• SmartHRの料金·評判·機能について。年末調整が効率化できる?

    最終更新日 

     SmartHRとは?

    SmartHRとは、クラウド人事労務ソフトです。人事関連の業務を効率化し、「働き方改革」を推進するクラウドベースのソフトウェアで、入社手続・雇用管理から給与支払いまでをSmartHR上で一貫して完結することができます。

    面倒になりがちな人事労務関連手続きをペーパレス化し、効率性を上げるだけでなく、従業員情報を一元管理し、外部サービスとの連携・分析・レポート機能を利用できるなど、人事関連情報の効果的な利用を促進することができます。情報管理も、強固なサーバセキュリティ技術で個人情報の管理を適切に行うことができます。

    国内ではメルカリや楽天、テレビ朝日など有名企業が多数導入しており、全国の登録社数は30,000社以上という確かな実績をもっています。

    SmartHRの特徴

    従業員が常に最新データを入力、管理はSmartHR上で

    SmartHRは従業員データの収集から、非常に効率的に進めることができます。

    人事異動時のデータ更新や、頻繁なプロジェクト異動など、人事データはメンテナンスが大変です。しかし、SmartHRは人事マスターデータの入力を原則従業員側でスマホなどのモバイル端末で行い、人事部は入力されたデータを従業員名簿として一元的に管理できます。

    内定・入社があった時から、データを従業員側で入力できます。入社時点から一貫したペーパレス管理で業務効率が大幅にアップします。

    データ利用の効率性が極めて高い

    蓄積されたデータは、人事労務各種手続きに利用されます。ワークフローによるペーパレス申請の社内手続きだけでなく、入力情報を社保手続きに利用可能であり、外部の豊富なサービスとも連携が可能です。例えば給与計算ソフトとの連携で、給与明細の発行や年末調整までデータを参照して行うことができます。

    1つのデータに多くの手続きを紐づけるシステムデザインで、効率よく仕事を進め、データを何重にも入力・加工する手間は徹底的に省いています。

    SmartHRの機能紹介

    SmartHRは、データ入力・管理の手法に優れた特徴があるだけでなく、機能も多機能あるため、極めて多くの人事業務の工程を効率化することに成功しています。

    書類の自動作成機能・外部データインポート機能・外部サービス連携機能

    これらの機能の組み合わせで、入社の時の基本情報の取得から労働契約書・給与支払・社保関連・個人所得税関連(年末調整・扶養家族の異動申告など)すべてSmartHRで完結させることが可能です。

    人事事務担当者は、手続き事務の季節が来ると、提出書類の回収・書面の作成・関係者関係当局への連絡など多くの事務に追われることになりがちです。また、月末の業務は業務量も多く、期限のプレッシャーも強い中で進めなければなりません。

    こんな悩みの種の手続きをSmartHRの上記の3機能で大幅に効率化します。

    明細作成・発行機能

    給与明細・源泉徴収票のような明細書の発行も、Smart HRで自動発行できます。

    電子申請機能

    eGOV, eTax, eLTaxに対応

    社保・健保・雇用保険・国税・地方税の電子申請にも対応しています。来所手続きなしで申請を完了できます。

    さらに、マイナンバー管理に必要な自動アクセスログの取得が可能になっているなど、十分な安全措置を備え、多言語対応し外国人雇用の場合も想定しています。今まで人事の事務方が抱えてきた悩み事を一気に解決できる機能をそろえています。

    年末調整もお任せ

    労務担当者が煩わしいと感じる作業として挙げられがちなのが年末調整です。大量の用紙を印刷したり配布する手間がかかり、書き方や人によって項目が違うことから質問が殺到、なかなか提出してくれない従業員がいるなど悩みをあげればきりがありません。

    SmartHRでは質問に従って入力、集まった情報をCSVで一括出力、給与計算ソフトへの取り込み、給与明細と一緒にSmartHR上で配布、という簡単ステップで年末調整が完了します。入力はPCはもちろん、スマホからでもできるので忙しい従業員にもおすすめです。

    従業員ごとの進捗状況を可視化できるので提出が送れている従業員にはすぐに個別で対応することが可能になります。

    SmartHRの強み

    SmartHRの強みは、ズバリ、外部連携先の豊富さです。

    勤怠管理・採用管理・クラウド給与計算・チャットサービス・評価管理の各領域で主要サービスと連携しています。これらのサービスからのデータ利用が可能で、さらに書類作成・申請につなげることができます。SmartHRをプラットフォームとして、他のアプリケーションを利用するような使い方も可能です。各アプリケーションをもっと便利に、あたかも人事のアウトソーサーのように利用することが可能です。

