バクラク経費精算の料金・評判・口コミについて

更新日:
経費精算のサービス資料を無料ダウンロード

経費精算の製品をまとめて資料請求

毎月の締め日には、大量の領収書を経費申請してくる従業員がいて、頭を抱えている経理担当者も多いことでしょう。

大量の領収書と画面を見比べながら手入力で経費精算をしていると、当然ながらヒューマンエラーのリスクもあります。

このような課題を抱えている方には、経費精算システムの導入がおすすめです。

バクラク経費精算は、領収書の一括アップロードができ、経費精算にかかる手間を大きく効率化できることから注目されています。

本記事では、バクラク経費精算の特徴や料金、おすすめのポイントなどを紹介しますので、サービス選定の参考にしてください。

バクラク経費精算とは

バクラク経費精算とは、株式会社LayerXが運営している経費精算システムです。

領収書が大量にあるという場合でも、一括アップロードができ、AIが自動でデータ化してくれるため、業務効率化が可能となります。

実際にバクラク経費精算を利用した企業からは、「利用しやすく申請の誤りがなくなった」、「電子帳簿保存法に対応している点が魅力的」といった声が挙げられており、確かな導入効果が期待できるサービスです。

バクラク経費精算の実績

バクラク経費精算を含むバクラクシリーズは、これまでに2,000社以上で導入されている実績があります。

幅広い業界から導入されており、上場企業から非上場企業まで、幅広い企業規模にも対応しています。

経費精算のおすすめ製品

楽楽精算

(4.5)

月額費用30,000円〜無料お試し要問い合わせ
初期費用100,000円導入実績15,000社

「楽楽精算」とは株式会社ラクスが運営する経費精算システムです。 経費精算に関する課題を解決でき手軽に導入できるという点から多くの企業で導入されており、導入実績としては15,000社※を突破しています。

交通費精算が効率化できる

「楽楽精算」ではSuicaやPASMOなどの交通系ICカードをカードリーダーにかざすだけで交通費のデータを取り込んで自動で読み込み、そのまま交通費の精算に利用することができるので入力の手間を削減することができます。

経費精算の手間を効率化

今まで勘定項目の仕訳に時間がかかっていた、会計ソフトへの手入力が負担となっていたという企業にとっても「楽楽精算」は強い味方です。 「楽楽精算」には自動仕訳機能が搭載されているので、予めルールを設定しておくことで今まで苦労していた仕訳作業を自動化することが可能となります。

コストカットが実現できる

「楽楽精算」はクラウド型のサービスなので、今まで紙の申請書などを使って経費精算を行っていたという企業はペーパーレス化を実現できます。 また、クラウド型のサービスなので自社でサーバーを設置する必要がなく、この点でもコストカットすることが可能というメリットがあります。

TOKIUM経費精算

(4.5)

月額費用46,000円~無料お試しあり
初期費用要問い合わせ導入実績1,500社以上

TOKIUM経費精算とは、株式会社TOKIUMが運営している経費精算システムです。 2ステップで経費精算を完了することが可能であり、経費精算申請者・経理担当者の作業時間を90.1%削減することができます。 660社以上が導入している実績を持ち、アプリで撮影された領収書のデータは、TOKIUM経費精算による2,000人のオペレーターによって入力され、99.9%という非常に高い精度を実現

経費申請·精算が劇的に効率化

TOKIUM経費精算はスマホでレシートを撮影して、撮影済のレシート·領収書を入れる(ポストに投函する)だけで経費申請が完了する手軽さのため、申請者の負担を大きく削減します。 また、約2,000人のオペレーターによる目視のチェックでAIを凌駕する自動入力精度を実現するため、経理担当者がいちいちレシートを書類に貼り付けたり書類に手書き、PCで入力する手間も省略されます。

ペーパーレス化を実現

提出された領収書をファイリングして保管しておくスペースがなかなか確保できない、だんだんと増えてくる書類にオフィスのスペースが圧迫されているという悩みもTOKIUM経費精算が解決してくれます。 スマホで撮影したレシートをポストに投函することで、回収され、経費申請データと領収書原本の突合点検を行なってくれるだけでなく、保管した上で一定期間経過後の廃棄までを代行してくれるため、オフィスに領収書が貯まることがありません。

クレジットカード明細も交通費も簡単に申請できる

TOKIUM経費精算と法人クレジットカード·個人クレジットカードを連携させることで、利用履歴から直接経費の申請ができるようになります。 手入力をする必要がなくなるため、効率化だけでなく、申請ミスや不正な入力の防止にもつながります。 また、モバイルSuicaやモバイルPASMOと連携させれば、乗車履歴から簡単に経費の申請、精算ができるようになり、面倒だった交通費精算にかける時間が大きく短縮されます。

