労務管理システムのおすすめ23選を比較【2022年版】

更新日:

    企業は利益を確保することが命題ですが、それを生み出すのは働いている従業員です。

    そして、人事部門はそんな従業員が安心して働けるように労務管理を行っています。人事の業務は幅広いものですが、特に労務管理については多くの業務が存在します。

    そんな中、少しでも社内業務を効率化すべく労務管理システムを導入している企業も数多くあります。

    そんな労務管理システムを導入するメリットやおすすめの労務管理システムについて紹介していきます。

    労務管理システムとは?

    労務管理とは

    労務管理と一口に言っても様々な業務があります。労働時間の管理、給与管理、入退社手続き、社会保険や福利厚生の管理、労使関係管理、安全衛生管理等が主なものです。人事部門は多岐にわたる労務管理を書類や社内のエクセル等のツールにより遂行していますが、そこには多くの負荷がかかっています。

    労務管理システムとは

    労務管理システムとは、そんな人事業務負荷を減らし、効率化するシステムです。出退勤や残業、有給取得状況などの管理をする勤怠管理システム、給与計算を行う給与計算ソフトは割と以前から広まっているシステムです。

    最近ではそれ以外の分野の業務についてもシステム化が進んできています。

    本記事で紹介するのは、社会保険や福利厚生の管理、労使関係管理等の業務を効率化するために開発された労務管理システムです。それでは具体的にみていきましょう。


    労務管理システムをお探しの方におすすめの関連サービス

    労務管理システムを導入するメリットは?

    業務効率化

    労務管理システムを導入する事で得られるメリットの内、もっとも恩恵があるのは人事業務の効率化です。

    人事業務は多岐に渡り、多くは従業員と紙を使った書類のやり取りに時間がかかっています。

    人事部門としてはシステムを導入する事で、その時間を短縮、またはゼロにすることが出来る為、その効率化した時間を使って別の業務に充てることが出来ます。

    また、従業員側からみても効率化のメリットがあります。

    社会保険などの書類は通常目にしない言葉で分かりづらかったり、人事部門に問い合わせたり自分で調べることもあるでしょう。

    システム化されているものであれば、ある程度入力規制がかかっているので間違うリスクが少ない、人事部門への問い合わせが不要になる等のメリットがあります。

    業務品質向上

    人事部門の業務品質向上にも貢献することが出来ます。

    従来の業務では、様々な書類を従業員から受け取った人事部門が転記したりチェックしたりするためヒューマンエラーが生じる可能性があります。しかし、労務管理システムでは、従業員自ら入力した情報をそのまま役所等に申請する形になりますので、間違うことがありません。

    また、労務管理業務は法改正によりに管理方法が大きく変わります。

    通常、そういった法改正があれば社内のフォーマットを変更したりする必要があり、負荷がかかるとともに、誤った変更をしてしまうリスクも伴います。

    しかし、多くの労務管理システムでは法改正に伴い、アップデートしてくれる仕組みがあります。

    特にクラウド型のシステムでは運営会社が自動でその対応をしてくれるので、人事部門としては安心して業務をしていくことが可能です。

    労務管理システムを導入するデメリットは?

    コストがかかる

    労務管理システムには当然ながらコストがかかります。

    クラウド型の場合、初期費用は安く抑えることができますが、毎月の料金が発生します。

    オンプレミス型は初期コストが高額になりますが月の維持費は安価になるという特徴があります。

    費用対効果を考えた上でサービスの比較検討をすることが重要です。

    社内に浸透しない場合がある

    ITリテラシーの低い方やPC操作が苦手な年配の従業員にとっては、新しいツールの導入を嫌がることもあります。

    システムの操作に慣れるまでは回収率が悪かったり、教育に時間がかかる場合があるだけでなく、最悪の場合は社内に浸透せずに終わってしまうことも想定されます。

    操作方法がわかりやすいシステムを選んだり、サポートが操作方法をレクチャーしてくれるサービスを選ぶと良いでしょう。

    自社にあった労務管理システムを選ぶ際のポイント

    対応可能な業務範囲と従業員の特色

    労務管理システムを探していると、実に多くの会社が販売していることが分かります。

    そして、各社とも異なるサービスや出力できる帳票を提供しています。

    そんな中、自社に導入する場合には効率化させたい業務がきちんとサービス内容に入っているかの確認は必須です。

    従業員自らが入力する仕組みかどうかは重要なポイントですし、あらかじめどこまでの業務を労務管理システムで賄うかをしっかりと検討する必要があります。

    余計なものが多く含まれているものはできるだけ避け、自社の課題となっている部分をしっかりと効率化できる労務管理システムを選びましょう。

    また、様々なサービスがあるという意味では、従業員に合っているかどうかも重要なファクターです。例えば、若い社員が多い場合には、スマートフォンからも入力できるような労務管理システムを導入することを検討する必要があります。

