JobSuite TALENTS(ジョブスイートタレンツ)の料金·機能について|エンゲージメント向上を実現する組織活性化プラットフォームとは?

    働き方の多様化や仕事に対する価値観の変化に伴い、組織マネジメントの形も変わりつつあります。

    従来の「経験やカンに頼った組織マネジメント」ではなく、社員一人ひとりの情報を集約し、その内容を解析することで、将来の組織運営に役立てていく「データに基づいた組織マネジメント」が今後は主流となっていくでしょう。

    JobSuite TALENTS(ジョブスイートタレンツ)は、従業員のさまざまな情報を集約し、厚みのある人材データベースを継続的に構築していくための、人事業務プラットフォームです。

    料金や特徴、機能などを解説しますので、サービス選定の参考にしてください。

    JobSuite TALENTS(ジョブスイートタレンツ)とは

    JobSuite TALENTSは、株式会社ステラスが運営する人事業務プラットフォームです。

    JobSuite TALENTSの大きな特徴は、従来の人材管理システムの要素に、人事の業務プロジェクト管理の要素をプラスしたこと。社員データベースとしての基本的な活用のみならず、日常の人事業務を計画的に実行するための支援機能を備えることで、毎日の人事業務のクオリティ向上に寄与します。

    そもそもタレントマネジメントシステム(人事評価システム)とは?

    タレントマネジメントシステムとは、社員の氏名や所属部署、社内メールアドレスなどの一般的な社員情報に加え、その人が持つスキルや経歴など、個別情報を一元管理・把握することができる人材管理のためのシステムです。

    従来の実績や勤続年数などに頼った人材管理ではなく、より詳細な個人が持つスキルや能力がわかるようになるため、適切な人材配置が可能となり、人材育成に役立てることができるため、多くの有名企業でも導入されています。

    人材管理の分野において、昨今重要視されている社員のエンゲージメント向上や生産性向上につなげたいという狙いからも、タレントマネジメントシステムは注目されているのです。

    JobSuite TALENTS(ジョブスイートタレンツ)の特に優れている点

    「社員と組織の見える化」と「人事業務のプロジェクト化」を同時に実現

    ステラスでは、新たなタレントマネジメントシステムの開発にあたり「常日頃から忙しい人事の方々が、計画的かつ効率的に人事データを活用できるようになるためには何が必要なのか?」を追求。

    その答えとして、従来の人材管理システムの要素に、人事の業務プロジェクト管理の要素をプラスした人事業務プラットフォームとして、JobSuite TALENTSを生み出しました。JobSuite TALENTSは、社員データベースとしての活用のみならず、日常の人事業務を計画的に実行するための支援機能を備えることで、毎日の人事業務のクオリティ向上に寄与します。

    導入企業にあった柔軟なカスタマイズが可能

    JobSuite TALENTSを運営するステラスは、有名大手企業での複雑な業務プロセスへの対応実績があり、導入の課題解決に最適な機能を個別にカスタマイズすることが可能です。

    自社で人事データベースをゼロから構築する場合や、大手HRM(Human Resource Management)パッケージを導入する場合と比較して、低価格かつ柔軟性に優れているため、自社オリジナルの運用しやすいシステムの構築が実現できます。

    より広範な人事領域のDXを実現

    JobSuite TALENTSを導入することで、より広範な人事業務のDXを実現することが可能です。

    一例としては、JobSuite TALENTSによって自社で活躍している人材の傾向が把握できるようになることで、JobSuiteシリーズの「JobSuite CAREER」や「JobSuite FRESHERS」を用いた採用活動において、そのデータを活かすことができるようになります。

    応募者の属性や内定後のパフォーマンスの傾向、特徴を可視化することで、より効果的な採用活動、人材育成へとつなげることが可能となるのです。

    JobSuite TALENTS(ジョブスイートタレンツ)の主要な機能

    JobSuite TALENTSには、人材管理のために必要な機能が搭載されています。主な機能の一例としては、以下の通りです。

    • 社員一覧:社員情報を一元化し、一覧表示。属性やスキルなどで社員をピックアップすることが可能です。
    • 社員詳細情報:社員に紐づくさまざまな情報を集約。権限に応じて項目別に閲覧制御が可能です。
    • 組織図:組織構成と社員の顔ぶれを同時に把握可能。人材の把握と適正配置に役立ちます。
    • 組織シミュレーション:社員配置の検討時に、配置後の組織構成を簡単にシミュレーションでき、その内容を関係者へ共有することができます。
    • アンケート:アンケートフォームを自由に作成し配布。社員の回答状況に応じてリマインドの通知も可能です。
    • ロール設定:社員管理項目別、システムメニュー別での閲覧・操作制御など、権限を細かく設定することで、安心して社員情報の管理を行えます。

    JobSuite TALENTSについての詳細は、下記から資料ダウンロードをお願いします。

    JobSuite TALENTS(ジョブスイートタレンツ)の料金·価格

    JobSuite TALENTSの料金は、利用する企業の従業員数によって価格体系が異なります。また、お客様のカスタマイズのご要望に応じて仕様内容が変わるため、お問い合わせが必要となります。

    JobSuite TALENTS(ジョブスイートタレンツ)の詳細について

    ご覧いただいた通り、社員データベースとしての活用だけでなく、人事担当者が抱える日常業務の遂行を支援するJobSuite TALENTSは、他のJobSuiteシリーズと組み合わせて利用することで、より広範な人事関連業務のDXを実現します。

