SAPconcurの料金・評判・口コミについて

更新日:

    SAPconcurは、経費精算のペーパーレスを掲げ、書類の作成や管理業務を自動化することに成功しています。
    モバイルアプリを使った画期的な経費申請・承認システムが魅力です。

    ここでは、SAPconcurについてサービスの特徴や料金、評判・口コミまでご紹介していきます。

    SAPconcurとは?

    SAPconcurとは、企業における経費精算をクラウド上で一括管理できるサービスです。
    モバイルアプリを導入すれば領収書は写真に撮って添付するだけで提出は必要ありません。さらに経費規定と承認条件をロジック化して承認まで自動で行ってくれます。

    これにより経理担当の業務は大幅に削減され、コア業務へ専念できます。

    SAPconcurの特徴

    SAPconcurの特徴は以下3つです。

    請求書を一括管理

    SAPconcurでは、経費精算を自動化することで交通費や出張費、交際費などの請求書を一括管理できます。

    モバイルアプリを導入

    SAPconcurではモバイルアプリにより、移動中でも交通費や出張費の申請をすることができます。これにより書類作成から提出、確認、承認にかかっていた手間と時間を有効利用できます。

    外部ツールとの連携

    SAPconcurはじゃらんなどの外部ツールとも連携しています。じゃらんを通してホテルを予約した場合、後日じゃらんから企業に請求書が届くので、社員が立て替える必要はありません。

    SAPconcurの料金

    SAPconcurの料金設定は公開されていませんが、口コミによると初期費用は無料、月額は数万円〜数十万円となるようです。
    SAPが提供している別ツールを使用していれば割引になるという話もあります。

    SAPconcurの評判・口コミ

    SAPconcurの評判・口コミをご紹介します。

    良い口コミ

    ・海外の通貨や税率に対応しているので、外国籍企業には欠かせないツールといえる。
    ・スマホアプリがあるので、外出先から請求書を作成できる。
    ・領収書は携帯カメラで撮影したものを添付できるので非常に楽。

    悪い口コミ

    ・備え付けの機能が多くて少人数の企業では持て余してしまい、コストオーバーに感じた。
    ・サポートセンターの機能が整っておらず、慣れないうちはマニュアルから手探りで探すのが大変だった。

    口コミでは特にモバイルアプリについての良い評価が多く挙げられていました。

    SAPconcurをおすすめする企業

    SAPconcurは多機能で月額料金も数万円となるため、社員数の多い中小企業や大企業におすすめのサービスです。中でも外国籍企業には使いやすい面が多くあります。
    ぜひSAPconcurを導入して自社の業務改善にお役立てください。

    この製品は経費精算の製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    経費精算の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【経費精算】

        経理担当者·申請者の負担を大幅に軽減: TOKIUM経費精算

        (4.5)

        月額費用3万円〜無料お試し要お問合せ
        初期費用30万円導入実績660社

        「レシートをスマホで撮ってポストに投函する」2ステップで完了するペーパーレス経費精算サービス。保管・一定期間経過後の廃棄までを代行してくれるので、電帳法対応とペーパーレス化・リモートワーク化を実現できます。

        経費申請·精算が劇的に効率化

        TOKIUM経費精算はスマホでレシートを撮影して、撮影済のレシート·領収書をレシートポストへ捨てるだけで経費申請が完了する手軽さのため、申請者の負担を大きく効率化します。 また、データベースと約2,000人のオペレーターによる目視のチェックでAIを凌駕する自動入力精度を実現するため、経理担当者がいちいちレシートを書類に貼り付けたり書類に手書き、PCで入力する手間も省略されます。

        ペーパーレス化を実現

        提出された領収書をファイリングして保管しておくスペースがなかなか確保できない、だんだんと増えてくる書類にオフィスのスペースが圧迫されているという悩みもTOKIUM経費精算が解決してくれます。 スマホで撮影したレシートをTOKIUM経費精算へ投函することで、回収され、経費申請データと領収書原本の突合点検を行なってくれるだけでなく、保管した上で一定期間経過後の廃棄までを代行してくれるため、オフィスに領収書が貯まることがありません。

        クレジットカード明細も交通費も簡単に申請できる

        TOKIUM経費精算と法人クレジットカード·個人クレジットカードを連携させることで、利用履歴から直接経費の申請ができるようになります。 手入力をする必要がなくなるため、効率化だけでなく、申請ミスや不正な入力の防止にもつながります。 また、モバイルSuicaやモバイルPASMOと連携させれば、乗車履歴から簡単に経費の申請、精算ができるようになり、面倒だった交通費精算にかける時間が大きく短縮されます。

        経費の申請から支払いを一元管理: MAJOR FLOW Z CLOUD

        (4.5)

        月額費用30,000円(50ユーザーまで)無料お試しデモサイトあり
        初期費用50,000円ユーザー追加料金10,000円(50ユーザー)

        申請から支払処理までを一元管理できるWeb経費精算システム。Webブラウザで承認されたデータの計上処理や仮払・戻入金管理や支払業務が行なえます。会計システムや銀行オンラインシステムと連携可能。

        乗換案内と連携できる

        MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算は、ジョルダン社が提供している「乗換案内」と連携可能です。 連携させることで、乗換案内で使用した経路や運賃などの情報をMAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算に自動的に反映させることができるようになるため、申請書をわざわざ手入力する手間から解放されます。

        交通系ICカードと連携可能

        電車などの交通機関を使用する際には、ほとんどの人がSuicaなどの交通系ICカードを利用しますが、MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算に対応したカードリーダーを導入すれば、交通系ICカードの情報を手間なくシステムに取り込むことができます。

        海外出張にも対応

        MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算では、海外出張時に使用した外貨の精算も可能です。 円貨と外貨どちらを使用している場合にも対応しており、複数の申請書を作成する手間はかかりません。為替レートは、経費発生時にあわせて自動で計算できる利便性の高さです。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載