DirectHR(ダイレクトエイチアール)の料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
400円〜/ユーザー
初期費用
0円
無料お試し
あり
導入社数
非公開
これは 労務管理 の製品です。
労務管理 の製品をまとめて資料請求

従業員の雇用保険や社会保険の管理、年末調整などの業務効率化のために、人事労務向けの管理システムを導入する企業が多くなりました。
そこで、本記事では、クラウド型システムのDirectHRについて取り上げて、主な機能、特徴、料金プランなどをご紹介いたします。

DirectHRとは

DirectHRは、株式会社エムケイシステムが提供しているクラウド型の人事労務管理システムです。
従業員の入退社手続き、労務管理、マイナンバー管理など、人事労務業務に役立つ機能がいろいろと揃っています。
Web上で書類の閲覧もできるため、ペーパーレス化も実現できます。

DirectHRの特徴・機能

では実際にDirectHRにはどのような特徴や機能があるのでしょうか。
いくつか見ていきましょう。

電子申請ができる

DirectHRの特徴は、入社退社、転勤、介護休業などさまざまな申請手続きを電子化できることです。
簡単ナビゲート搭載でわかりやすいシステムとなっているため、ややこしい手続きもストレスなく進めることができます。

マイナンバー収集ができる

マイナンバー収集が可能なことも、DirectHRの特徴です。
社員へ招待メールを送信すると、本人が直接入力が行えるため、マイナンバーの収集・管理が効率化できます。
マイナンバーの閲覧や利用は、監査ログが残るシステムとなっているため、セキュリティ面での心配もありません。

公文書の管理ができる

DirectHRを使って、離職票、労災通知書などの公文書管理も行えます。
必要な書類を該当社員のmyboxへ入れておけば、社員はWeb上で閲覧可能となり、書類のファイリングや保管、郵送代や印刷代などの手間が省けるようになります。

WEB 給与明細配信機能

利用している給与システムから給与・賞与明細の CSV データを取り込む事で、従業員に給与・賞与明細書を WEB で配信できます。
配信された給与明細はパソコンやスマートフォンなどでどこからでも閲覧でき、印刷することも可能です。
明細書を紙で渡す手間を省くことができ、ペーパーレスにつなげられます。

雇用契約書兼労働条件通知書作成機能

2019年4月に行われた省令改正で労働条件通知書が電磁的方法によって提供できるようになりました。
DirectHRの雇用契約書兼労働条件通知書機能を使えば、雇用契約を電子化することができます。
雇用契約書を電子化すれば、雇用契約書を結ぶためにわざわざ出社する必要がなくなります。また印刷や郵送の手間もなくなるので契約書管理の効率化が可能になります。

外部連携

DirectHRには、外部連携機能も搭載されており、e-Govにも対応しています。
外部システムと連携させることで、より便利に活用できるようになります。

労務管理のおすすめ製品

WelcomeHR

(0)

月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

WelcomeHRとは、ワークスタイルテック株式会社が運営している労務管理システムです。入社手続きや雇用契約書の作成、従業員情報管理、年末調整といった紙を活用する業務を電子化し、業務効率化、スムーズな情報共有を実現することができます。また、多拠点・多店舗企業に特化した機能も利用可能です。

書類の電子化で業務を効率化

従来の労務管理業務では、契約準備から内定通知、書類の郵送といった紙を活用した業務が多く発生していました。WelcomeHRを導入することで、これらの手間と時間がかかる業務の工数を削減し、短時間で従業員情報を取得することができます。

必要な機能選んで利用できる

WelcomeHRは、必要な機能だけを選んで利用することができるアラカルト型のシステムです。「労務管理」、「給与明細」、「年末調整」、「社会保険」から自社にとって必要な機能だけを選んで運用できるため、コストを抑えた導入が可能となります。

スマホやタブレットから契約情報を更新

紙の契約管理から電子サインによる契約管理に移行することで、手間を削減し業務効率化につなげることができます。従業員の契約更新を一括管理し、採用や退職など、人の入れ替わりがあっても柔軟に対応することが可能となります。

freee人事労務

(4.5)

年額費用年額23,760円〜無料お試し要問い合わせ
初期費用0円最短導入期間1ヶ月〜

freee人事労務とは、freee株式会社が運営している人事・労務業務の一元管理を可能とするクラウドツールです。 年末調整や勤怠管理、給与計算機能といった労務業務を一元化することができます。

あらゆる人事情報を一元化

従来のシステムでは、業務やシステムごとにバラバラになってしまった人事情報が、freee人事労務を導入することで一元管理できるようになります。 入退社処理や身上変更によって蓄積された従業員データを勤怠申請や給与計算など、幅広い業務に活用して業務効率化を実現します。

幅広い業務をペーパーレス化

freee人事労務は、勤怠から給与計算、年末調整まで、幅広い業務のペーパーレス化を実現します。 紙でやりとりしていたものがオンラインで完結するようになるため、ペーパーレス化によるコストカットが期待できます。