    費用対効果

    労務管理システムを導入すれば、当然ですがコストがかかります。

    基本的にはダウロード型では初期投資が、クラウド型では月額が発生する場合が多いです。

    また、従業員数に応じて費用が高くなる商品が多く、例えば従業員1人増えるごとに数百円かかる場合や、100人までは数千円、500人以上になるとそこからプラスで数千円という場合もあります。

    どちらにせよ、導入して得られる業務効率化や品質向上といった効果に対して、導入しようとしている労務管理システムの費用が見合っているかどうかは導入までにしっかりと検証しましょう。

    他システムとの連携

    労務管理だけをシステム化し、給与計算や勤怠管理は手作業という企業はあまりありません。

    多くの企業では給与計算や勤怠管理は既にシステム化されており、追加で労務管理システムを導入しようとするはずです。

    そんな中、すでに導入しているシステムと、これから導入する労務管理システムが連携できるかどうかはポイントとなります。

    連携することでより多くの機能を使用することができ、また様々な情報を一元管理する事にも繋がります。そして、それはより業務改善の効果が大きいことを意味します。是非とも他システムとの連携は確認しましょう。

    労務管理システムを導入する事で削減できる業務

    書類作成に関する業務

    通常、健康保険や雇用保険の取得·喪失などの各種手続きでは、人事部門が従業員に所定紙を配布して記入してもらい、それを回収、内容に抜け漏れがないか確認、あるいはそれを役所などへの提出用の書類に転記するという流れなので、時間や手間が多大にかかります。

    その中で書類に誤記や間違いがあると差し戻し、訂正後再度チェックすることが必要です。

    しかし、システムを使うと従業員自らシステムに入力をするので、人事部門は紙の受け渡しや内容のチェックなどの業務を削減できます。

    また、従業員の数が多ければ多いほど負荷は増え、書類の進捗チェックだけでも一苦労ですが、システムがあればそのような確認事項も一目瞭然なので、検索時間を短縮できます。

    さらに、一つの場所にある会社だけでも大変ですが、複数の拠点を一括して管理しているような場合には書類の往復にかかる時間も考慮するとより一層大幅な時間を短縮することが可能です。

    書類提出に関する業務

    労務管理システムを導入すると、書類の提出を電子で完了することが出来ます。

    紙のやり取りであれば、都度役所や年金事務所へ出向く必要があり、移動時間にプラスして待ち時間も発生してしまいます。

    また、書類に不備があった際にはさらに時間がかかってしまうことも。労務管理システムでは、手続きが電子上の為そのような時間から解放され、また修正もすぐに行うことが可能です。

    書類管理業務

    書類を紙で保管するのは思いのほか負荷がかかるものです。

    無くさない為に整理整頓が必要ですし、そもそも多くの書類を保管する棚等も購入する必要があります。

    また、例えば従業員から問い合わせをもらい、書類を探す必要があるときもあるでしょう。大量の紙ファイルから目的の書類を探すのも一苦労という場合も多いものです。

    労務管理システムでは、システム上に情報が一元管理されています。保管場所に悩むこともなく、何かあった際にはすぐに書類を見つけることができます。

    テレワーク中なら労務管理システムを導入すべき理由

    現在、多くの企業がテレワークを導入しています。テレワーク中の企業に対しては、特に労務管理システムの導入をおすすめします。

    書類の授受をしなくてよい

    理由としては、まず今までメリットとして紹介したように書類の授受をしなくてもよい事が挙げられます。

    会社に出社している時では、書類を人事部門と従業員間で手渡し出来ていても、テレワーク中ではそうはいきません。多くの場合は時間も手間もかかる郵送になるでしょう。

    労務管理システムを導入していると、どれだけ離れていてもすぐに書類を人事部門と従業員でやり取りすることが出来ます。もちろん人事部門から役所などへの提出もスムーズです。

