勤次郎Enterprise ヘルス×ライフの料金・評判について

更新日:

    仕事をする上で欠かせないのが健康管理です。健康管理がしっかりとしていなければ従業員のモチベーションが低かったり、欠席・遅刻者が多くなったり、離職者が多いなどの支障が出て業務がスムーズに行かないということも出てきます。そこで導入したいのが健康管理システムです。健康管理システムを導入すれば社員の健康をいち早く察知できます。この記事では勤次郎Enterpraise ヘルス×ライフの特徴やメリットなどをご紹介したいと思います。勤次郎Enterpraise ヘルス×ライフは勤次郎株式会社が提供しています。

    勤次郎Enterprise ヘルス×ライフの特徴・機能

    健康ポイントが貯まる

    勤次郎Enterpraise ヘルス×ライフはゲーム感覚のように健康ポイントが貯まっていきます。ポイント還元による褒賞等が設定でき、目にわかるポイントの貯まりでモチベーションを高く保てます。自分に合った目標を立てられるので、それに向けて頑張ることができるのが多くの特徴です。健康ポイント運用アドバイスもあるので、予算にお悩みの場合でもアドバイスを受ければ解消されます。

    健康状態の見える化

    社員の健康状態を把握できたものの、それを集計し一目でわかるようにするには時間がかかります。しかし勤次郎Enterpraise ヘルス×ライフならば総合データを分析してストレスチェック、生活習慣状況、人事・勤務情報などから分析して、レポートを受け取れます。一目で健康状態がわかるのでたくさんの社員を抱えていても、社員の健康状態把握に時間がかかることはありません。

    遠隔面談ができる

    実際にストレスを抱えていると分かっていても、それに対する対処法がわからなければ意味がありません。勤次郎Enterpraise ヘルス×ライフでは専門スタッフとの面談が受けられます。より的確なアドバイスが受けられ、オンラインで受けられるのでわざわざ足を運ぶ必要もないのです。

    おすすめの類似健康管理システム

    クラウドで健康行動を支援: FiNC for BUSINESS

    (4.5)

    月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
    初期費用要問い合わせ最短導入期間1ヶ月〜

    産業保健領域の業務効率化と、従業員の健康行動を支援することが可能で、クラウド型のサービスであるため、テレワークなどの在宅ワーク環境でも利用することができます。

    バラバラなデータを一元管理し、産業保健領域の業務を効率化

    FiNC for BUSINESSは、1つのツールで健康診断に関する状況やストレスチェック、過重労働状況などのデータを一元管理することが可能です。 従業員の健康状態をいつでも適切に把握でき、健康診断結果が基準値を下回る社員に対しては、オンライン上から受診を勧奨するといったアクションをとることもできるようになります。 また、ツール上で社員の健康状態を管理できるため、ペーパーレス化にもつながります。

    アプリで健康増進、無関心層にもアプローチするプログラム

    健康経営を実現するためには、普段から健康に対する意識が低い無関心層へのアプローチが欠かせません。 FiNC for BUSINESSは、クラウドで利用できるサービスのため、テレワーク・在宅ワーク環境でも、従業員一人ひとりに働きかけ健康維持を支援することができます。 健康課題や趣味嗜好にマッチしたオリジナルの健康プログラムの配信が可能なため、飽きがなく効果的に健康維持を促進することが可能です。またプログラムの中のミッションを実施することで獲得できるポイントをインセンティブとして付与するなど、「何をしたらよいかわからない」を解消して、積極的な健康課題への取り組みを支援します。 また、FiNCのオリジナル体組成計やウェアラブルデバイスとも連携でき、より効率的に健康管理が実現できます。

    大企業のDXを促進

    FiNC for BUSINESSでは、社員数や部署数が多い大企業特有の状況に応じたシステムの企画、開発を提案しています。 1,000万ダウンロードを突破したヘルスケアアプリのノウハウを提供、ポイント交換が可能な独自サイトや既存システムとの連携など、柔軟なカスタマイズにも対応しているため、導入企業にあった運用を実現します。 また、セキュリティに関しては、Pマーク(プライバシーマーク)の取得、ISMS認証を取得しているため、安心して運用することが可能です。