MAJOR FLOW Z CLOUD

(5)

月額費用30,000円無料お試し無料デモサイトあり
初期費用50,000円ユーザー追加料金10,000円

MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算とは、パナソニックネットソリューションズ株式会社が運営しているWeb経費精算システムです。経費の申請から支払いまでをWeb上で一元管理できることから、経理業務の効率化が期待できます。

乗換案内と連携できる

MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算は、ジョルダン社が提供している「乗換案内」と連携可能です。 連携させることで、乗換案内で使用した経路や運賃などの情報をMAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算に自動的に反映させることができるようになるため、申請書をわざわざ手入力する手間から解放されます。

交通系ICカードと連携可能

電車などの交通機関を使用する際には、ほとんどの人がSuicaなどの交通系ICカードを利用しますが、MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算に対応したカードリーダーを導入すれば、交通系ICカードの情報を手間なくシステムに取り込むことができます。

海外出張にも対応

MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算では、海外出張時に使用した外貨の精算も可能です。 円貨と外貨どちらを使用している場合にも対応しており、複数の申請書を作成する手間はかかりません。為替レートは、経費発生時にあわせて自動で計算できる利便性の高さです。

経費精算の製品をまとめて資料請求

バクラク経費精算のおすすめポイント

業務効率化が可能

バクラク経費精算は、複数の領収書を一括でアップロードすることができ、AI-OCRによって自動データ化することができるため、業務効率化を可能とします。

面倒であった交通経路の検索も、過去の履歴を利用できるため、手入力が発生せず、クリックだけで完結することができます。

経費の内訳によって必要な項目を柔軟に変えてくれるため、ミスを減らすことができるだけでなく、改正電子帳簿保存法対応のため、わざわざ経費申請のために出社する必要もなくなります。

承認者の抜け漏れを防止

経費精算について承認者側で想定される課題としては、「コア業務に圧迫されて承認時間を確保できない」、「承認/却下のために稟議情報を遡るのが大変」、「領収書を確認するために出社する必要がある」といった点が挙げられます。

バクラク経費精算は、ビジネスチャットツールのSlackとの連携が可能で、承認が必要な場合は通知が飛ぶため、確認漏れがなくなります。

また、オールインワンの稟議ツールのため、以前の稟議情報も簡単に遡ることができ、テレワーク中でも簡単にデータの確認が可能です。

経理部門の負担を軽減

これまでは経理部門と申請者・承認者側に業務理解度の差があったため、経理処理を行う上で何度も確認作業が発生する場面もありました。

バクラク経費精算は、勘定科目と税区分に紐づく内訳に対して、必要項目設定やアラート設定ができるため、手作業の確認をなくすことができます。

バクラク経費精算のより詳しい内容を知りたい方はこちら

バクラク経費精算と類似の資料をダウンロードする

バクラク経費精算の主要な機能

バクラク経費精算に搭載されている主な機能を紹介します。

  • 領主書読み取り特化のAI-OCR:複数のレシートや領収書を一括でアップロード
  • 申請ミス・不正申請防止機能:領収書の使い回し自動判定など
  • チャットツール連携:Slackとの連携が可能
  • 稟議との紐付け:汎用ワークフロー機能で事前の稟議との紐付けも可能
  • 電子帳簿保存法:領収書にタイムスタンプを付与
  • 交通費精算:過去の検索履歴からクリックだけで交通経路検索も可能
  • 自動仕訳と会計ソフト連携:申請情報をもとに会計ソフトに合わせた仕訳を作成
  • 請求書支払いにも対応:バクラク申請とバクラク請求書
  • 給与ソフト連携:給与ソフトに取り込むための従業員ごとの精算額出力などが可能

※一部の利用にはオプション契約が必要な場合があります

交通系ICカードの利用履歴取り込み機能について

機能のリリース背景

バクラク経費精算では、新たに交通系ICカードの利用履歴取り込み機能をリリースしました。

既に、交通費の経路検索から明細を作成し申請する機能は実装していましたが、月末に交通費を精算する際にその月の予定表を見返して経路を検索するなどの手間が発生していたこともあり、今回の機能がリリースされました。