    勤怠管理の機能はさらにおすすめ

    オフィスで働いている場合は、従業員の始業時間·終業時間·休憩時間を管理者は簡単に把握することができます。

    しかし、テレワークではそうはいきません。勤務状況の報告方法を前もって決めておき、日々上司に連絡する必要があります。様々なケースがあり、臨機応変に対応する事も大事ですし、それに伴う負荷もかかります。

    しかし、始業·終業·休憩時間などの時間を記録ができる勤怠管理のツールを活用すれば、簡単にかつ正確に従業員の勤怠管理を行うことができます。

    おすすめの労務管理システム23選

    SmartHR

    • 操作性にも優れており、使いやすい画面の労務管理サービス
    • 堅牢性の高いセキュリティのシステム
    • 30名まで無料で導入できる
    • 様々な外部ツールと連携可能

    特徴

    SmartHRは高いシェア率を誇るクラウド型の人事労務管理システムです。

    操作性にも優れていて、使いやすい画面が労務担当者からも高評価されています。従業員数が多い企業でも安心して利用することができる堅牢性の高いセキュリティも特徴的なサービスです。

    30名までであれば無料で利用することもできます。

    主な機能

    • 人事情報の管理機能
    • 電子申請に対応
    • 対応手続き
    • 明細発行機能
    • マイナンバー管理機能
    • 外部サービス連携機能
    月額料金要問い合わせ
    初期費用要問い合わせ
    無料トライアル15日間無料
    最低利用人数要問い合わせ

    2021年2月現在/詳細は公式サイトを確認

    画像·データ出典:SmartHR公式サイト

    ジョブカン労務管理

    • 操作性に優れ、豊富な機能が魅力の労務管理サービス
    • 従業員数5名まで無料で導入可能
    • マイナンバー管理ができる
    • 帳票作成や年末調整も可能なアプリ

    ジョブカンシリーズの中でも労務管理に特化したジョブカン労務管理は、操作性に優れており、豊富な機能が搭載されています。

    無料プランは従業員数5名まで利用可能です。

    主な機能

    • 帳票作成
    • マイナンバー管理
    • 年末調整機能
    • アラート通知機能
    • 社内規程ファイル共有
    月額料金400円〜
    初期費用0円
    無料トライアル30日間無料
    最低利用人数5名〜

    2021年2月現在/詳細は公式サイトを確認

    画像·データ出典:ジョブカン労務管理公式サイト

    オフィスステーション

    • 118種類以上の帳票に対応できる労務管理システム
    • 自社に必要な機能だけを選べる便利なツール
    • 従業員の勤怠などデータ管理が可能
    • 30日間無料で導入できる

    特徴

    オフィスステーションは118種類以上の帳票に対応しているクラウド型の労務管理システムです。

    豊富な機能の中から自社に必要な機能だけを選んで導入することもできます。

    主な機能

    • 電子申請対応
    • 自動データ入力
    • 従業員データ管理
    • 給与データのインポート
    月額料金要見積もり
    初期費用要見積もり
    無料トライアル30日間無料
    最低利用人数1人〜

    2021年2月現在/詳細は公式サイトを確認

    画像·データ出典:オフィスステーション公式サイト

    jinjer労務

    特徴

    jinjer労務はワンクリックで労務に関する手続きができる手軽さや、紙での管理から脱却できることから幅広い企業で導入されています。

    多くの作業をオンライン化できることで、テレワークへの活用も可能で、幅広い労務に関する業務を効率化することが可能です。

    主な機能

    • 書類の自動作成
    • Web申請に対応
    • ToDoリスト機能
    • 各種対応手続き
    月額料金300円〜
    初期費用要問い合わせ
    無料トライアルあり
    最低利用人数1人〜

    2021年2月現在/詳細は公式サイトを確認

    画像·データ出典:jinjer労務公式サイト

    人事労務freee

    特徴

    勤怠管理や年末調整機能、マイナンバー管理など労務管理の効率化に必要な機能が豊富に搭載されている人事労務freee。

    会計freeeとの連携ができることも特徴的で、会計業務の効率化を実現することもできます。

    主な機能

    • 給与計算
    • オンライン明細発行機能
    • 勤怠管理機能
    • 年末調整機能
    • 従業員管理機能
    • 有給休暇管理機能
    • マイナンバー管理機能
    月額料金1,980円〜
    初期費用0円
    無料トライアルあり
    最低利用人数1人〜

    2021年2月現在/詳細は公式サイトを確認

    画像·データ出典:人事労務freee公式サイト

    楽楽労務

     

