月3万円でどこまで使える?名刺de商売繁盛の料金・評判・機能について

最終更新日 
名刺で商売繁盛about

名刺は情報の宝庫であり、しっかりと管理すれば会社にとっての利益となります。
しかし実際のところ名刺がまとめられることは少なく、有効活用されているとは言いがたいです。
今回は名刺を一括管理する際に利用できる「名刺de商売繁盛」について紹介します。

名刺de商売繁盛とは?

head

名刺de商売繁盛とは宅急便で有名なヤマトホールディングスのグループ企業であるヤマトシステム開発が展開しているサービスです。
スキャナーやスマートフォンでデータ化した名刺をほぼ100%の精度でデータベース化し、社内で共有・一括管理します。
データベース化された名刺は見込み顧客の創出やメール配信のリストなど、会社資産として有効活用することが可能です。
大企業の導入事例が多く、三越伊勢丹ホールディングスや阪神阪急エクスプレスなどがその例として挙げられます。

名刺de商売繁盛の特徴

コストパフォーマンスが良い

名刺de商売繁盛はユーザー制やID課金制ではなく、利用人数を限定しない定額料金制で運営されています。
そのため、社員の人数に限らず全員で活用することが可能です。
また名刺の登録枚数も20万枚までは無料、それをオーバーしてもプラス20万枚が貯まるまで3,000円/月額のプラスのみなので、非常にリーズナブルです。
社員数が多く、名刺も日々数多く貯まる大企業でも十分に使えるサービスだといえるでしょう。

セキュリティー対策もしっかりしている

名刺のデータはヤマトホールディングスのデータセンターで保管されます。
そのため仮に社内へ部外者が忍び込んでも、データが盗まれる心配はありません。
またデータセンターでは専門スタッフが24時間365日稼働を支えており、その点でも安心できます。

名刺の読み取り方法が豊富

専用スキャナーだけでなくスマートフォンや複合機などからでも名刺をデータベース化できます。
手軽に使えるサービスであるため、煩わしさも感じません。

名刺de商売繁盛の機能

名刺の一括管理

名刺は対面した者同士が交換するものであるため、ほかの人々はその内容を把握しにくいです。
しかし名刺de商売繁盛を導入すれば社員全員の名刺を管理できます。
そのため、社内の誰がどの企業のどの方と繋がっているかが一目で確認でき、それまでは明らかになっていなかった人脈のあぶりだしにも効果があります。
営業のバッティング防止やアプローチ先の企業と面識がある社員のリサーチなど、さまざまな形にて有効活用できるでしょう。

電子デバイスでの名刺確認

日々貯まる名刺をすべてファイリングして持ち歩くことは難しく、たとえそのようにしたとしてもいざというときに必要な情報を取り出しにくいです。
しかし名刺de商売繁盛を利用すればスマートフォンやタブレットなど電子デバイスから情報を確認できます。
またその情報も先方の名前や電話番号だけでなく、会社までのルートやホームページなども含まれており非常に便利です。
名刺de商売繁盛があれば作業効率が上がり、商談前の確認もスムーズに行えるでしょう。

メーリングリストとしての活用

一括管理された情報をもとに宛先リストを作成、それをメーリングリストとして活用できます。
会社名や担当者名など、情報内のデータをメール文中に差し込んで送信ができるため、より効果的な販促が行えます。
また送信したメール内のurlをいつ誰がクリックしたかも一目で確認可能です。
まずは多くの相手へメールを送り、そこからurlをクリックした方だけを選りすぐって販促活動を展開する、といった活用もできるでしょう。

名刺de商売繁盛の価格・料金プラン

項目料金備考
初期費用無料利用者数(ID数)無制限
月額利用料金30,000円名刺の総登録枚数が20万枚まで無料、以降20万枚毎に3,000円
名刺デジタル化料金40円/枚セルフモードの場合は無料

名刺de商売繁盛は利用人数に関わらず、1社あたり月々30,000円で利用可能です。

そのため社員数が多い大企業ほどお得に使えるといえるでしょう。
また追加料金を支払えばオプションを加えることも可能です。
たとえば1枚あたり40円を支払えば名刺のデータ入力を専用オペレーターが行ってくれます。
このほかにもメール配信機能やアンケート機能などのオプションが用意されていますので、サービスの利用目的に合わせて選びましょう。

※2020年5月現在/詳細は要問い合わせ

名刺de商売繁盛の口コミ・評判

お客様の重複や全体像を把握するために名刺de商売繁盛を活用

”お客様の重複や全体像を把握するために名刺de商売繁盛を活用しています。
それまで社員個人の管理に任せており、前任者からの引き継ぎが不完全であることもしばしばでした。
しかし導入後は社内全員が名刺を確認できるようになり、顧客の見える化を達成、円滑に営業を展開できるようになりました。
ID単位の課金ではなく月額制であり、180名の営業担当がいる当社としても使いやすいことも非常に助かっています。”

(広友リース株式会社様)

名刺de商売繁盛の類似サービス

名刺de商売繁盛以外にも名刺管理サービスはさまざまに存在します。

Sansan

名刺管理サービスとして国内トップシェアを誇っているのが「Sansan」です。

2007年からサービスを開始し、現在では上場企業や官公庁など7,000を超える機関で活用されています。
Sansanの情報入力オペレーターには名刺を分割した画像しか渡されず、全体を見ることはできません。
そのため個人情報が保護されており、安心して利用できます。
加えて、取引先で異動や昇進などがあった際も、社内の誰かが名刺を交換すれば情報が自動で更新される名寄せ機能も非常に便利です。
また、短時間でデータ化が可能な専用スキャナーが1フロアにつき1台配置されます。
名刺de商売繁盛と同様に社員数が多い企業向けといえるでしょう。

CAMCARD BUSINESS

「CAMCARD BUSINESS」は日本語だけでなく英語や中国語、さらにはフランス語など17ヶ国語に対応しており、グローバルに展開しているビジネスでも使いことが特徴です。

料金も月額1,400円と格安であり、かつ最小ユーザー数が5に設定されているため、中小企業なら特におすすめです。

画像・データ出典:名刺de商売繁盛公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 oseijiogi