    API連携について

    SmartHRはAPI連携させることでさらに業務を効率化することが可能です。連携できるサービスとしては以下のようなものが挙げられます(一部サービスについてはサービス先に要問い合わせ)。

    サービス名サービス種類連携概要
    マネーフォワード クラウド給与クラウド型給与計算ソフト従業員データの取込
    給与データの取込
    年末調整の申告情報の取込
    人事労務freeeクラウド型給与計算ソフト従業員データの取込
    給与明細情報の取込
    KING OF TIMEクラウド勤怠管理システム従業員データの取込
    Touch On Timeクラウド勤怠管理システム従業員データの取込
    ジョブカンクラウド勤怠管理システム従業員データの取込
    Talentio採用管理システム従業員データの取込 ※
    HERP Hire採用管理システム従業員データの取込 ※
    Slackチャットツール通知の受取
    チャットワークチャットツール通知の受取
    Microsoft Teamsチャットツール通知の受取

    SmartHRの価格·料金プラン

    プラン名プロフェッショナルプランスタンダードプランスモールプラン
    料金要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ
    人事情報管理
    自動書類作成
    電子申請
    ペーパーレス年末調整
    マイナンバー管理
    Web給与明細
    履歴閲覧・編集
    履歴登録
    申請・承認
    カスタム社員名簿
    多言語化対応
    ラクラク分析レポート有料オプション有料オプション
    従業員サーベイ(9月リリース)有料オプション有料オプション
    専任担当者ありあり(従業員50名以上)あり(従業員50名以上)
    導入サポートコンテンツありありあり
    カスタマーサポートチャットチャットチャット

    SmartHRの料金プランはプロフェッショナルプランとスタンダードプラン、スモールプランの3つが提供されています。いずれのサービスも料金についてはお問い合わせが必要です。

    ¥0プラン

    利用人数30名までの小規模事業の方に向けてSmartHRでは0円プランを提供しています。

    経営者が労務や給与についても担当しているような企業の負担を大きく減らせるように人事労務手続きに必要な機能だけが揃っています。こちらのプランはトライアル終了後も利用することができます。

    無料トライアルについて

    SmartHRではスモールプランを利用人数に関係なく15日間無料で使用することができる無料トライアルを実施しています。公式サイトから企業メールアドレス、パスワード設定、従業員数を選択するだけでトライアルを開始することができます。

    2020年9月現在/詳細は公式サイトを確認

    口コミ・利用企業の評判

    ペーパレス化を苦も無く達成。非常に効率的でよい

    最初、少ない対象人数で「試しに使ってみよう」ということで使ってみると、これもできる、あれもできる、というように応用の幅が広がって、現在では人事手続全般に使っている。

    他部署でもペーパレス化のプロジェクトを行っているが、Smart HRを入れたことで2か月足らずの短期間でペーパレス化を達成してしまった。手続きやペーパレス・マイナンバーで面倒さを抱えるのであれば、試しに使ったらよいと思う。

    (人事部員/30代)

    UIがシンプル、わかりやすくてよい

    マニュアルなどなく、すぐに使えるところが楽。給与計算ソフトとのAPI連携はできず、CSVでエクスポートしてから運用した分時間が少しかかった。しかし、操作自体は難しくなくて、意外と早く作業を終えられた。

    (人事部員/20代)

    類似サービスとの違いは?

    他の競合する労務管理ソフトというと、例えばJinger労務やジョブカン給与計算などが挙げられます。ただ、勤怠管理・給与計算にこれらは特化していると考えられるため、SmartHR のようなプラットフォームとしての利用には向きません。これに対して、社労士事務所のサービスと併用である、といった場合はSmartHRですと機能が多すぎてコストパフォーマンスの面で満足度が低くなることが考えられますので、Jinger労務・ジョブカン給与計算などの利用を検討するのもよいでしょう。

    なお、Jinger労務やジョブカン給与計算を使っている場合に、SmartHRの導入をすると、SmartHR上でデータを活かすことも可能です。

    画像・データ出典:SmartHR公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部