2,500社以上

日本で開発されたWeb会議・テレビ会議システム。パソコンやタブレットだけでなく、据え置きの専用機もあり、それらを組み合わせて接続できる利用シーンの豊富さと安定した接続性に優れたオンラインコミュニケーションツールです。

接続や操作が簡単

LoopGateの特徴は、操作性が良いことです。 ボタンを押すだけで、簡単に接続できるため、機械が苦手な方でも問題なく扱うことができます。

きれいな画質

画質がきれいなことも、LoopGateの特徴です。 最大で1920×1080ピクセルのフルHDに対応しています。 細部まで鮮明な画質となっており、相手の表情、資料などを確認しながら、テレビ会議が行えます。

カスタマイズができる

人感センサーと組み合わせた無人対応窓口の設置など、自社の用途に合わせてカスタマイズも可能です。

この製品はWeb会議の製品です。

\30秒でダウンロード可能/

Web会議の製品をまとめて資料請求

V-CUBEセミナーの特徴·機能

ここからはV-CUBEセミナーの特徴や機能について説明いたします。

最大で一万台のパソコンに配信できる

Webセミナーでの使用を想定していることもあり、V-CUBEセミナーは同時に多くのパソコンに配信できるように作られています。
その数は最大で1万、もちろんこれは配信するパソコンの台数なので、理論的にはそれよりも多くの方々にセミナーを届けることが可能です。
またインターネット環境さえあれば国も問わず、言語も日本語のほかに英語·中国語·タイ語·インドネシア語に対応しています。

常に最新の状態で使えるクラウド型

V-CUBEセミナーはクラウド型なので個別のパソコンへのインストールは不要で、またメンテナンスやアップデートを自分で行う必要もありません。
サービスにログインすれば常に最新のバージョンでV-CUBEセミナーを使用できます。

手厚いサポート体制

V-CUBEセミナーは24時間365日体制でサポートを行っているため、突発的なトラブルが発生した際も迅速に対応してくれます。
また配信のプロが在籍しているので、配信に関するサポートを受けることも可能です。
加えて、セミナー用に設けられた専門スタジオを使用することもできます。

V-CUBEセミナー導入のメリット

V-CUBEセミナーの強みとして真っ先に挙げられるのが同時接続台数です。
国内外問わず最大1万拠点に配信できるので、大人数を相手にしたセミナーを催される方も問題なく利用できるでしょう。
またエンコーダーも高性能なため画質が良く、さらにアンケートや質問機能も搭載していることもメリットとして挙げられます。
そのような強みが数多くあるため、V-CUBEセミナーはWeb会議のクラウド市場にて10年以上もの間シェア率ナンバーワンを維持しているのです。

V-CUBEセミナーの価格·料金プラン

大規模なセミナーを開催する場合、V-CUBEセミナーを使えばほかのサービスよりコストを抑えられる可能性が高いです。
配信の条件や使用環境によって変わるので、詳細な料金については問い合わせが必要となります。
2021年2月現在/詳細は公式サイトを確認

V-CUBEセミナーの注意点

株式会社ブイキューブのスタジオは東京都の恵比寿にあります。
現在はその恵比寿にしかスタジオがなく、関西方面の方ですと気軽には使いにくいでしょう。
しかしそれ以外で注意すべき点は特別なく、多くの方々にV-CUBEセミナーはおすすめできます。

V-CUBEセミナーの導入事例·評判

操作が簡単なのが決め手でした

“オンラインスクール用にV-CUBEセミナーを導入しました。導入するサービスを選ぶ際に気を付けていたのは、受講生にストレスを感じさせないかどうかです。受講生の中にはIT初心者も多く、また使用しているOSやブラウザも多種多様なため、誰にとっても使いやすいことが求められました。
V-CUBEセミナーはその点操作が非常にわかりやすく、受講生たちからの評判も良いです。もちろん、クリエイター志望者が多く使っているMacでも問題なく視聴できています。スクールを受講するための障壁が取り払われたことにより、結果として受講生数は1.5倍にまで増えました。”(デジタルハリウッド株式会社様)

