企業における健康管理とは?おすすめ健康管理システムや導入のメリット、注意点を解説

最終更新日 

従業員が生産性を上げて働けるように業務効率化システムを導入する企業が増えていますが、そもそも従業員自身が活発的に働くことができるように健康管理を行うことが企業として当然求められます。

人事担当者、労務担当者がより効率的に健康管理を行えるように、企業として健康管理システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

本記事では企業としての健康管理の意味や、おすすめの健康管理システム、健康管理システムの導入メリットなどを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

健康管理とは

企業における健康管理とは、法律によって規定されており、労働契約法第5条で自社が雇用する従業員に対して生命や身体等を危険から保護する環境を整備することが義務付けられています。

いわゆる安全配慮義務というもので、さらに安全衛生法では積極的に健康に配慮した職場環境を形成するように積極的に働きかけることが求められています。

そのほかにもストレスチェックや年次有給休暇なども健康管理に含まれ、違反した場合は罰則となる事項もあります。

実際に安全配慮義務を怠ったことによる罰則として、雇用側の企業に損害賠償命令が下された判例も存在するため、決して疎かにすることはできません。

健康管理を怠ることで労災として認定されたり裁判にまで発展してしまったというケースもありますので、日常的に従業員の健康に気遣い、働きやすい環境の改善を行う必要があります。

健康管理システムとは

健康管理が注目されるようになっただけでなく少子高齢化による人材不足や、テレワークなどの働き方の多様化に伴い「健康経営」に取り組む企業が増えました。

健康経営とは、従業員の健康管理を経営的な思考から考え戦略的に実施する経営手法のことを指します。

健康経営に取り組むことによって、従業員の生産性向上や医療費削減などが期待でき、従業員も活力溢れた仕事ができるようになるため、健康経営に取り組むことは企業と従業員相互にメリットがあります。

健康管理システムは、健康診断関連の情報管理やストレスチェック機能、健康状態の管理機能などが搭載されているため、効率的に健康経営に取り組めるとして昨今注目されています。

健康管理システムでできること

多くの健康管理システムでは以下のことを実現することができます。

  • 従業員の健康データの一元管理
  • ストレスチェック機能
  • 健康診断の予約や受診状況などのデータ管理
  • 各役所に提出する書類の自動作成
  • 健康状態の分析機能
  • スマホで健康状態の申告
  • アラート機能
  • メール配信機能

導入する健康管理システムによって機能に違いはありますが、大別すると健康情報の管理を主とする健康管理システムと日常の健康状態の管理を目的とする健康管理システムに分けられるでしょう。

おすすめの健康管理システム3選

lafool survey(ラフールサーベイ)

特徴

ラフールサーベイは株式会社ラフールが運営する健康管理システムです。

サービスローンチからわずか1年で導入企業数550社を突破という実績があります。

従業員の健康状態の把握が効率的にでき、従業員の心理的安全性とエンゲージメントの可視化を実現します。

質問項目数141という実に多角的な意識調査が可能なため、従来では把握することができなかった従業員が抱えるストレスに早い段階から気づくことが可能です。

料金

  • 初期費用:100,000円
  • 月額料金:400円/ユーザー

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像·データ出典:ラフールサーベイ公式サイト

HM-neo

特徴

HM-neoは、NTTテクノクロス株式会社が提供している総合健康管理システムで、従業員の健康診断計画から結果管理までを一元管理することができます。

ExcelやPDFで保存していたデータをシステム上で一元管理することができ、産業医意見書、面談記録票、健診結果票、ストレスチェック結果報告など幅広い書類の作成が可能な点も魅力的です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像·データ出典:HM-neo公式サイト

Carely(ケアリィ)

特徴

Carelyは小規模オフィスから従業員数1,000名以上の大企業まで幅広く導入することができる健康管理システムです。

健康診断情報やストレスチェックなど従来紙で管理していた健康に関する情報をシステム上で一元管理することができ、健康経営を実現します。

料金

  • 初期費用:クラウド月額費用3ヶ月分
  • 月額料金:要問い合わせ

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像·データ出典:Carely公式サイト

健康管理システムを導入するメリット

報告書作成が効率化できる

人事や労務が行う健康管理の中には定期健康診断結果報告書を労働基準監督署に提出する業務があります。

従業員の健康データをもとに報告書を作成しなければいけませんが、手入力の場合、確認ミスや打ちミスなどで間違った報告書を作成してしまったり確認作業に膨大な時間がかかるケースも。

健康管理システムであれば従業員の健康データをもとに報告書の自動作成、印刷が可能になるため、大幅な業務効率化につながります。

健康課題の把握ができるように

健康管理システム上で、従業員ごとの健康データを確認することができるだけでなく、部署別など情報を絞ってデータの集計をすることもできるため、組織としての健康課題を把握しやすくなります。

課題をもとにした改善が可能に

健康管理システムによって、人員不足による働きすぎが起きているといった課題が明確化できるため、より働きやすい環境を整えるための効果的な改善策を立案できるようになります。

健康管理システムでは従業員の健康データを分析することができるため、その都度課題に応じた改善が可能です。

人材の定着、離職率の低下が実現できる

健康管理システムによって、職場の健康課題が解消できることでより働きやすい環境が形成されます。

働きやすい職場環境が実現されれば人材の流出を抑えることができ、人材の定着率向上が実現されるでしょう。

離職率が低いということは、求人における強いアピールポイントにもなるため企業としてのイメージアップにもつながります。

健康管理システムを導入する際の注意点

全社での取り組みが必要

健康管理システムは導入すれば必ず職場環境が改善されるわけではありません。

システムの使い方や、導入することにどんなメリットがあるのかをしっかりと従業員や上司へ説明して研修を行うことが重要です。

コミュニケーション不足になる可能性も

健康管理システムは、従業員の健康データが管理画面1つで把握できるため、利便性が高いことがメリットですが、データだけに頼って実際に働いている社員様子を目で確認したり、コミュニケーションから抱えているストレスをチェックするといった確認作業がおそろかになる危険性があります。

データの把握も重要ですが、日常的なコミュニケーションの形成で信頼関係を構築することも必要な点に注意しましょう。

本格的な運用にはある程度の時間が必要

健康管理システムは導入することによってすぐに健康管理に活用できる機能も多数あります。

ですが、例えば分析機能などは従業員の日々の健康状態がある程度蓄積されることで健康状態に関する傾向を分析して課題を明確化することができるため、本格的にその力を発揮するためにはある程度の運用期間が必要になることに注意が必要です。

効率的な健康管理にはシステムの導入がおすすめ

健康管理についての意味やおすすめの健康管理システム、導入のメリットなどについて解説しました。

健康経営が注目されるようになり、健康経営に取り組んでいることで企業としてのアピールポイントを増やしたいという方も少なくはないでしょう。

従業員が働きやすい環境を作り、社員一人ひとりが大切に扱われていると感じることができれば、自然とエンゲージメントも高まり、モチベーション向上からの生産性アップも期待できます。

効率的な健康管理を実現するためには、健康管理システムの導入がおすすめですが、基本的にコストがかかるものなのでしっかりと比較検討してから導入するようにしましょう。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載