V-CUBEミーティングの料金·評判·機能について。スマホからも利用できる?

最終更新日 

近年では、作業の効率化、生産性の向上などを目指して、Web会議を行う企業が増えてきました。
また、新型コロナウイルスの影響でリモートワークが推奨されるようになったこともあり、Web会議用のサービスを導入する企業も急増しています。
そこで本記事は、高いシェア率を誇るクラウド型Web会議サービスのV-CUBEミーティングについて取り上げて、特徴、機能、評判などをご紹介いたします。

V-CUBEミーティングとは

V-CUBEミーティングは、株式会社ブイキューブが提供しているWeb会議サービスです。
大企業、大学病院や区役所など5,000社以上で導入されており、13年連続でシェア率ナンバーワンの実績があります。

V-CUBEミーティングの特徴·機能

V-CUBEミーティングは、クラウド型のWeb会議となっているのが特徴です。
インターネットに接続できる環境であれば、どこからでもスムーズなWeb会議が実現できます。
主な特徴や機能については、以下の通りです。

映像がきれいで音質が良い

V-CUBEミーティングの特徴は、映像がきれいで、音質もクリアで聞き取りやすいことです。
映像コーデックはH.264/SVCを採用しているので、カクつくことがなく滑らかな映像でWeb会議を行うことができます。
音声に関しても、自動調整機能が搭載されているので、クリアで聞き取りやすいと評判です。

インターフェースがわかりやすい

V-CUBEミーティングのインターフェースは、非常にシンプルです。
わかりやすい操作画面となっていますので、初めての方でも直感的に扱うことができます。

基本機能が充実している

資料や画面共有機能、録画機能、招待機能など基本機能が充実しているのも、V-CUBEミーティングの特徴です。
チャット機能もありますので、外出先などで会話が難しいときには、テキストチャットを使ってWeb会議に参加することもできます。

マルチデバイス対応でモバイル端末からもWeb会議に参加可能

V-CUBEミーティングは、マルチデバイス対応となっています。
モバイル端末用のアプリケーションをインストールすることで、スマートフォン、タブレット端末からでも、すぐに利用できるようになります。
iOSとAndroidの両方に対応していますので、端末を問わずに利用しやすいサービスです。

スマホアプリ版について

V-CUBEミーティングではiOSとAndroidに対応したスマホアプリ版の「V-CUBE ミーティング5」を提供しています。

アプリ版ではiPhoneはもちろんiPad版もリリースされているので、より広い画面でWebミーティングを行うことが可能です。

アプリ版でもブラウザ版と変わらない高品質な画質と音声でWebミーティングを行うことができ、接続に関しても途切れにくく安定した接続状態を維持できる使い勝手の良さが利用者からも高評価です。

スマホからの利用でも複数人とのビデオ通話が可能で、テキストチャット機能やPC画面の共有·閲覧もできるのでブラウザ版と変わりない使い心地を実現しています。

V-CUBEミーティングの強み

V-CUBEミーティングの強みは、クラウド型のサービスであることです。
インターネット環境が整っていれば、国内外を問わず、どこからでも利用することができます。
世界中の人たちともやり取りがしやすくなるので、海外に拠点がある会社、外国人スタッフが多い会社にとっては、利用しやすいサービスです。
音声認識、翻訳技術なども搭載されていますので、言葉の壁を気にすることなく、Web会議が行えるのも、V-CUBEミーティングの強みとなっています。

V-CUBEミーティングの価格·料金プラン

V-CUBEミーティングの価格や料金プランについては、公式サイトでは公表されていません。
トライアル版が用意されていますので、15日間以内であれば無料でお試しすることができます。
詳細はV-CUBEミーティングの公式サイトで確認できます。

2020年10月現在/詳細は公式サイトを確認

V-CUBEミーティングの注意点

V-CUBEミーティングの注意点は、全世界で安定して利用できるとは限らないことです。
一部の国ではつながりにくいことや不安定になってしまうこともあるので、海外での利用を検討している場合には、その国の通信環境などもよく確認しておく必要があります。

V-CUBEミーティングの口コミ·利用企業からの評判

定例会議を効率化できるようになった

“定例会議の度に移動の負担がかかっていましたが、V-CUBEミーティングを導入したことで、どこからでも気軽に会議に参加できるようになりました。災害時の情報共有、外部の委託業者とのやり取りをする際にも活用できます。”(宮崎市役所様)

医学生の臨床実習を参加型に変えることができた

“V-CUBEミーティングのおかげで医学生の臨床実習が見学型から参加型へと変えることができました。質の高い臨床実習の実現、指導医から学生へのフィードバックもしやすくなりました。”(札幌医科大学様)

類似サービスとの比較

V-CUBEミーティングと似たようなサービスとしては、RICOH Unified Communication System Appsがあります。
RICOH Unified Communication System Appsは、複写機などで有名なリコージャパン株式会社が提供しているWeb会議システムです。
V-CUBEミーティングと同様に、録音·録画、テキストチャット、デスクトップ画面の資料共有機能など、複数人数でWeb会議が実現できる機能をいろいろと搭載しています。
モバイルデバイス対応なので、パソコン以外でも利用できます。
RICOH Unified Communication System Appsの料金は、初期導入費用が268,000円、サービス利用料金が37,000円です。
V-CUBEミーティングの料金プランが公表されていないので、料金面では比較ができませんが、両者とも無料デモ版が用意されていますので、導入前に動作状況などを確認することは可能です。

よくある質問

IDやパスワードを使わないで入室することはできますか?

可能です。ログインIDやパスワード、招待メールからWeb会議に参加する以外の方法として、暗証番号を使った入室が可能となっています。暗証番号で入室した場合はログインIDやパスワードでの入室に比べて機能が制限されますのでご注意ください。

どんなモバイル端末に対応していますか?

iOSの場合はiOS12〜iOS14に、iPadOSの場合はiPadOS13〜iPadOS14に対応しています。Android端末の場合はAndroid8〜Android10に対応しております。

チャットにきたメッセージは通知されますか?

はい。会議中にチャットが来た場合は画面下部の「チャット」にバッジがつきます。

会議中にFAQやマニュアルを確認することはできますか?

Windowsアプリケーションバージョン5.5.6以降であればWebブラウザを経由せずにアプリケーションから直接FAQやマニュアルにアクセスすることが可能です。

参考:V-CUBミーティング公式サイト

V-CUBEミーティングでWeb会議の実現を

クラウド型のV-CUBEミーティングは導入が簡単ですぐにWeb会議が実現できます。
マルチデバイス対応でいつでもどこでもWeb会議に参加可能できるので、テレワークを実施している企業などにおすすめです。

画像·データ出典:V-CUBEミーティング公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載