    より詳細な機能の説明やJobSuiteシリーズについては、資料ダウンロードをお願いします。

    無料

    JobSuite TALENTS
    資料ダウンロードはこちら

      • qeee枠【人事評価・目標管理】

        類似サービス: MotifyHR

        (4.5)

        月額費用440円〜/ID無料お試し要お問合せ
        初期費用330,000円〜導入会社要お問合せ

        従業員の可能性を最大限に引き出す人材開発プラットフォーム。会社での働きがいに関する10の質問を定期的に配信し、従業員の働きがい・エンゲージメント(会社に対する思い入れ)を社内・部署・個人単位で可視化できます。

        エンゲージメントの可視化ができる

        MotifyHRには、エンゲージメントサーベイができる機能が搭載されており、会社での働きがいに関する10の質問を定期的に配信し、従業員の現状を把握することが可能です。 働きがいやエンゲージメントを可視化することで、退職の可能性が高い従業員を早期に発見して対応できるようになります。

        新入社員がスムーズに馴染めるようにサポート

        MotifyHRでは、新入社員に対して会社や部門のタスク、サーベイ(質問)を適切なタイミングで配信することにより、エンゲージメントの向上につなげることができます。 システムに登録しておくことで、定期的に研修動画やお知らせなどオンボーディングコンテンツを自動で配信することができ、管理者はいつでも従業員の閲覧状況を数値化して一元管理することが可能です。

        社内コミュニケーションの活性化を実現

        MotifyHRでは、プロフィールの共有などでお互いを知ることができ、マネージャーは管下メンバーについて日々のコンディションチェックも可能となります。 経営層や人事からのお知らせ、または個人の投稿に対して、SNSライクに「いいね」やコメントをすることができるため、コミュニケーションの活性化に貢献します。

        管理職育成の自走化を支援: マネディク

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試しデモあり
        初期費用要問い合わせ最短導入期間6ヶ月〜

        特にベンチャー/成長企業への支援を得意としており、メガベンチャーや急成長企業での導入実績もあり、いずれも高い効果を発揮しています。

        「メディアサービス」によるインプット

        マネディクは、「メディアサービス」と「コンサルティングサービス」の2つのサービスによって利用企業の管理職育成を支援します。 メディアサービスは、動画コンテンツをメインに、Q&Aや知識テストなども用意されており、ベンチャー環境でのマネジメントに欠かせないセオリー・概念のインプットを効率的に進めることが可能です。 代表的なコンテンツテーマでは、「葛藤」「曖昧耐性」「結節点」などがあります。その他、時流に合ったフィードバック、1on1、リモートワーク、メンタルヘルスなど、今の時代に管理職が問題を抱えやすいことをテーマにコンテンツが用意されています。

        管理職の視野を上げるための他流試合型プログラムも併せて利用できる

        メディアサービスには交流型次世代リーダー研修”One Table”というメニューも含まれています。 自身と同程度のポジション、またはレイヤーにいる他社人材と他流試合を行うことができ、社内研修や座学だけでは気付くことができなかった多面的な視点や考え方のインプットが可能となります。 少人数クラスでの取り組みで月1回、半年間のプログラムとなっており、相互刺激はもちろん、プログラム終了後も社外ネットワーク構築に大きく貢献してくれます。

        導入から半年間の「コンサルティングサービス」で社内自走が可能に

        マネディクが他社の管理職育成サービスと違う大きなポイントが「メディアサービス」によるインプットを実践〜定着のサイクルに落とし込むための取り組みがセットになっている点です。研修経験豊富な専任コンサルタントが、半年間伴走支援します。 7ヶ月目以降はサポートや関与が少なくなり、自社で運用できるようになるというのがマネディクが提供する価値です。 7ヶ月以降に自走が可能になっているにも関わらず、導入企業のほとんどが1年2年と継続利用されているという点が、効果の信頼性を感じます。

        類似サービス: JobSuite TALENTS

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        JobSuite TALENTS(ジョブスイートタレンツ)は、従業員のさまざまな情報を集約し、厚みのある人材データベースを継続的に構築していくための、人事業務プラットフォームです。

        「社員と組織の見える化」と「人事業務のプロジェクト化」を同時に実現

        従来の人材管理システムの要素に、人事の業務プロジェクト管理の要素をプラスした人事業務プラットフォームとして、JobSuite TALENTSを生み出しました。JobSuite TALENTSは、社員データベースとしての活用のみならず、日常の人事業務を計画的に実行するための支援機能を備えることで、毎日の人事業務のクオリティ向上に寄与します。

        導入企業にあった柔軟なカスタマイズが可能

        JobSuite TALENTSを運営するステラスは、有名大手企業での複雑な業務プロセスへの対応実績があり、導入の課題解決に最適な機能を個別にカスタマイズすることが可能です。自社で人事データベースをゼロから構築する場合や、大手HRM(Human Resource Management)パッケージを導入する場合と比較して、低価格かつ柔軟性に優れているため、自社オリジナルの運用しやすいシステムの構築が実現できます。

        より広範な人事領域のDXを実現

        obSuite TALENTSを導入することで、より広範な人事業務のDXを実現することが可能です。一例としては、JobSuite TALENTSによって自社で活躍している人材の傾向が把握できるようになることで、JobSuiteシリーズの「JobSuite CAREER」や「JobSuite FRESHERS」を用いた採用活動において、そのデータを活かすことができるようになります。

      執筆者  STRATE編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載
      最新記事