MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算の機能・料金は?経費精算業務の効率化に

最終更新日 

月末になると、大量の経費精算書が申請されて、担当者が遅くまで残業しても、なかなか作業が終わらないという企業は多いのではないでしょうか。

MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算は、経費精算が劇的に変わるサービスとして今注目を集めています。

MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算とは

MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算とは、パナソニックネットソリューションズ株式会社が運営しているWeb経費精算システムです。

経費の申請から支払いまでをWeb上で一元管理できることから、経理業務の効率化が期待できます。

経費精算の担当者だけでなく、承認状況の可視化ができるため、管理職にも導入メリットがあるサービスと言えます。

MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算の特に優れている点

乗換案内と連携できる

MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算は、ジョルダン社が提供している「乗換案内」と連携可能です。

連携させることで、乗換案内で使用した経路や運賃などの情報をMAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算に自動的に反映させることができるようになるため、申請書をわざわざ手入力する手間から解放されます。

交通系ICカードと連携可能

電車などの交通機関を使用する際には、ほとんどの人がSuicaなどの交通系ICカードを利用しますが、MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算に対応したカードリーダーを導入すれば、交通系ICカードの情報を手間なくシステムに取り込むことができます。

人の手による入力では手間がかかるだけではなく、入力ミスなどのヒューマンエラーが起こる可能性もありますが、交通系ICカードを読み込むことができるMAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算であれば、このような心配もいりません。

なお、交通系ICカード連携はJR東日本グループのサービス「transit manager」 を利用しています。正規の駅データが提供されるため、駅情報の更新や路線変更にも即対応されるので安心です。

海外出張にも対応

MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算では、海外出張時に使用した外貨の精算も可能です。

円貨と外貨どちらを使用している場合にも対応しており、複数の申請書を作成する手間はかかりません。為替レートは、経費発生時にあわせて自動で計算できる利便性の高さです。

MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算は、このような人におすすめ

紙やエクセルで経費精算を管理している人

紙の管理では、申請書の紛失や記入漏れなど管理に手間がかかることも少なくはありません。また、申請書の情報を手入力でExcelに打ち込むのも、手間と打ち間違いのリスクがあります。

MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算であれば、交通系ICカードからの情報取得や乗換案内との連携でペーパーレス化、入力の工数の削減を実現することができます。

承認状況が可視化できていない人

MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算を導入することで、従業員からの申請がPCだけでなく、スマホからも確認·承認できるようになります。

承認ルートの可視化、支払い予定日が一覧で確認できるため、承認漏れが起きる可能性を大きく減らすことができます。

MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算の主要な機能・特徴

日当·宿泊費の自動計算

  • 等級、役職に応じた日当計算
  • 問い合わせの手間を削減

従業員の等級にあった日当や宿泊費を自動的に計算することが可能なため、計算ミスによる修正や確認作業の手間を削減できます。正確な金額が計算されることで、従業員からの金額に対する問い合わせの減少にもつながります。

定期期間の自動控除

  • 事前登録で該当区間の運賃を自動控除
  • 交通費の過払いを防止

MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算では、予め定期区間を登録しておくことで、該当区間の運賃を自動で控除することが可能です。

定期区間控除の登録を行っていれば、申請した内容に定期区間控除が含まれている場合でも控除済のアイコンが表示されるため、わざわざチェックする必要がありません。交通費の過払い防止にもつながります。

交際費と会議費の振り分け

  • 人数と金額で1人あたりの単価を算出
  • 自動算出で確認の手間を削減

MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算の交際費精算機能では、人数と合計金額から1人あたりの単価を自動的に算出してくれます。

面倒な計算作業を効率化できるだけでなく、交際費と会議費の振り分けが自動化されるため、大きな業務効率化が可能となります。

MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算の料金·価格

MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算では、一定のユーザー数までは定額で利用できる料金体系を採用しています。

  • 初期費用:50,000円
  • 月額料金:30,000円(50ユーザーまで)
  • ユーザー追加料金:月額10,000円(50ユーザー)
    ※2021年2月現在/詳細は要問い合わせ

この金額には乗換案内との連携機能やクレジットカード連携、添付ファイルの機能が含まれています。

また、実際にMAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算を試してみたいという方のために無料で試すことができるデモサイトを提供しているため、十分に使用感を試してから導入することができます。

経費精算システムは、利用するユーザー数に応じて従量課金が発生するものが多いため、一定の人数まで定額で利用することができるMAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算は、利用人数が多い場合にはコストパフォーマンスに優れているため、特におすすめです。

MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算のその他のおすすめ機能

事前申請/精算機能

  • 事前申請して承認された内容を引き継いだ精算書の起票が可能
  • 事前の許可伺いにも活用可能

テンプレート機能

  • よく利用する内容をテンプレート登録
  • 過去に使用した申請内容をコピー

拠点管理機能

  • 拠点ごとに経理担当者が処理できる伝票を設定
  • 管理者は全ての伝票を確認可能

MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算を試してみよう

MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算は、経費精算担当者が欲しかった機能が豊富に搭載されています。

手間が多かった経費精算業務を効率化できることで、スムーズな経理業務を実現して担当者の負担を軽減することができます。

実際に使用感や機能を試すことができる無料のデモ、トライアルサイトが用意されているため、経費精算業務の強い味方であるMAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算を体験して、是非導入を検討してみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部