    特徴

    楽楽労務はクラウドサービス導入40,000社以上の導入実績を誇る労務管理システムです。

    情報の一元管理はもちろんのこと、ユーザーの意見を反映したアップデートを適宜行っているので、その使いやすさには定評があります。

    主な機能

    • マイナンバー管理
    • 入社手続き
    • 電子契約
    • 住所変更
    • 進捗管理機能
    • 電子申請対応
    月額料金30,000円〜
    初期費用要問い合わせ
    無料トライアル要問い合わせ
    最低利用人数1人〜

    2021年2月現在/詳細は公式サイトを確認

    画像·データ出典:楽楽労務公式サイト

    Bizer(バイザー)

    • バックオフィスをしっかりと効率化してくれる労務管理ツール
    • タスク管理の通知などで、対応漏れを防止
    • 税理士や社労士などにアドバイスを受けられるなど、サポート体制が充実
    • 30日間無料トライアルあり

    特徴

    Bizerはバックオフィスの効率化を実現するクラウドサービスです。

    タスク管理が効率化でき、期限が定められている労務に関する業務において自動でお知らせをだしてくれるので対応漏れが発生するリスクを軽減することができます。

    特徴として、税理士や社労士などの専門家にアドバイスを受けることができるサポート体制が構築されています。

    主な機能

    • スケジュール管理機能
    • ToDo管理機能
    • 専門家相談
    • 代行依頼
    • バインダー機能
    月額料金2,980円〜
    初期費用要問い合わせ
    無料トライアル30日間無料
    最低利用人数1人〜

    2021年2月現在/詳細は公式サイトを確認

    画像·データ出典:Bizer公式サイト

    Zoho People

    • 従業員満足度を高めることに貢献してくれる労務管理システム
    • 社員数が多い企業に最適
    • タスク管理など豊富な機能が魅力
    • 30日間無料トライアルあり

    特徴

    Zoho Peopleは社員の入退社手続きから勤怠管理、人事評価まで幅広く管理することができる労務管理システムです。

    従業員情報を一括で登録できるので、社員数が多い企業にも適しており、タスク管理機能など豊富な機能が搭載されています。

    主な機能

    • 勤怠管理機能
    • 休暇管理機能
    • 工数管理機能
    • スケジュール管理
    • 人事評価管理
    • ドキュメント管理
    月額料金120円〜/ユーザー
    初期費用要問い合わせ
    無料トライアル30日間無料
    最低利用人数1人〜

    2021年2月現在/詳細は公式サイトを確認

    画像·データ出典:Zoho People公式サイト

    サイレコ

    • ルーティンワークを効率化できる労務管理ツール
    • 人事情報を過去〜現在まで一元管理できる
    • タレント情報を可視化し、人材の情報を抽出・分析が可能
    • 最適な人材採用・育成をしたい企業におすすめ

    特徴

    サイレコは人事担当者のルーティンワークの効率化を実現する労務管理サービスです。従業員の過去〜現在まで、人事情報を全て一元管理できるのがポイントです。タレント情報を可視化し、作業効率を大幅にアップします。社内に蓄積された人材の情報を抽出・分析をし、効率的な採用・育成を支援することも可能です。

    主な機能

    • 従業員管理機能
    • 組織管理機能
    • 申請認証管理
    • 組織図シミレーション
    • 2次元分析機能
    月額料金180円〜
    初期費用要問い合わせ
    無料トライアルあり
    最低利用人数要問い合わせ

    2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

    画像·データ出典:サイレコ

    DirectHR

    • 従業員の入退社手続き、労務管理などをしっかりと行える労務管理システム
    • マイナンバー管理も行え、人事労務業務に最適
    • Web上での書類の閲覧もできる
    • 離職票や労災通知書など、公文書管理も可能

    特徴

    DirectHRは、株式会社エムケイシステムが提供しているクラウド型の人事労務管理システムです。

    従業員の入退社手続きや労務管理、マイナンバー管理など、人事労務業務に必要な機能がすべて揃っており、Web上での書類の閲覧も可能なサービスです。簡単ナビゲート機能も搭載され、ややこしい手続きもスムーズに行えるのが嬉しいポイントです。

    また、離職票、労災通知書などの公文書管理もできるので、作業を効率化できます。

    主な機能

    • 外部連携機能
    • 暗号通信
    • 操作履歴
    • 公文書配付&受取
    • マイナンバー対応
    月額料金400円〜
    初期費用なし
    無料トライアルあり
    最低利用人数10名まで無料で利用可能

