Carely(ケアリィ)の料金・評判について

更新日:

    仕事をする上で業務よりも大事なのが健康管理です。仕事を長く続けるのならば、仕事の効率化や業務時間も大事になってきますが体の健康も大事になってきます。ですが、たくさんの社員を抱えているのならば1人1人の健康管理をするのは大変です。そんなときに使うと便利なのがモチベーション管理システムです。この記事ではモチベーション管理システム「Carely」です。Carelyは株式会社iCAREが運営しています。

    Carelyの特徴・機能

    健康管理が楽になる

    1つ目の特徴は健康管理が楽になります。健康管理はシステムを使わない場合は、紙で管理しなければならなくなり紙の作成から配布、収集など手間がかかります。しかし、Carelyを使えばシステム1つで全て管理可能です。

    使いやすい画面

    2つ目の特徴は使いやすい画面です。機能が多くなれば、使いこなすのが難しそうと懸念されるのではないでしょうか。しかしCarelyは、左画面に機能が書かれておりクリックするだけで簡単に使えます。

    おすすめの類似健康管理システム

    クラウドで健康行動を支援: FiNC for BUSINESS

    (4.5)

    月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
    初期費用要問い合わせ最短導入期間1ヶ月〜

    産業保健領域の業務効率化と、従業員の健康行動を支援することが可能で、クラウド型のサービスであるため、テレワークなどの在宅ワーク環境でも利用することができます。

    バラバラなデータを一元管理し、産業保健領域の業務を効率化

    FiNC for BUSINESSは、1つのツールで健康診断に関する状況やストレスチェック、過重労働状況などのデータを一元管理することが可能です。 従業員の健康状態をいつでも適切に把握でき、健康診断結果が基準値を下回る社員に対しては、オンライン上から受診を勧奨するといったアクションをとることもできるようになります。 また、ツール上で社員の健康状態を管理できるため、ペーパーレス化にもつながります。

    アプリで健康増進、無関心層にもアプローチするプログラム

    健康経営を実現するためには、普段から健康に対する意識が低い無関心層へのアプローチが欠かせません。 FiNC for BUSINESSは、クラウドで利用できるサービスのため、テレワーク・在宅ワーク環境でも、従業員一人ひとりに働きかけ健康維持を支援することができます。 健康課題や趣味嗜好にマッチしたオリジナルの健康プログラムの配信が可能なため、飽きがなく効果的に健康維持を促進することが可能です。またプログラムの中のミッションを実施することで獲得できるポイントをインセンティブとして付与するなど、「何をしたらよいかわからない」を解消して、積極的な健康課題への取り組みを支援します。 また、FiNCのオリジナル体組成計やウェアラブルデバイスとも連携でき、より効率的に健康管理が実現できます。

    大企業のDXを促進

    FiNC for BUSINESSでは、社員数や部署数が多い大企業特有の状況に応じたシステムの企画、開発を提案しています。 1,000万ダウンロードを突破したヘルスケアアプリのノウハウを提供、ポイント交換が可能な独自サイトや既存システムとの連携など、柔軟なカスタマイズにも対応しているため、導入企業にあった運用を実現します。 また、セキュリティに関しては、Pマーク(プライバシーマーク)の取得、ISMS認証を取得しているため、安心して運用することが可能です。

    Carelyのメリット

    Carelyのメリットは以下の2つです。

    ペーパーレスへと繋がる
    料金プランが豊富

    Carelyシステム1つで紙などを用意する必要がないので自然とペーパーレスへと繋がります。業務効率化に加えペーパレス、経費の削減などさまざまなメリットがあります。また、料金プランが豊富なので自分に合った予算と内容を選択でき無駄な出費がないのがメリットでしょう。

    Carelyの価格・料金プラン

    Carelyの料金プランはプラス(月額200円)、ベーシック(月額300円)、エンタープライズ(月額400円)の3つから選べます。プランによって内容は違うので、ご自分に合ったものを選択してください。

    2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    Carelyの注意点

    Carelyの注意点はクラウドサービスであることです。そのため1人1人に合ったカスタマイズを受けられません。こだわりが強い人には難しいかもしれません。

    Carelyの導入事例・評判

    圧倒的なコストメリットがあり、他社より優位なツールです。データ活用もできており導入の決め手となりました。メンタルヘルスの一次予防ができるのも魅力的な点です。
    株式会社インフォマート

    長時間労働の対応の強化したい、会社の健康状態を可視化したいなどがありCarelyを導入しました。紙やエクセルでのデータの管理から脱却できました。情報の見える化により課題の掘り起こしができて、産業医との情報共有もスムーズになりました。
    ノーザンファーム

    類似サービスとの比較

    サービス名月額料金特徴
    勤次郎Enterprise
    ヘルス×ライフ
    お問い合わせ健康結果の管理が簡単になる
    BeHealth買い取り型orサブスク型低価格
    newbie200円シンプルで使いやすい

    勤次郎Enterpriseヘルス×ライフの特徴は健康結果の管理が簡単になると言う点です。健康結果の管理を簡単にしたい企業にいいでしょう。BeHealthは低価格というのが魅力的な点です。なるべくコストを抑えたい企業におすすめです。newbieはシンプルで使いやすいので、使いやすいものがいいという企業にいいでしょう。

    Carelyで健康管理も簡単に

    社員のメンタルヘルス管理や、ストレス管理も重要視されています。そんなときはモチベーション管理システムを使うとスムーズに進みます。ぜひCarelyの導入を検討してみてくださいね。

      • qeee枠【健康管理】

        クラウドで健康行動を支援: FiNC for BUSINESS

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間1ヶ月〜

        産業保健領域の業務効率化と、従業員の健康行動を支援することが可能で、クラウド型のサービスであるため、テレワークなどの在宅ワーク環境でも利用することができます。

        バラバラなデータを一元管理し、産業保健領域の業務を効率化

        FiNC for BUSINESSは、1つのツールで健康診断に関する状況やストレスチェック、過重労働状況などのデータを一元管理することが可能です。 従業員の健康状態をいつでも適切に把握でき、健康診断結果が基準値を下回る社員に対しては、オンライン上から受診を勧奨するといったアクションをとることもできるようになります。 また、ツール上で社員の健康状態を管理できるため、ペーパーレス化にもつながります。

        アプリで健康増進、無関心層にもアプローチするプログラム

        健康経営を実現するためには、普段から健康に対する意識が低い無関心層へのアプローチが欠かせません。 FiNC for BUSINESSは、クラウドで利用できるサービスのため、テレワーク・在宅ワーク環境でも、従業員一人ひとりに働きかけ健康維持を支援することができます。 健康課題や趣味嗜好にマッチしたオリジナルの健康プログラムの配信が可能なため、飽きがなく効果的に健康維持を促進することが可能です。またプログラムの中のミッションを実施することで獲得できるポイントをインセンティブとして付与するなど、「何をしたらよいかわからない」を解消して、積極的な健康課題への取り組みを支援します。 また、FiNCのオリジナル体組成計やウェアラブルデバイスとも連携でき、より効率的に健康管理が実現できます。

        大企業のDXを促進

        FiNC for BUSINESSでは、社員数や部署数が多い大企業特有の状況に応じたシステムの企画、開発を提案しています。 1,000万ダウンロードを突破したヘルスケアアプリのノウハウを提供、ポイント交換が可能な独自サイトや既存システムとの連携など、柔軟なカスタマイズにも対応しているため、導入企業にあった運用を実現します。 また、セキュリティに関しては、Pマーク(プライバシーマーク)の取得、ISMS認証を取得しているため、安心して運用することが可能です。

      執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載