業務の抜け漏れを防止

freee人事労務にはアラート機能が搭載されており、タスクを登録しておくことで抜け漏れをゼロにすることができます。 アラート通知がされることで、やるべきことが可視化されるだけでなく、イレギュラーな業務が発生した場合もfreeeがお知らせしてくれるため安心です。

HRBrain労務管理

(4.5)

月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間1ヶ月〜2ヶ月

HRBrain労務管理とは、株式会社HRBrainが運営している労務管理システムです。 人事労務業務のペーパーレス化や業務効率化ができる点はもちろん、人材データの一元管理までをワンストップで実現できるとして、これまで1,000社以上をサポートしてきた実績があります。

煩雑な人事労務業務をシンプルに

HRBrain労務管理は、オンライン上で従業員データの収集や管理、更新手続きといった人事労務業務を完結することができます。 これまで時間がかかっていた入退社の手続きといった書類作成も、システム上で完結できるため、ペーパーレス化につながります。

データの一元管理までがワンストップで実現できる

HRBrain労務管理は、労務担当者だけでなく、従業員の工数も削減することができます。 従業員が入力したデータを自動で蓄積、常に最新の人材データベースを活用することが可能となります。 人事労務業務の効率化から人材データの一元管理までが、ワンストップで実現できます。

手厚いサポート体制

HRBrain労務管理は、初めて労務管理システムを導入する方はもちろん、既に利用しているサービスからの乗り換えを検討している方にもおすすめです。 初期設定や操作方法に関する懇切丁寧なサポートを提供しています。

労務管理の製品をまとめて資料請求


DirectHR導入のメリット

DirectHRの強みは、スマートフォンでも利用できることです。
iPhoneとAndroidの両方に対応しており、従業員は自分のスマートフォンから情報閲覧や操作を行うことができます。
また、DirectHRは、セキュリティがしっかりしているという強みもあるのです。
二段階認証やSSL暗号化通信などを採用しているため、社員の個人情報、社外秘などの重要な情報も安心して取り扱えます。
DirectHR上には操作ログも残るシステムとなっていますので、定期的に操作履歴を確認することで、不正操作も防ぎやすくなります。

DirectHRの価格・料金プラン

DirectHRの1ユーザーあたりの月額料金は400円です。
初期費用、更新費用はかかりません。
501名様以上で利用する場合には別途見積もりが必要です。
公式サイトのフォームから、無料トライアル版のお申し込みもできます。
詳細な料金については、要問い合わせです。
2021年3月現在/詳細はDirectHRの公式サイトを確認

DirectHRの注意点

DirectHRの注意点としては、マイナンバーの一括登録ができない点が挙げられます。

1名ずつ登録しなければいけないのでその分の手間はどうしてもかかってしまうでしょう。

ですが、労務管理における基本的な機能は揃っているので担当者の負担を軽減してくれるサービスであることは変わりません。

DirectHRの導入事例・評判

現在、調査中です。

DirectHRの給与明細機能について

現在使っている給与システムから給与・賞与の明細を CSV データで取り込む事により、従業員へ給与・賞与の明細書をWEBで配信することができます。受け取った従業員はスマートフォンやパソコンで明細を閲覧できるだけでなく、給与・賞与の明細書を印刷して紙ベースで管理可能です。企業にとっては紙で給与・賞与の明細書を発行せずに済むため、印刷や送付の手間を省くことができます。

給与・賞与明細書が簡単な操作でWEB配信できる

DirectHRを利用することで、給与・賞与明細書が簡単な操作でWEB配信できます。給与明細機能のメリットは以下の通りです。

・会社や自宅でいつでも給与・賞与明細書を閲覧できる
・明細書を印刷したり、手渡す手間を省ける
・非接触で給与・賞与明細書を従業員に渡せる
・給与・賞与明細書を紙で保管する必要性がなくなる

現在使っている給与計算システムからCSV形式データを取り込める

現在使っている給与計算システムと連携することができ、CSV形式データを取り込むことで簡単に給与・賞与の明細書をDirectHR内で作成できます。給与計算システムとDirectHRの項目を一度紐付ければ、2度目からは自動で反映され、簡単に従業員へ送信できます。

過去の給与・賞与明細書は3年間閲覧可能

DirectHRに取り込んだ給与・賞与明細書は3年間いつでも閲覧可能です。そのため、紙に印刷して保管する必要がありません。ただし3年間と期限が決まっているため、さらに長期間保管したい人はCSV形式データをエクスポートし、社内のPCで管理しましょう。

DirectHRの年末調整機能について

4,000社以上、約40万人の年末調整データを収集した年末調整システム「eNEN」の全機能がDirectHRに搭載されています。この機能を使うことで年末調整に必要な扶養控除申告書や住宅控除申告書などの書類を従業員1人1人へ配布したり回収する必要がありません。また、年末調整書類のデータ入力も自動で行われます。

