Lychee Redmineの評判・口コミは?

更新日:
プロジェクト管理・タスク管理のサービス資料を無料ダウンロード

プロジェクト管理・タスク管理の製品をまとめて資料請求

Lychee Redmineに関するネット上にあった口コミや評判をまとめましたので、Lychee Redmineをご検討の方はぜひ参考にしてください。

Lychee Redmineの評判・口コミ

Lychee Redmineのいい評判・口コミ

Lychee Redmineでは、以下のような良い口コミ・評判がありました。

Lychee Redmineの良い口コミ・評判

・導入に手間が掛からず、自前のサーバーでセットアップし保守管理できるため、時間コストが省けてありがたい。
・担当、ステータス、説明、対応や完了日時など細かく記載内容があるので、タスクの状況を管理しやすい。
・Redmineでは必要となるプラグインが不要。ガントチャートが分かりやすく自由度が高い。

Lychee Redmineは無料版もあり導入が簡単なため多くのユーザーに利用されています。

プロジェクト全体の進捗状況を可視化でき、グラフの作成も簡単に行えるため、視覚的に進捗状況の遅れを知ることができます。

ガントチャートは直感的な操作で作成でき、管理が行えてスケジュール管理がしっかりできるので業務効率が改善されたと評判です。

Lychee Redmineのその他評判・口コミ

Lychee Redmineでは、その他に、以下のような口コミ・評判がありました。

Lychee Redmineのその他口コミ・評判

・スマホやタブレット環境からのチケット発行やガントチャート編集をもっとやりやすくしてほしい。
・WBSチャートの作成時、ディスプレイ上での確認はある程度大きさがあれば見れるが、紙に印刷する場合、配置が難しく文字が小さくて読みにくい。
​​複数のプロジェクトをガントチャートで横断表示させる場合、マイルストーンが表示できない。

スケジュール管理機能として十分に役割を果たしており、悪い口コミはあまり見つかりませんでした。

そんな中、デザイン性に関する悪い口コミがあり、パソコン上では満足に操作が可能なシステムですが、スマホやタブレットからではガントチャートの編集が難しいようです。

紙に印刷した際も表示が小さくなりすぎて読みにくいなどのデザイン性に関する悪い口コミがありましたが、ユーザー達はほぼ満足といった様子でした。

おすすめの類似グループウェア・プロジェクト管理ツール

類似サービス: MarketWatcher NEO

(4.5)

月額費用30,000円〜無料お試し10名まで体験無料
初期費用要問い合わせ導入会社要問い合わせ

MarketWatcher NEOとは、インパクトフィールド株式会社が運営しているラウンダー向けのグループウェア・業務支援ツールです。 スケジュール管理やタスク管理、活動報告・日報など、豊富な機能を搭載しており、いずれもシンプルで使いやすい操作性で利用することができます。

シンプルで使いやすい機能を搭載

MarketWatcher NEOには、メッセージ配信、チャット、活動報告といった生産性向上や業務効率化につながるシンプルな機能が搭載されています。 現場の様々なデータをリアルタイムに収集し、分析することで、店舗運営の課題を明確にし、課題改善につなげることができます。

スピード導入が可能

導入に1ヶ月〜2ヶ月程度の期間を要するサービスが多い中で、MarketWatcher NEOは、発注から最短1週間で導入することができます。 クラウド型のサービスであるため、短期間での導入が可能となっており、ハードウェアの設置やシステム構築などの手間もありません。

店舗巡回の状況をリアルタイムに把握

MarketWatcher NEOには、チャット機能や活動報告機能、タスク機能といったリアルタイムに情報を共有できる機能が搭載されています。

類似サービス: Shachihata Cloud

(4.5)

月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
初期費用0円最短導入期間即日〜

Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

   

紙の決裁業務をそのまま電子化

Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

運用に合わせて柔軟な設定が可能

Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

電子帳簿保存法対策に有効

Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

この製品はグループウェア・プロジェクト管理ツールの製品です。
プロジェクト管理の製品をまとめて資料請求

Lychee Redmineを導入した結果は?