    勤次郎Enterprise ヘルス×ライフのメリット

    勤次郎Enterpraise ヘルス×ライフのメリットは主に以下の2つです。

    大幅な環境改善
    社員の健康状態を把握

    ストレスチェックや健康状態を把握して、そこから働き方データと統合して分析すれば労働環境改善へとつながります。またスマートフォンを把握すれば生活環境の改善も期待でき、「いつでもどこでも確認ができます。勤次郎Enterpraise ヘルス×ライフは社員の健康を把握するために作られたものです。そのため導入すれば社員の健康をいち早く把握できるでしょう。

    勤次郎Enterprise ヘルス×ライフの価格・料金プラン

    お問い合わせ

    2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    勤次郎Enterprise ヘルス×ライフの注意点

    予算がお問い合わせになるため予想がしにくく、導入しづらいです。

    勤次郎Enterprise ヘルス×ライフの導入事例・評判

    現在調査中です。

    類似サービスとの比較

    サービス月額特徴
    H.S.S.問い合わせ直感的に操作ができるのが特徴
    HealthCare iris問い合わせデータを可視化できる
    コンレポ問い合わせブラウザ上で簡単に使える

    H.S.S.は直感的に操作できるので、難しい操作は嫌だという企業におすすめです。HealthCare irisはデータを可視化できるので、さまざまなデータ分析に役立つでしょう。コンレポはブラウザ上で簡単に使えるので、パソコンの容量を取りません。

    勤次郎Enterprise ヘルス×ライフで社員の健康管理を容易に

    健康管理システムはいくつもありますが、勤次郎Enterpraise はポイントを貯められるのが大きな特徴です。モチベーション維持につながり、社員の健康状態の向上も把握できますので是非導入を検討してみてくださいね。

      • qeee枠【健康管理】

        クラウドで健康行動を支援: FiNC for BUSINESS

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間1ヶ月〜

        産業保健領域の業務効率化と、従業員の健康行動を支援することが可能で、クラウド型のサービスであるため、テレワークなどの在宅ワーク環境でも利用することができます。

        バラバラなデータを一元管理し、産業保健領域の業務を効率化

        FiNC for BUSINESSは、1つのツールで健康診断に関する状況やストレスチェック、過重労働状況などのデータを一元管理することが可能です。 従業員の健康状態をいつでも適切に把握でき、健康診断結果が基準値を下回る社員に対しては、オンライン上から受診を勧奨するといったアクションをとることもできるようになります。 また、ツール上で社員の健康状態を管理できるため、ペーパーレス化にもつながります。

        アプリで健康増進、無関心層にもアプローチするプログラム

        健康経営を実現するためには、普段から健康に対する意識が低い無関心層へのアプローチが欠かせません。 FiNC for BUSINESSは、クラウドで利用できるサービスのため、テレワーク・在宅ワーク環境でも、従業員一人ひとりに働きかけ健康維持を支援することができます。 健康課題や趣味嗜好にマッチしたオリジナルの健康プログラムの配信が可能なため、飽きがなく効果的に健康維持を促進することが可能です。またプログラムの中のミッションを実施することで獲得できるポイントをインセンティブとして付与するなど、「何をしたらよいかわからない」を解消して、積極的な健康課題への取り組みを支援します。 また、FiNCのオリジナル体組成計やウェアラブルデバイスとも連携でき、より効率的に健康管理が実現できます。

        大企業のDXを促進

        FiNC for BUSINESSでは、社員数や部署数が多い大企業特有の状況に応じたシステムの企画、開発を提案しています。 1,000万ダウンロードを突破したヘルスケアアプリのノウハウを提供、ポイント交換が可能な独自サイトや既存システムとの連携など、柔軟なカスタマイズにも対応しているため、導入企業にあった運用を実現します。 また、セキュリティに関しては、Pマーク(プライバシーマーク)の取得、ISMS認証を取得しているため、安心して運用することが可能です。

      執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載