    2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

    画像·データ出典:DirectHR

    Jobgram(ジョブグラム)

    特徴

    Jobgramは人の性格傾向データを可視化することができるツールです。人材採用や人事異動などの組織マネジメントを主観や人の思い込みに左右されることなくサポートしてくれる、独自指標を活用した適性検査クラウドです。

    募集ポジションごとに、候補者の入社後の活躍を予測できる、活躍可能性判定機能が搭載されています。候補者の性格診断結果と、組織診断で把握した性格傾向が近い社員を照らし合わせることで、理想的な組織づくりに活用できます。

    また、Jobgramが保有するさまざまな業種のハイパフォーマーの性格傾向データも活用できるので、データが十分に集まっていないような、人材の少ない新しい企業の組織づくりにも最適です。

    主な機能

    • 組織診断
    • 簡単でわかりやすい適性検査
    • 採用モデル作成
    月額料金25,000円〜
    初期費用300,000円
    無料トライアルあり
    最低利用人数要問い合わせ

    2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

    画像·データ出典:Jobgram

    one visa

    特徴

    one visaは国内にいる外国人の就労ビザ、海外から呼び寄せる海外居住の外国人のビザ申請や管理を、Web上でサポートしてくれるサービスです。専門知識不要で申請書類の作成が可能になり、ビザ取得後も在留資格が切れないようサポートしてくれます。

    雇いたい外国人のメールアドレスを入力し、メールに届いた案内を元に、ビザを取得したい外国人がone visaに情報を入力すればスムーズ情報収集が可能です。

    更新申請が必要な時期に案内やアラートが通知されるので、更新漏れや不法就労を防ぐことに役立ちます。

    主な機能

    • 申請書類作成
    • 添付書類の選定
    • 在留資格期間の管理
    • ビザ取得後の管理
    月額料金19,800円〜
    初期費用要問い合わせ
    無料トライアルフリープラン
    最低利用人数要問い合わせ

    2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

    画像·データ出典:one visa

    Gozal(ゴザル)

    特徴

    Gozalは株式会社BECが提供しているクラウド型の労務管理サービスです、2,000社以上の企業が導入しており人気を博しています。雇用、勤怠、給与の計算まで、労務に関わる仕事を一通りGozalで行うこと可能です。

    さまざまな勤怠集計の項目が用意されており、自社の給料のシステムに合わせて、従業員の給与の計算を自動で行ってくれるので、業務の効率アップに最適です。また、全従業員に対してオンライン上から給与明細書の送付ができるという便利な機能もあります

    256bit SSLを用いて通信を暗号化、またファイヤーウォールで不審なアクセス者を削除したりなど、様々なセキュリティー対策がなされているのも嬉しいポイントです。

    主な機能

    • 自由な給与計算式設定
    • オンラインで給与明細書の発行
    • 万全なセキュリティー体制
    • 24時間サポート
    月額料金590円〜
    初期費用要問い合わせ
    無料トライアルあり
    最低利用人数要問い合わせ

    2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    画像·データ出典:Gozal

    クラウドハウス

    特徴

    クラウドハウスは、入退社手続きから雇用契約、身上変更、年末調整手続きなどを自動化できる労務管理システムとして人気を博しています。タスクを整理しながら、業務設計や初期設定、導入後まで手厚いサポートが充実しています。

    従業員にオンラインで必要な情報を入力してもらい、自動で雇用契約書を作成できます。またオンラインで署名してもらうことも可能なので、契約の進捗を確認・管理も出来ます。マイナンバーを暗号化することができ、データベースで安全に管理してくれます。

    主な機能

    • 雇用契約を始め労務管理の自動化
    • オンラインでの署名、契約の進捗確認・管理
    • 給与計算、勤怠管理システムと連携可能
    月額料金要問い合わせ
    初期費用要問い合わせ
    無料トライアル要問い合わせ
    最低利用人数要問い合わせ

    2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    画像·データ出典:クラウドハウス

    e-AMANO人事届出サービス

    特徴

    e-AMANO人事届出サービスは入退社手続きから年末調整、マイナンバー管理や雇用契約、給与明細など様々な手続き・帳票を網羅している労務管理システムです。

    収集したデータは同社から提供されている給与計算ソフトと連携することが可能です。マイナンバーデータや、生保団体ネットから提供されるデータとAPI連携もでき、e-Gov電子申請に対応しているのも嬉しいポイントです。

