Cisco Webex Meetingsの料金·評判·機能について。無料で利用できる?

最終更新日 

リモートワークが注目されるようになり、専用のWeb会議システムを導入する企業が増えてきました。
そこで本記事では、さまざまな企業が導入しているCisco Webex Meetingsについて取り上げて、主な特徴や機能、評判などをご紹介していきます。

Cisco Webex Meetingsとは

Cisco Webex Meetingsは、シスコシステムズ合同会社が提供しているWeb会議システムです。
高画質、高音質で利用できるので、スムーズなリモートワークやオンラインミーティングが実現できます。

Cisco Webex Meetingsの特徴·機能

Cisco Webex Meetingsは、テキストチャット、資料共有など、オンラインミーティングに最適な機能がいろいろと搭載されているのが特徴です。
主な機能や特徴については、以下の通りです。

高画質·高音質なHDビデオ

Cisco Webex Meetingsの特徴は、高画質·高音質なHDビデオであることです。
きれいな画質なのでお互いの表情もわかりやすいですし、クリアな音声で聞き取りやすいので、ストレスのないオンラインミーティングが実現できます。
さらに、録音や録画機能もありますので、後から会議の様子を振り返ることも可能です。

スケジュール設定が可能

Cisco Webex Meetingsには、スケジュール設定も搭載されています。
カレンダーやメールとの連携も可能で、通知を送ることもできます。

16ヶ国語に対応している

多言語対応となっているのも、Cisco Webex Meetingsの特徴です。
日本語や英語のほかに、中国語、韓国語、フランス語など16ヶ国語が利用できますので、外国人スタッフとも気軽にオンラインミーティングが行えます。

資料共有ができる

Cisco Webex Meetingsには資料共有機能もあるので、プレゼンテーション用の資料などをメンバー全員のパソコンに表示して、操作することも可能です。
資料以外にも、デスクトップやアプリケーションの画面なども共有できます。

スマホアプリ版について

Cisco Webex MeetingsではiOSとAndroidに対応したスマホアプリを提供しています。

世界中で利用されているWebミーティングツールとして豊富で使いやすい機能を搭載しており、以下の機能をスマホから利用することが可能です。

  • ミーティングの参加、プレゼンテーションの共有
  • Siriを使ったハンズフリー機能(iOSのみ)
  • ワンタップでカレンダーから会議に参加
  • アプリから直接スケジューリング
  • ビデオレイアウトのカスタマイズ
  • コンテンツやスクリーンを会議参加者と共有
  • Face IDかTouch IDを使ったログイン機能(iOSのみ)

オンライン会議の参加方法

Cisco Webex Meetingsでオンライン会議に参加する方法はいくつかありますが、いずれもブラウザかスマホの専用アプリをインストールしておく必要があります。

主催者からメールでWebミーティング招待状が届いた場合は、メール内に「ミーティングに参加する」ボタンがあるのでクリックし、アプリをインストールしていない場合はこの時点でインストールします。

その後、会議時間が近づいたタイミングでもう一度参加ボタンを押してアプリが立ち上がった後「ミーティングに参加」ボタンをクリックすればオンライン会議が開始されます。

メールなどで会議参加用のURlが送られてきた際もほぼ同様で、予めアプリをインストールしておき、会議時間が近づいたタイミングで先ほどのURLをクリックして「ミーティングに参加する」ボタンをクリックすれば参加完了です。

アプリから参加する場合も、規程の時間が近づいたタイミングで招待ボタンやURLをクリックしてアプリを立ち上げ、「参加」ボタンが表示されたらクリックするだけで簡単にオンライン会議に参加することができます。

Cisco Webex Meetingsの強み

Cisco Webex Meetingsの強みは、導入が簡単なことです。
専用のソフトウェアをインストールせず、特別なシステムを構築しなくても利用できるので、ITの知識がない方でも気軽に取り扱うことができます。
また、マルチデバイス対応となっている点も、Cisco Webex Meetingsの強みです。
Windows、Macなどのパソコン以外に、タブレット端末、スマートフォンにも対応していますので、いつでもどこでもオンラインミーティングを行うことができます。

Cisco Webex Meetingsの価格·料金プラン

Cisco Webex Meetingsの料金プランは、Starter、Plus、Businessの3種類があり、利用人数によって価格が異なります。
1名あたりの各プランの料金は、Starterが1,490円、Plusが1,980円、Businessが2,980円です。
機能制限がありますが、無料版も用意されています。
料金の詳細は、Cisco Webex Meetingsの公式サイトで確認できます。

2020年10月現在/詳細は公式サイトを確認

無料版について

Cisco Webex Meetingsの特徴として無料で利用できるプランが提供されていることが挙げられます。

費用をかけずに導入できるのは大きなメリットと言えますが、当然ながら有料版と比較すると使える機能に制限があります。

無料版では以下の機能や制限が設定されています。

  • 1会議に参加できる人数は100人まで
  • Webミーティングの時間は最長で50分まで
  • Webミーティングは無制限に開催可能
  • PCを利用しての通話
  • 使用状況のレポート作成機能
  • ビデオ会議機能
  • チームコラボレーション機能
  • モバイル機能
  • セキュリティ機能
  • オンラインサポートの利用
  • バーチャル背景の利用
  • ブレイクアウトセッション

無料版でもホワイトボードの利用などが可能で、十分にオンライン会議の開催ができますが100人以上で利用する場合などは有料プランに移行した方が良いでしょう。

Cisco Webex Meetingsの注意点

Cisco Webex Meetingsの注意点は、日本語でのサポートが弱いことです。
本社がアメリカなので、時差などの事情もあり、問い合わせしてもすぐに回答がもらえない場合があるのがデメリットです。

Cisco Webex Meetingsの導入事例·評判

使い勝手が良い

“ミーティングや100名程のオンライン研修で利用しています。使い勝手が良く、常に安心して使えています。”(株式会社HRファーブラ様)

無料で利用できるので中小企業にはありがたい

“50分の時間制約があるけれども、録画機能や背景ぼかしなど無料で使えるのがとても助かっています。”(社内情報システム様)

類似サービスとの比較

Cisco Webex Meetingsと類似したものとしては、Callingがあります。
Callingは株式会社ネオラボが提供しているWeb会議システムです。
ビデオ通話、録音·録画機能、資料共有機能など、Cisco Webex Meetingsと同様の機能がいろいろと搭載されており、スマートフォンでも利用できます。
Callingの特徴は、小規模から中規模のミーティングに適している点です。
国産のシステムなので、困ったときにすぐに日本語でのサポートが受けられるという利点もあります。
Callingの価格は1名あたり月額1,500円です。
Cisco Webex MeetingsのStarter版の料金は1,490円なので、少しだけ安く利用できます。

Calling(コーリング)の料金·評判·機能について。月額1,500円から使える?

Cisco Webex Meetingsでオンラインミーティングの実現を

高画質·高音質で、多機能なWeb会議システムのCisco Webex Meetings。
モバイル対応で、いつでもどこでもオンラインミーティングを実現することができるので、これからWeb会議を取り入れたいと考えている方は是非導入を検討してみてください。

画像·データ出典:Cisco Webex Meetings公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載