HRMOS CORE(ハーモスコア)の料金·評判·機能について。どんな機能がある?

最終更新日 

従業員の情報の管理など、労務や人事に関わる作業を一元化することや担当者の負担を減らす目的で人事管理システムを活用する企業が増えています。
本記事では、大手企業も導入しているHRMOS CORE(ハーモスコア)について、搭載されている主な機能や特徴、料金について解説いたします。

HRMOS COREとは?

HRMOS COREは、株式会社ビズリーチが提供している人事管理システムです。
人事情報の管理に役立つ機能がいろいろと搭載されていることから、銀行や美容など多くの従業員を抱える大企業でも利用されています。

導入企業

国内では株式会社東芝や株式会社資生堂、清水建設株式会社など有名企業でも多く導入されています。

※HRMOSシリーズでの導入

HRMOS COREの特徴·機能

HRMOS COREの特徴は、従業員の情報を一元管理化して、見える化できる機能が搭載されていることです。
主な特徴や機能については、以下の通りです。

従業員情報の取り出しが簡単に行える

HRMOS COREには、キーワードで絞り込みなど、従業員情報の取り出しが簡単に行える機能が搭載されています。
さらに、ハイパフォーマーのリスト作成なども行えるため、従業員の情報管理が効率化や人事施策の検討などにも活用できます。

組織情報管理や履歴管理も可能

組織情報管理が行える点も、HRMOS COREの特徴です。
顔写真付きの組織図の管理にも対応していますので、ひと目で情報を把握できるようになります。
さらに、HRMOS COREには履歴管理機能も搭載しているため、従業員や組織の変遷も管理しやすいという特徴もあります。

分析レポート機能

HRMOS COREには、分析レポート機能も備わっています。
レポートのテンプレートがたくさん用意されているため、効率良く分析が行えます。

カスタマイズが可能

自社の内容に合わせて、任意の項目を自由に設定も可能です。項目の追加に制限はありません。
さらに、カテゴリ分けやグルーピングにも対応しています。

HRMOS COREの強み

HRMOS COREの強みは、サポートが充実していることです。
導入前に、自社に合わせた導入プランや運用プランを立ててくれますし、最適なアドバイスも受けられます。
ヘルプサイトも用意されていますので、導入後に操作方法がわからなくなってしまったときには、いつでもやり方を調べることができます。
さらに、お問い合わせ窓口もありますので、困ったときには直接連絡して相談も可能です。万全のサポート体制が整っていますので、安心して導入しやすいのが、HRMOS COREの強みです。

HRMOSシリーズ

HRMOSにはHRMOS CORE以外にもシリーズがあります。

HRMOS 採用

HRMOS 採用は採用に関わる業務を一元管理することができます。採用に関するデータを可視化して分析することができるので、数値に基づいた確実な戦略を実施することが可能になります。

HRMOS 評価

HRMOS 評価は人事評価に関する業務を効率化することができるようになります。

MBO(目標管理制度)やコンピテンシー評価といった自社で独自に導入しようとすると運用が難しい評価制度にも対応しており、人材の適正な評価ができるだけでなく、フィードバックを記録として残すことが可能です。

HRMOS COREの価格·料金プラン

HRMOS COREの料金プランは、公式サイト上では公表されていません。
企業の規模、利用用途などによって料金が異なるため、詳しい料金についてはお見積もりが必要となります。
公式サイトのお問い合わせ用フォームから問い合わせができます。

2020年8月現在/詳細は公式サイトを確認

HRMOS COREの注意点

HRMOS COREの注意点は、インターネットに接続できない環境では利用不可となってしまうことです。
HRMOS COREは、クラウド型となっており、Web上で動作するシステムです。
Google Chrome、Internet Explore、Microsoft Edgeを利用しますので、インターネットやブラウザが必須となります。

セキュリティ体制について

HRMOS COREでは以下のようなセキュリティ体制を実現しています。

  • 情報の暗号化
  • AWSを利用した顧客情報管理
  • データを毎日バックアップ
  • ユーザーごとの権限設定
  • アプリケーションの監視
  • プライバシーマークの取得
  • 第三者による脆弱性診断

HRMOS COREの口コミ・利用企業からの評判

社員管理を一元化

“社員数の増加に伴いExcelでの管理に限界を感じていました。HRMOS COREは社員情報が正確かつ素早く取り出せるのがいいですね。また、他のツールとの連携も容易だったのが導入の決め手です。複数部署の情報を一元管理できるようになったので非常に助かっています。”(株式会社GA technologies様)

Excel管理から脱却できました

“入所·退所メンバーが増えるたびにExcelを作成しなくてはならず、情報共有もメールでする必要があったので非常に煩雑化していました。もともとHRMOS採用を導入していたので情報連携が容易なHRMOS COREを導入することにしました。複数人で同じ画面が確認できるので情報共有が簡単になりました。”(弁護士法人 法律事務所オーセンス様)

類似サービスとの比較

HRMOS COREと類似したサービスとしては、COMPANYがあります。
COMPANYは、株式会社Works Human Intelligenceが提供している人事管理システムです。
雇用や異動や退職など従業員情報を一括管理できる機能、人事台帳作成ツールなどが搭載されており、HRMOS COREと同様に組織図の管理に役立つ機能もあります。
COMPANYの料金プランは公式サイト上では公表されていないため、HRMOS COREとの費用の比較はできません。料金について比較したい場合には、両方の会社に問い合わせて見積もりをもらう必要があります。

HRMOS COREで従業員の一元管理化を

従業員情報や組織情報管理に役立つ機能が搭載のHRMOS CORE。人事が時間を取られていたルーティーンワークを効率化できることで空いた時間を別の業務にあてることが可能になり、生産性の向上が見込めます。

導入までのサポートも徹底しているので初めて人事管理システムを導入するという企業担当者にも安心です。

HRMOS COREで人事·労務のプロを目指しましょう。

画像·データ出典:HARMOS CORE公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部