    主な機能

    • 入退社手続き、年末調整、給与明細など、様々な手続き・帳票を網羅
    • 給与計算ソフトに連携可能
    • API連携、あるいはCSV連携が可能
    月額料金300円〜
    初期費用要問い合わせ
    無料トライアルあり
    最低利用人数1名〜

    2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    画像·データ出典:e-AMANO人事届出サービス

    人事労務 freee

    特徴

    人事労務 freeeはクラウド型の労務管理システムです。マルチデバイスに対応しており、従業員の勤怠入力から管理者の勤怠管理まで、どこにいても行えるサービスです。従業員情報を一元管理できる上に、日付を指定し情報更新の予約ができるのも強みです。

    また最新のセキュリティや法令に基づいた上で、マイナンバーを管理できるのも嬉しいポイント。会計ソフトやメッセンジャーなどクラウド系の様々なサービスと連携ができます。

    主な機能

    • 労務管理の一元化
    • 従業員情報の管理・自動更新
    • 時間や場所にかかわらず勤怠管理が可能
    月額料金1,980円円〜
    初期費用0円
    無料トライアルあり
    最低利用人数要問い合わせ

    2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    画像·データ出典:人事労務 freee

    ARROW

    特徴

    ARROWは、シフト勤怠管理から給与の自動計算、各種書類への自動転記機能までをまかなえる労務管理システムです。ICカードでタイムカード打刻ができる上に給与計算も連動しているので、給与計算書の作成を完全に自動化できるのが強みです。

    法令改訂にも自動で対応してくれるので、常に最新の状態で利用できるのも嬉しいポイント。年末調整も質問に回答していけば完了できるのが好印象です。煩わしい業務をより効果的に行えます。

    主な機能

    • 給与計算に連動したタイムカード打刻ができる
    • 法令改訂に自動対応
    • 年末調整を簡単に行える
    月額料金1,980円〜
    初期費用0円
    無料トライアルあり
    最低利用人数要問い合わせ

    2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    画像·データ出典:ARROW

    Bizer team

    特徴

    Bizerとは、煩雑なバックオフィス業務をサポートしてくれるサービスです。

    総務、人事労務、経理などの業務をより効率化できるようにサポートしてくれます。業務のチェックリストをしっかりと可視化することで、リアルタイムで進捗をチームで共有できるようになります。仕事の解像度の向上に最適です。

    主な機能

    • プロセスを可視化してくれる
    • リアルタイムで進捗を共有できる
    • プロセスの標準化
    • テンプレート機能
    月額料金1,980円〜
    初期費用要問い合わせ
    無料トライアルあり
    最低利用人数要問い合わせ

    2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    社労夢 Company Edition

    特徴

    社労夢 Company Editionは、中小規模の企業・事業所に適している電子申請に特化したシステムです。

    帳票種類としては社会保険、労働保険、雇用保険、労災給付などに対応しており、APIにも対応できます。電子申請(e-Gov)を行えるのも嬉しいポイントです。他社製品の人事管理システムや給与計算システムと連携することも可能で、申請の電子化にもってこいのサービスです。

    主な機能

    • e-Govに電子対応
    • 他社システムとのデータ連動
    • 手続進捗の管理
    • 人事の管理機能
    月額料金 要問い合わせ
    初期費用要問い合わせ
    無料トライアルあり
    最低利用人数要問い合わせ

    2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    奉行クラウド

    特徴

    奉行クラウドとは、企業と税理士の会計データ共有をスムーズに行え、操作性にも優れ、十分な機能性を備えているサービスです。運用負担の軽減が狙えるので、将来を見据えた最新IT技術にも対応できるよう、拡張性に富んでいるのも特徴です。またデータの信頼性やセキュリティの高さにも定評があります。

    主な機能

    • 取引入力の自動化
    • 経営状況をリアルタイムで把握できる
    • 決算・消費税申告機能がすぐれている
    • 税理士や会計士と共有できる
    月額料金要問い合わせ
    初期費用50,000円
    無料トライアルあり
    最低利用人数要問い合わせ

    2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    Navisia 労務管理システム

    特徴

    Navisia 労務管理とは、小売業を中心に複数拠点がある企業向けソリューションとして人気を集めています。様々な雇用スタイルに対応しており、シフト作りにも長けているため便利に使えるのがポイントです。サーバーでデータを一元管理できます。シフト作成の時間など、大幅に短縮できるのも魅力的です。

