ビズトラの料金·評判·機能について

更新日:

    経費精算業務は、提出された書類をExcelなどに打ち込む手間がかかり、人が作業しているが故に入力ミスなども起きてしまいます。

    今回紹介するビズトラは、無料で利用でき、シンプルに経費精算ができることから注目されているサービスです。

    本記事ではビズトラの料金や特徴などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

    ビズトラとは

    ビズトラとは株式会社AIトラベルが運営している経費精算システムです。

    無料で利用でき、ユーザー数も無制限なため非常に導入のハードルが低い経費精算システムとして注目されています。

    Excelでの経費精算業務に追われていたという担当者の業務負荷を軽減してくれるため、月末などに大量の経費精算業務がたまってしまうという方にはおすすめなサービスとなっています。

    おすすめの類似経費精算ツール

    経理担当者·申請者の負担を大幅に軽減: TOKIUM経費精算

    (4.5)

    月額費用3万円〜無料お試し要お問合せ
    初期費用30万円導入実績660社

    「レシートをスマホで撮ってポストに投函する」2ステップで完了するペーパーレス経費精算サービス。保管・一定期間経過後の廃棄までを代行してくれるので、電帳法対応とペーパーレス化・リモートワーク化を実現できます。

    経費申請·精算が劇的に効率化

    TOKIUM経費精算はスマホでレシートを撮影して、撮影済のレシート·領収書をTOKIUM経費精算へ捨てるだけで経費申請が完了する手軽さのため、申請者の負担を大きく効率化します。 また、データベースと約2,000人のオペレーターによる目視のチェックでAIを凌駕する自動入力精度を実現するため、経理担当者がいちいちレシートを書類に貼り付けたり書類に手書き、PCで入力する手間も省略されます。

    ペーパーレス化を実現

    提出された領収書をファイリングして保管しておくスペースがなかなか確保できない、だんだんと増えてくる書類にオフィスのスペースが圧迫されているという悩みもTOKIUM経費精算が解決してくれます。 スマホで撮影したレシートをTOKIUM経費精算へ投函することで、回収され、経費申請データと領収書原本の突合点検を行なってくれるだけでなく、保管した上で一定期間経過後の廃棄までを代行してくれるため、オフィスに領収書が貯まることがありません。

    クレジットカード明細も交通費も簡単に申請できる

    TOKIUM経費精算と法人クレジットカード·個人クレジットカードを連携させることで、利用履歴から直接経費の申請ができるようになります。 手入力をする必要がなくなるため、効率化だけでなく、申請ミスや不正な入力の防止にもつながります。 また、モバイルSuicaやモバイルPASMOと連携させれば、乗車履歴から簡単に経費の申請、精算ができるようになり、面倒だった交通費精算にかける時間が大きく短縮されます。

    経費の申請から支払いを一元管理: MAJOR FLOW Z CLOUD

    (4.5)

    月額費用30,000円(50ユーザーまで)無料お試しデモサイトあり
    初期費用50,000円ユーザー追加料金10,000円(50ユーザー)

    申請から支払処理までを一元管理できるWeb経費精算システム。Webブラウザで承認されたデータの計上処理や仮払・戻入金管理や支払業務が行なえます。会計システムや銀行オンラインシステムと連携可能。

    乗換案内と連携できる

    MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算は、ジョルダン社が提供している「乗換案内」と連携可能です。 連携させることで、乗換案内で使用した経路や運賃などの情報をMAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算に自動的に反映させることができるようになるため、申請書をわざわざ手入力する手間から解放されます。

    交通系ICカードと連携可能

    電車などの交通機関を使用する際には、ほとんどの人がSuicaなどの交通系ICカードを利用しますが、MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算に対応したカードリーダーを導入すれば、交通系ICカードの情報を手間なくシステムに取り込むことができます。

    海外出張にも対応

    MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算では、海外出張時に使用した外貨の精算も可能です。 円貨と外貨どちらを使用している場合にも対応しており、複数の申請書を作成する手間はかかりません。為替レートは、経費発生時にあわせて自動で計算できる利便性の高さです。


    ビズトラの機能·特徴

    シンプル設計でコストをかけずに利用できる

    ビズトラはシンプルなUIで設計されているため、経費精算業務の経験が浅い方でも利用することができ、特定の人にしか使いこなせないという属人化を防止します。

    申請から承認までをスムーズに進められることを第一に複雑な機能を省いた設計となっているためPCの操作が苦手という方でも安心して利用することができます。

    特徴的なのは無料で利用できるためコストをかけずに経費精算業務の効率化ができる点です。

    ユーザー数は無制限に利用することができるため、社員数が増えてもコストが増えるということがありません。

    経費申請の承認が効率化される

    ビズトラは煩雑化しやすい承認作業も効率化することが可能です。

    申請ワークフロー機能があるため社員一人の経費申請に対して直属の上司•上長から経理担当者まで一連の承認作業が管理画面上で確認することができます。

    申請内容に不備があった場合も簡単に差し戻しや経理担当者による変更ができ、承認済みの申請書はCSV形式でダウンロードすることも可能です。

    社員情報の登録も1名ずつ、CSVによる一括でも可能で社員情報の編集も簡単に行うことができます。

    出張手配も可能に

    ビズトラを提供しているAIトラベルでは、出張予約サービスも展開しており、このサービスを利用することで航空券やホテルなどの宿泊先の代行手配と同時に経費精算までが可能となります。