Lychee Redmineを導入した結果に関しては、以下のような評判・口コミがありました。

Lychee Redmineを導入した結果に関する評判・口コミ

・簡単に導入でき、各部署にIDを配布して統一的な管理体制に移行することができた。
・複数のシステムの対応状況が分かれて管理でき、一覧や検索がしやすいため対応がスムーズになり業務効率が良くなった。
・課題やタスクをエクセルベースでやり取りしていた時にエクセル管理漏れがあったが、Lychee Redmineを使ってからタスク漏れが圧倒的に減った。

システムの導入により、プロジェクト全体のスケジュール管理がしやすくなり遅れなどが一目で分かるため業務効率が改善されたという意見が多かったです。

他にもタスク管理で漏れや抜けが圧倒的に少なくなったなどの業務改善も見られました。

プロジェクトの状況を一発で把握できるためリスク回避に役立ちそうです。

Lychee Redmineの改善希望ポイントは?

Lychee Redmineに関しては以下のような、改善希望ポイントがあるようです。

Lychee Redmineで改善して欲しいポイント

・ちゃんと理解して使わないと持ち腐れになってしまう。人へのインスとレーションという点を解決できる方策があれば活用の幅が広がる。
・チケット更新が途絶えているときにけん制するなど、チケット更新内容がもう少し見やすくなってほしい。
・機能が多く把握が難しいため、機能一覧のリストや逆引きマニュアルがあると使いやすくなる。

Lychee Redmineはスケジュール管理がしっかりでき、機能が豊富です。

その反面、機能が多すぎて使い切れないなどチーム全体が使いこなせるようになるまで時間がかかるなどの意見がありました。

機能の使い方を分かりやすく説明する逆引きマニュアルや機能一覧リストなどがあればもっと機能を使いこなし効率的な作業に繋がると思います。

Lychee Redmineの料金や導入事例などについて

Lychee Redmineの料金や導入事例、その他機能の詳細等についてはこちらの記事をご参照ください。

    その他の関連する記事

    これは プロジェクト管理・タスク管理 の製品です。
    プロジェクト管理・タスク管理 の製品をまとめて資料請求

    口コミや導入事例・評判について

    満足度

    簡単に導入できる

    評判

    とにかく導入が簡単であり、すべての機能が見やすくわかりやすい

    ※一部、公式サイトの導入事例等を参考にした内容が含まれます。

      • qeee枠【プロジェクト管理・タスク管理】

        類似サービス MiLKBOX

        (5.0)

                 
        月額料金30,000円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

        MiLKBOXとは、rayout株式会社が提供している、クリエイティブ制作の進行をスムーズにすることができるコラボレーションツールです。 クリエイティブの修正指示から動画リンクの共有、データの保管、社内承認など、クリエイティブの制作進行を効率化するための機能がワンストップに搭載されています。

           

        コストを抑えたクリエイターマネジメントを実現

        MiLKBOXでは、クリエイターのコミュニティを形成することで、人件費をかけずに社内で完結することができるシステムを構築しています。 オンライン上で制作進行が完結できるワークフローシステムを搭載しているため、クリエイターごとにバラバラであった管理手法を統一して制作業務を大幅に効率化することが可能です。

        効率的なクリエイター管理が可能

        MiLKBOXに搭載されているクリエイター管理機能では、これまでに起用したことのあるクリエイター情報をツール上に蓄積し、効率的な管理を可能とします。 チームで管理しているクリエイター情報を一覧で表示することができ、実績の確認ができるため、場当たり的なクリエイター発注を防ぐことができるようになります。

        オンライン上でプロジェクト管理

        MiLKBOXには、プロジェクト管理機能が搭載されており、オンライン上でプロジェクト管理を完結することができます。 システム上から案件ごとにプロジェクトを作成、関係者を招待して必要な資料や制作データをアップロードして保管・管理することが可能です。

        類似サービス Slack to Teams

        (5.0)

                 
        年額費用132,000円〜(〜100ユーザー)無料お試し30日間無料
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

        Slack to Teamsとは、株式会社ストラテジットが開発しているチャットツール連携アプリです。 ビジネスチャットツールのSlackとTeamsを連携することが可能で、メインで利用していないチャットツールにアクセスしなくても返信ができるようになります。

           

        複数チャットツール間の確認漏れを防止

        Slack to Teamsを導入することで、Slackへの通知をTeamsで確認、またはその逆が可能となります。 届いた通知に対して返信を送ることも可能なため、複数チャットツールを利用している企業にありがちな、対応が遅れてしまったり、確認が漏れてしまうといったトラブルを防ぐことができます。

        類似サービス: Shachihata Cloud

        (4.5)

        月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
        初期費用0円最短導入期間即日〜

        Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

               

        紙の決裁業務をそのまま電子化

        Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

        運用に合わせて柔軟な設定が可能

        Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

        電子帳簿保存法対策に有効

        Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載