類似サービスとの比較

V-CUBEセミナーと似た機能を持つサービスとしてはZoom Webinarが挙げられます。
名称からもわかる通り、Zoom Webinarはコロナ禍にて知名度が上がった「Zoom」が提供するサービスの一つです。
Zoom Webinarでは1万人に対してセミナーを配信できるほか、双方向で会話しあうインタラクティブな通話も行えます。
また各種SNSとも連動しており、FacebookやYouTubeなどでストリーミングを実施することも可能です。
なお、Zoom Webinarでもバーチャル背景を使用できます。

V-CUBEセミナーを含むおすすめのweb会議ツール比較

web会議ツールについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

V-CUBEセミナーでWebセミナーの成功を

V-CUBEセミナーは大人数を相手にした配信に向いており、またそれを成立させるための機能やサポートも充実しています。
配信映像の画質が良く、さらに都内のスタジオを使用することもできるので、Webセミナーを成功させたい方にはおすすめです。

画像·データ出典:V-CUBEセミナー公式サイト

これはWeb会議の製品です。
Web会議の製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【WEB会議】

      時間や場所を選ばずに高品質なWeb会議を: RemoteMeeting

      (4.5)

      定額制月額費用990円~従量制費用29円/分
      初期費用0円〜無料お試し要お問合せ

      プログラムをインストールすることなく、Webブラウザ環境だけで動作するWebRTCの技術をベースにした高品質なクラウド型Web会議サービス。インストール不要で、使い易い機能配置のため誰でも簡単に利用できます。

      使いやすいインターフェースを採用

      RemoteMeetingは、1つの画面でメンバーの招待や画面共有などの機能が選択できる使いやすいインターフェースで設計されています。 そのため、PC操作が苦手、初めてWeb会議システムを使うという方でも直感的に操作方法を理解することができるというメリットがあります。 Web会議への招待は、接続コードを発行して案内するか、招待メールを送るだけのため、ホストになる方でも操作方法に迷うことなく会議を始めることが可能です。

      安定した会議を実現

      RemoteMeetingには、Hybrid MCU AMS(Advanced Media Server)が搭載されており、効率的な映像音声処理が可能です。 メイン画面とサブ画面が2つの方式で処理されており、ネットワーク帯域を感知して最適な画質に自動で調整してくれるだけでなく、ネット環境が悪くなってもクリアな音声で会議を続けることができます。 画面共有やファイル共有、議事録作成機能が搭載されているため、会議をしながらの情報共有やプレゼンテーションが簡単に実現でき、画面録画機能でフィードバックを行うことも可能です。

      利用しやすい料金体系

      RemoteMeetingは、2つの料金プランを提供しており、導入企業の運用スタイルに合わせて選ぶことが可能です。 Web会議サービスの多くは、月額固定制の料金プランを採用しているものが多く、会議が少ない月でもコストが発生してしまうことがネックになってしまいます。 RemoteMeetingには、従量制プランがあるため、Web会議の利用が少ない場合でも、発生する費用は使用した時間分だけのため、予算を圧迫することなく導入企業にあった運用が実現できます。

      高品質なテレビ会議を実現: LoopGate

      (4.5)

      月額費用要問い合わせ無料お試しトライアル環境あり
      初期費用要問い合わせ導入社数2,500社以上

      日本で開発されたWeb会議・テレビ会議システム。パソコンやタブレットだけでなく、据え置きの専用機もあり、それらを組み合わせて接続できる利用シーンの豊富さと安定した接続性に優れたオンラインコミュニケーションツールです。

      接続や操作が簡単

      LoopGateの特徴は、操作性が良いことです。 ボタンを押すだけで、簡単に接続できるため、機械が苦手な方でも問題なく扱うことができます。

      きれいな画質

      画質がきれいなことも、LoopGateの特徴です。 最大で1920×1080ピクセルのフルHDに対応しています。 細部まで鮮明な画質となっており、相手の表情、資料などを確認しながら、テレビ会議が行えます。

      カスタマイズができる

      人感センサーと組み合わせた無人対応窓口の設置など、自社の用途に合わせてカスタマイズも可能です。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載