機能の概要

交通系ICカードをアプリで読み込むことで、利用・支払履歴を取り込んで申請することが可能となります。

わざわざ交通費や経路を検索する手間がゼロとなるため、これまで以上に交通費の精算を効率化することができます。

交通系ICカードの取り込みから経費精算申請までがアプリで関係し、取り込んだ利用・支払履歴から申請する履歴を選択できるため、公私混合利用のカードでも安心です。

また、一度申請した利用履歴は再度の申請ができなくなるため、誤って重複した申請をすることもありません。

ICカードは、Suica(モバイルSuica※) / PASMO(モバイルPASMO※) / Kitaca / TOICA / ICOCA / manaca / nimoca / はやかけんに対応しています。

バクラク経費精算の料金·価格

バクラク経費精算の料金は、下記の通りです。

  • 初期費用:0円
  • 月額使用料:20,000円(税抜き)〜

また、希望に応じて各種ワークフロープランやセキュリティオプション、電子帳簿保存法対応オプションなどが設定できます。

トライアルも可能なため、気になった方は問い合わせてみると良いでしょう。

※価格情報は、2022年8月時点のもの

バクラク経費精算の評判

バクラク経費精算のいい評判・口コミ

バクラク経費精算では、以下のような良い口コミ・評判がありました。

バクラク経費精算の良い口コミ・評判

・UIが見やすいので、スムーズに導入できる。

・AI-OCRで効率化できる上に電子帳簿保存法にも対応している。
・交通費の精算も交通費検索機能で簡単に行える。

バクラク経費精算の良い口コミとして、業務の効率化ができたという声が多くありました。これまで手作業でやっていた部分が自動化される上に、読み取りもスピーディーなのでストレスなく使えるところも高評価の理由のようでした。また、開発陣がユーザーの声をしっかり受け止めて、すぐに開発に反映してくれるところも好評でした。

バクラク経費精算のより詳しい内容を知りたい方はこちら

バクラク経費精算と類似の資料ダウンロードする

バクラク経費精算のその他評判・口コミ

バクラク経費精算では、その他に、以下のような口コミ・評判がありました。

バクラク経費精算のその他口コミ・評判

・領収書を一気にスマホで読み込もうとするとアプリが落ちてしまう。
・申請フォームが多いと使いづらく感じてしまう。
・料金体系が定額なので少人数の企業だとコストが割高。

バクラク経費精算の悪い口コミとして、経費の高さに対する不満の声がありました。月額費用が2万円からの定額になっているため、従業員が少ないとどうしても割高に感じてしまうようです。また、支払い方法も年間契約での一括払いとなっているため、導入時にある程度の予算が必要になります。また、スマホアプリの安定性を求める口コミもありました。

バクラク経費精算を導入した結果は?

バクラク経費精算を導入した結果に関しては、以下のような評判・口コミがありました。

バクラク経費精算を導入した結果に関する評判・口コミ

・これまで手打ちだったのが自動入力になったため、事務作業時間が大幅に短縮された。

・スマホを使って申請や承認の作業ができるため、業務の滞りがなくなった。

・煩雑化していた申請が一本化されたため、管理者として把握しやすくなった。

バクラク経費精算を導入した結果、作業にかかる時間が大幅に短縮されたという感想がありました。これまで手作業で時間をかけてやっていた部分が自動化されるため、かなりの時間短縮になり、その分を別の作業に充てることができるようになったようです。また、スマホにも対応しているため、時間場所を問わず承認・申請ができるのもスムーズに業務を進める上でポイントのようでした。

バクラク経費精算の改善希望ポイントは?

バクラク経費精算に関しては以下のような、改善希望ポイントがあるようです。

バクラク経費精算で改善して欲しいポイント

アプリが落ちることがあるので安定性を高めてほしい。
・2段階認証の設定に手間がかかるのが面倒だった。
・Slackに対して申請状況の通知がこないことがあるので改善してほしい。

バクラク経費精算への改善希望ポイントとして、Slackへの通知について触れている口コミがありました。Slackと連携しているにも関わらず通知がこなかったり、その反対に一日中ずっとSlackの通知が届くことも不満として挙げられてました。リアルタイムではなく、1時間に1回まとめて通知するなどの機能があればいいという声もありました。

バクラク経費精算のより詳しい内容を知りたい方はこちら

バクラク経費精算と類似の資料ダウンロードする

バクラク経費精算の口コミ

わかりやすいUI/UXで使いやすい

“高齢の方でも無理なく使いこなせるUI/UXで設計されているため、導入に時間はかかりませんでした。OCR機能で自動入力でき、読み取りにかかる時間もストレスがありません。これまでアナログに運用していた部分を、OCR機能によって自動化できただけでなく、書き間違いなどのミスを削減できたこともよかったです。会計ソフトとの連携も可能なため、一連の仕訳まで一元化出来て圧倒的に処理時間が短縮できました。”(匿名希望)