    2022年1月現在ではこの出張手配機能は近日リリース予定となっているため現状では利用できませんが、近いうちにより利便性を高めることができるでしょう。

    ビズトラの料金·価格

    ビズトラはユーザー数に関係なく無料で利用することができます。

    無料で利用できる代わりに広告バナーが表示されますが月額8,000円の広告非掲載オプションがあるため広告表示が気になる方はそちらも利用してみると良いでしょう。

    2022年1月現在/詳細は公式サイトを確認

    無料トライアルについて

    ビズトラは無料で利用できるため経費精算システムを初めて使うという方でもトライアル的に運用することができます。

    よくある質問

    機能カスタマイズは可能ですか?

    ビズトラはシンプルな設計を心がけているため多機能ではありません。多機能性をお求めの場合は他社様のシステムをご検討ください。

    サポート体制はどうなっていますか?

    ビズトラは無料サービスのためツールに関するサポートはございません。

    マニュアルはありますか?

    PDFにてご用意がございます。

    ビズトラで経費精算の効率化を

    ビズトラについてご紹介させていただきました。

    • 無料で利用することが可能
    • 利用人数は無制限
    • ワークフロー機能で承認から申請までを効率化

    上記の点から、経費精算システムの導入を検討しているがコスト面で折り合いがつかないという方や、ワークフロー機能が搭載sれている経費精算システムを探しているという方には特におすすめのサービスと言えるでしょう。

    本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

    画像·データ出典:ビズトラ公式サイト

      • qeee枠【経費精算】

        経理担当者·申請者の負担を大幅に軽減: TOKIUM経費精算

        (4.5)

        月額費用3万円〜無料お試し要お問合せ
        初期費用30万円導入実績660社

        「レシートをスマホで撮ってポストに投函する」2ステップで完了するペーパーレス経費精算サービス。保管・一定期間経過後の廃棄までを代行してくれるので、電帳法対応とペーパーレス化・リモートワーク化を実現できます。

        経費申請·精算が劇的に効率化

        TOKIUM経費精算はスマホでレシートを撮影して、撮影済のレシート·領収書をレシートポストへ捨てるだけで経費申請が完了する手軽さのため、申請者の負担を大きく効率化します。 また、データベースと約2,000人のオペレーターによる目視のチェックでAIを凌駕する自動入力精度を実現するため、経理担当者がいちいちレシートを書類に貼り付けたり書類に手書き、PCで入力する手間も省略されます。

        ペーパーレス化を実現

        提出された領収書をファイリングして保管しておくスペースがなかなか確保できない、だんだんと増えてくる書類にオフィスのスペースが圧迫されているという悩みもTOKIUM経費精算が解決してくれます。 スマホで撮影したレシートをTOKIUM経費精算へ投函することで、回収され、経費申請データと領収書原本の突合点検を行なってくれるだけでなく、保管した上で一定期間経過後の廃棄までを代行してくれるため、オフィスに領収書が貯まることがありません。

        クレジットカード明細も交通費も簡単に申請できる

        TOKIUM経費精算と法人クレジットカード·個人クレジットカードを連携させることで、利用履歴から直接経費の申請ができるようになります。 手入力をする必要がなくなるため、効率化だけでなく、申請ミスや不正な入力の防止にもつながります。 また、モバイルSuicaやモバイルPASMOと連携させれば、乗車履歴から簡単に経費の申請、精算ができるようになり、面倒だった交通費精算にかける時間が大きく短縮されます。

        経費の申請から支払いを一元管理: MAJOR FLOW Z CLOUD

        (4.5)

        月額費用30,000円(50ユーザーまで)無料お試しデモサイトあり
        初期費用50,000円ユーザー追加料金10,000円(50ユーザー)

        申請から支払処理までを一元管理できるWeb経費精算システム。Webブラウザで承認されたデータの計上処理や仮払・戻入金管理や支払業務が行なえます。会計システムや銀行オンラインシステムと連携可能。

        乗換案内と連携できる

        MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算は、ジョルダン社が提供している「乗換案内」と連携可能です。 連携させることで、乗換案内で使用した経路や運賃などの情報をMAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算に自動的に反映させることができるようになるため、申請書をわざわざ手入力する手間から解放されます。

        交通系ICカードと連携可能

        電車などの交通機関を使用する際には、ほとんどの人がSuicaなどの交通系ICカードを利用しますが、MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算に対応したカードリーダーを導入すれば、交通系ICカードの情報を手間なくシステムに取り込むことができます。

        海外出張にも対応

        MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算では、海外出張時に使用した外貨の精算も可能です。 円貨と外貨どちらを使用している場合にも対応しており、複数の申請書を作成する手間はかかりません。為替レートは、経費発生時にあわせて自動で計算できる利便性の高さです。

      執筆者  STRATE編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載