    主な機能

    • 複雑なシフト管理
    • データの一元管理
    • 二重入力が不要
    月額料金要問い合わせ
    初期費用要問い合わせ
    無料トライアルなし
    最低利用人数要問い合わせ

    2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    画像·データ出典:Navisia 労務管理システム

    COMPANY

     

    特徴

    1,200法人グループ以上に導入されている労務管理システムです。

    入社から退社までの人事労務を全て網羅しており人事労務に関する課題の解消に役立つソリューション構成となっています。

    主な機能

    • 人事管理
    • 勤怠管理
    • 給与計算
    月額料金要問い合わせ
    初期費用要問い合わせ
    無料トライアル要問い合わせ
    最低利用人数要問い合わせ

    2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

    画像·データ出典:COMPANY公式サイト

    MINAGINE

     

    特徴

    MINAGINEは、人事評価システムや勤怠管理システムなどを搭載した総合人事サービスです。

    クラウド上で就業管理や勤怠管理などの人事労務領域の仕事を行うことができ、進捗管理の可視化も可能となります。

    人事評価項目など導入企業に合わせたカスタマイズが可能で、人事労務のプロフェッショナル集団によって開発されたシステムなため、欲しい機能がしっかりと搭載されています。

    主な機能

    • 勤怠管理
    • 給与計算
    • 保険手続き
    • 人事評価制度構築
    月額料金要問い合わせ
    初期費用要問い合わせ
    無料トライアル要問い合わせ
    最低利用人数要問い合わせ

    2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

    画像·データ出典:MINAGINE公式サイト

    労務管理システムに関して動画で詳しく解説

    労務管理システムの導入は業務効率化のカギとなるか

    以上の様に、企業で働く大事な従業員の情報をシステム化することで、業務負荷の削減とミス防止に取り組むことが出来ます。テレワークが進む今の時代だからこそ、ぜひ労務管理システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

    20代~50代正社員で「年末調整」を正しく理解していると回答した割合は全体の37%【年末調整に関するアンケート】

    株式会社SheepDog(東京都品川区)が運営する、ITツール比較サイト・STRATE[ストラテ]は、2022年2月に『年末調整に関するアンケート』を行いました。

    調査概要

    対象者:全国の20歳〜59歳の男女・正社員

    サンプル数:300人

    居住地:宮城県,東京都,愛知県,大阪府,福岡県

    調査方法:ネットリサーチ

    アンケート実施日:2022年2月14日

    調査メディア: STRATE[ストラテ]:https://strate.biz/


    【質問:「年末調整」がどういったものか正しく理解していますか?】

    質問に対しての回答選択肢は以下

    1.正しく理解している

    2.なんとなくは理解している

    3.全く理解していない

     

     

    20代〜50代の男女を対象とした「「年末調整」がどういったものか正しく理解していますか?」というアンケートで最も多かった回答は「なんとなくは理解している」で47%でした。

    次いで多かったのが正しく理解していると回答した方の37%全く理解していないという回答が16%で、正しく理解していると回答した方は全体の約40%に及びました。

     

    【20代30代で年末調整を正しく理解していると回答した割合は、40代50代の1/2】

     

    年末調整を正しく理解していると回答した割合を年代別でみてみますと、20~30代は平均25%、40~50代は平均で50%という結果になりました。

    20~30代の正社員は年末調整を正しく理解している方は少な目の傾向にあり、40~50代のおよそ半数にとどまることが分かりました。

     

    【年収1000万以上の世帯で年末調整を正しく理解していると回答した割合は72%】

     

    年末調整を正しく理解していると回答した割合を年収別でみてみますと、年収1,000万円以上の世帯がもっとも多く72%、次いで年収500万~1,000万円未満の世帯が32.8%、年収500万円未満の世帯は32%にとどまりました。

    年収が高いほど年末調整を正しく理解している方が多い傾向にあり、年収1,000万円以上の世帯は全体の7割ほどにのぼることが分かりました。

     

    ■ ご取材、データ引用等可能です。
    ·STRATE[ストラテ]への取材、コメント
    ·本発表データの引用
    その他事項に関しても調整可能です。下記、お問い合わせまでお願いいたします。

    【本件に関するお問い合わせ先】
    株式会社SheepDog メディア担当
    メールアドレス:media@strate.biz

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載