Zoho Peopleの料金·評判·機能について。無料でずっと使える?

最終更新日 

従業員数が増えるほど大変になるのが人事労務管理です。
ワークスタイルの多様化や拠点が多い、さまざまな言語の外国人スタッフがいるなど人材が多様化する中で、人事労務管理に頭を悩ませている企業は少なくありません。
業務効率化と従業員の利便性を高めるため、従来は紙の申請書や表計算ソフトで行っていた勤怠管理などをクラウドツールで行う企業も増えてきました。
その1つであるZoho Peopleの特徴や強み、料金プランなどを分析していきます。

Zoho Peopleとは

Zoho Peopleは社員の入社から新入社員研修、勤怠管理や時間管理、人事評価に至るまで、人事労務管理に必要なプロセスをスムーズにしてくれるクラウドツールです。
従業員のデータの一元管理はもちろん、自動化機能も付いたワークフローを通じて人事部門の業務を効率化してくれます。

Zoho Peopleの特徴·機能

Zoho Peopleは人事労務管理をアシストし、人事労務担当者の業務効率化と負担軽減をバックアップしてくれます。
どのような機能が搭載されているのか、見ていきましょう。

従業員データを一元化

従業員のデータを一括で簡単に登録ができるとともに、多彩なシステムとの連携が可能なので、複数の主要システム間で従業員データを同期できます。
休暇タイプのカスタマイズやジョブのスケジューリング、タイムシートの作成も可能です。
複数デバイスから勤怠データを統合できるので、手入力による転記ミスを防止し、出退勤や就業時間、休暇の取得状況などを瞬時に把握できるのが便利です。
人事異動などにあたって条件に合った従業員を検索することやお気に入りの設定もできるほか、組織図の表示や離職関連レポートの分析なども簡単に行えます。

タスクの自動化で処理時間を短縮

人事労務管理業務をカスタムして、自社に合ったワークフローの構築が可能です。
タスクとチェックリストの作成や項目の自動更新、メール通知の自動化などのワークフローを形成することで業務が効率化され、時間の有効活用を図ることができます。

従業員からの質問に楽々回答

拠点数が増え、従業員数が増えるほど、シーズンによっては人事労務に関する質問のメールや内線が入り、対応に追われることも少なくありません。
ケース管理ツールを使うことで、各タイプの質問ごとにカテゴリーを作成でき、各カテゴリーに詳しい担当者を割り当ててケースの整理を行い、コメントによる議論などもできるので、個々に対応する手間を省くことが可能です。

Zoho Peopleの強み

Zoho Peopleには360度フィードバック機能が用意されています。
直接の上司による年に数回の評価ではなく、あらかじめ設定した目標を達成できているかを同僚同士で年間を通じて逐一レビューし合うことができる機能です。
上司は多くの部下を抱えていても、現場の同僚同士のレビューをチェックすることで、より的確な評価を行うことができるようになります。
明確な目標を設定してフィードバックをしあえる体制を作ることで、個人や組織が最善を尽くすためのモチベーションを形成できるようになるのも強みです。

Zoho Peopleの価格·料金プラン

 

Zoho Peopleには大きく5つのプランがありますが、最小限の機能が付いたESSENTIAL HRなら1ユーザーあたり月額120円で利用することができます。

プロフェッショナルプランは1ユーザーにつき月額240円、プレミアムプランは1ユーザーにつき月額360円です。

エンタープライズプランは1ユーザーにつき月額600円、PEOPLE PLUSプランは1ユーザーにつき月額1,200円となっています。

5ユーザーまでであれば基本的な人事関連業務に関する機能を無期限に使える無料プランも提供されています。

2020年9月現在/詳細は公式サイトを確認

Zoho Peopleの注意点

各プランとも最小5ユーザーからの利用となりますので、それ以下の小規模企業の場合は有効活用がしにくいです。
逆にユーザー数が500名以上の場合は、別途見積もりが必要ですので、費用面が気になる企業は事前に問い合わせるようにしましょう。

Zoho Peopleの口コミ·利用企業からの評判

多様な人材が安心して働ける環境を実現

“Zoho Peopleの導入にあたり、就業規則の休暇などの部分を整理して実情にあった内容に改定するとともに従業員に説明する機会を設けました。改定内容をZoho Peopleに反映させたので、個々人が申請した休日がきちんと承認されている透明性が確保できるようになり、労働環境の改善にもつながりました。Zoho Peopleは多言語対応しているので、諸外国の法律やルールに応じた設定ができるのもメリットに感じています。”(株式会社インフォステラ様)

類似サービスとの比較

類似サービスであるSmartHRは人事労務管理の業務効率化と従業員の生産性向上をサポートするクラウド人事労務ソフトです。
さまざまな労務手続きや書類のペーパーレス化を図ることができ、従業員情報の一元管理やデータの有効活用もスムーズにできます。
人事労務担当者と各従業員の間で頻繁に発生していた煩雑なコミュニケーションを減らすことができるため、社内全体の生産性向上を図ることが可能です。
料金はプランや規模によって個別に見積もりが必要となります。
なお、30名までの小規模事業向けに人事労務手続きに必要最小限の機能だけを備えた期間無制限の0円プランが用意されています。
Zoho Peopleは最小限の機能付きのプランなら1ユーザーあたり月額120円、年間契約なら月あたり100円で利用可能です。
多言語対応ができ、上位のプランを利用すれば、フィードバックや評価機能も利用でき、人材のブラッシュアップや社内全体の人材の底上げにも役立ちます。

SmartHRの料金·評判·機能について。SmartHRではなにができる?

Zoho Peopleで人事労務管理の効率化と従業員満足を

Zoho Peopleは煩雑な人事労務管理業務をデータによる一元管理や企業ごとにカスタマイズできる柔軟なワークフローの構築を通じて業務の効率化が図れるクラウドツールです。
勤怠管理や休暇取得の管理がミスなくスムーズに行われるようになるので、従業員満足も高めることができます。
360度フィードバック機能を利用すれば、同僚同士の年間を通じた評価が可能となり、上司もより的確な評価やアドバイスを送ることで、人材の育成強化につなげられます。

画像·データ出典:Zoho People公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部