従業員に合わせて2種類の入力方式が準備されている

DirectHRの年末調整データ入力方式は、「ウィザード⽅式」と「プロセス⽅式」の2種類があります。パソコンやスマートフォンの操作に慣れていない方はウィザード⽅式を、これまでの申告書のように入力したい従業員はプロセス方式を使うことをおすすめします。

豊富な管理者機能で年末調整の進捗を把握できる

年末調整書類の提出状況がリアルタイムで反映され、グラフを見れば一目で把握できます。管理者は回収状況の進捗を見ながら業務を進めることができるため、従業員へ確認をする手間を省くことができるでしょう。また、部署単位で細かく管理できるため、企業の規模に関係なく利用できます。

類似サービスとの比較

DirectHRと類似したサービスとしては、株式会社Donutsが提供しているジョブカン労務管理があります。
ジョブカン労務管理の月額料金は、1ユーザーあたり400円です。
サポートや初期費用などはかかりません。
機能としては、帳票作成、電子申請、進捗管理、マイナンバー収集・管理などを搭載しています。
ジョブカン採用管理などほかのシリーズと連携できることも、ジョブカン労務管理の特徴です。

DirectHRを含むおすすめの労務管理システム比較

労務管理システムについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

この製品に関連する動画を紹介

DirectHRで人事労務業務の効率化と社内のペーパーレス化を

DirectHRは、さまざまな書類の電子申請、マイナンバー収集、スマートフォン対応などを搭載した人事労務管理システムです。
無料トライアル版もありますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

画像・データ出典:DirectHR公式サイト

DirectHRの評判・口コミ

(3.5)

※各種ITツール・SaaS製品口コミサイトの平均の点数を一部参考にしています。

DirectHRの良い評判・口コミ

・必要に応じて過去の明細も遡ってデータ化できる。

DirectHRのその他の評判・口コミ

現在、当製品の口コミを募集しております。

DirectHRを導入した結果に関する評判・口コミ

現在、当製品の口コミを募集しております。

      その他の関連する記事

      これは 労務管理 の製品です。
      労務管理 の製品をまとめて資料請求
        • 労務管理

          類似サービス: 労務・給与アウトソーシング

          (4.5)

          月額料金50,000円〜無料お試し要問い合わせ
          初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

          社会保険労務士法人ADEPTが展開している労務・給与アウトソーシングは、企業の実態を把握して整理、労務環境の改善を実現します。 「将来のビジョンを具体的に描いておらず、不安がある」、「労務管理における課題が明確になっていない」、「労務管理の方法がわからない」、「従業員が働きやすい環境を構築したい」といった課題を感じている方におすすめのサービスです。

          課題を明確化

          労務・給与アウトソーシングでは、導入企業ごとの課題を明確にするために、現状の確認・対応度の診断を行なっています。 「労働条件の通知」、「求人」、「賃金台帳」、「就業規則」、「雇用保険」のような項目に沿って質問を行い、「はい」、「いいえ」、「不明」、「対象外」といった回答をすることで、企業ごとの課題を明確にして、最適な対応を実現します。

          給与管理を効率化

          労務・給与アウトソーシングでは、給与関係にクラウド型の労務業務の管理サービスを利用しており、管理や更新はADEPT側で対応してくれるため、企業側に手間が発生しません。 人事担当者へIDを付与するのでいつでもリアルタイムに社員情報や賃金台帳などを閲覧してダウンロードすることができます。

          豊富なオプションサービスを用意

          労務・給与アウトソーシングでは、「労務顧問」、「従業員用問い合わせ窓口」、「勤怠システム導入」、「勤怠集計作業」、「勤怠チェック」のようなオプションを用意しています。 導入企業の要望に応じて柔軟に対応することが可能です。

          類似サービス: freee人事労務

          (4.5)

          料金年額23,760円〜無料お試し要問い合わせ
          初期費用0円最低導入期間1ヶ月〜

          freee人事労務とは、freee株式会社が運営している人事・労務業務の一元管理を可能とするクラウドツールです。 年末調整や勤怠管理、給与計算機能といった労務業務を一元化することができます。

                 

          あらゆる人事情報を一元化

          従来のシステムでは、業務やシステムごとにバラバラになってしまった人事情報が、freee人事労務を導入することで一元管理できるようになります。 入退社処理や身上変更によって蓄積された従業員データを勤怠申請や給与計算など、幅広い業務に活用して業務効率化を実現します。

          幅広い業務をペーパーレス化

          freee人事労務は、勤怠から給与計算、年末調整まで、幅広い業務のペーパーレス化を実現します。 紙でやりとりしていたものがオンラインで完結するようになるため、ペーパーレス化によるコストカットが期待できます。

          業務の抜け漏れを防止

          freee人事労務にはアラート機能が搭載されており、タスクを登録しておくことで抜け漏れをゼロにすることができます。 アラート通知がされることで、やるべきことが可視化されるだけでなく、イレギュラーな業務が発生した場合もfreeeがお知らせしてくれるため安心です。

        このページには広告が含まれます

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載