乗り換えがスムーズでした

“他社製品からの乗り換えだったのですが、初期設定が非常に楽で、スムーズに乗り換えることができました。承認時は一画面内で必要な事を全て確認でき、申請側からもOCRの精度が良いと好評です。もちろん、管理側の承認負担が大きく減ったことも導入メリットだと感じています。”(匿名希望)

コーポレートから成長を後押しする。事業部が全力投球するために選んだ先回り

“個人的には稟議申請の消化率が見える点が一番のポイントだと思っています。

例えば、100万円の稟議申請があって、色々なタイミングで支払の報告が入ってきて、自分が承認する場面があります。一つ一つの支払申請は確認できるけど、全体の予算に対してどのくらい消化しているのか?という点は今までわかりにくい点でした。

実際、100万円でバッファを含めて申請したけど利用したのは50万円だった、みたいなケースもありますよね。使わなかった分、別でもっと投資できたよねと言うケースです。

バクラクは視覚的にもどこまで消化しているのかわかりやすいですし、承認者としては申請額(予算)と利用額(支払い金額)の両方が見えるのがいいです。

今までの稟議システムは「木を見て森を見ず」でしたが、バクラクは「木も見てかつ森も見られる」システム、全体感がわかるシステムですね。”(株式会社タイミー)

あらゆるワークフローをバクラクで一元管理。自由度の高い経路設定とSlack連携でスピーディな承認を実現

“バクラク申請のSlack連携機能はとても便利なので、Amazonの購買申請や、クレジットカードの発行申請、電子署名送信など、さまざまなワークフローにバクラク申請を活用しています。

以前は、申請承認後に別途Slackで作業依頼をすることもあったのですが、申請承認後の作業者も承認経路に入れることで、やり取りの手間を減らしています。

また、承認経路が実態に合わせて柔軟に設定できる点はいいですね。他社ツールだと、実態に合わせた承認経路の条件分岐などができませんでした。

たとえばバクラク申請では、ひとつの承認ステップに複数名を設定することもできます。

弊社では販売のワークフローにもバクラク申請を使っていて、反社チェック・与信・値引きなどのステップがあります。これを順番に承認していると時間がかかりますが、バクラクでこの複数ステップをひとつにまとめたので、順番に関係なく必要な承認が同時に得られるようになりました。スピードが大事なベンチャー企業なので、助かっています。”(株式会社iCARE)

バクラク経費精算のXの口コミ

バクラク経費精算のアプリについて

スマホ向けアプリを提供

バクラク経費精算では、iOS・Androidに対応したスマートフォンアプリを提供しています。

PCが利用できない環境でも、手元のスマートフォンから手軽に経費精算や稟議、申請などの業務が可能となります。

アプリの対応範囲

スマートフォン向けアプリでは、撮影して領収書を一括でアップロードすることが可能です。

自動でデータ化してくれるため、毎月の経費精算業務を大きく効率化することができます。

また、見積書・請求書・領収書の自動データ化機能、交通経路の自動検出、各種稟議・経費精算の申請といった機能も搭載しています。

バクラクシリーズとの組み合わせでさらに効率化

バクラク経費精算は、バクラク申請やバクラク請求書といったシリーズ製品を合わせて利用することで、請求書を伴う支払い申請などにも対応可能となります。

バクラクシリーズについては、下記の記事も参考にしてください。

バクラク経費精算の詳細について

バクラク経費精算について、おすすめのポイントや導入事例などを紹介させていただきました。

これまで締め日間近に申請される大量の経費精算に頭を抱えていた経理担当者も、申請すべき領収書に時間を取られていた申請者も、バクラク経費精算を導入することで、大きな業務効率化が期待できます。

バクラク経費精算のサービス詳細については、ぜひ資料ダウンロードをお願いします。

    その他の関連する記事

    これは 経費精算 の製品です。
    経費精算 の製品をまとめて資料請求

    口コミや導入事例・評判について

    満足度

    手入力の手間が省けて作業時間を短縮

    良い点

    バクラク経費精算を導入したことで、月に数百枚あった領収書の手入力作業がなくなりました。電車で移動した際の交通費清算でも交通費検索機能が付いているので楽にできます。これまでの作業は何だったのだろうと思ってしまいました。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    入力作業の手間が省けただけでなく、申請や承認の作業も外からでもアプリを使えばスマホからいつでもできるので、滞ることなく清算業務が進むようになりました。

    ※一部、公式サイトの導入事例等を参考にした内容が含まれます。

    このページには広告が含まれます