ONTALK(オントーク)の料金·評判·機能について

更新日:

    ONTALKとは?

    ONTALK(オントーク)は、シンガポールに拠点を置くTreeBox Solutions Pte Ltd. が開発した、オンライン商談を可能にするコミュニケーションツールです。

    コロナウイルスによる新型肺炎のリスクにより、経済活動が大きく制限されています。訪問による商談の禁止、在宅勤務の推奨など、営業担当者にとっては営業活動をどうやって行っていけばよいのか、わからなくなってしまうケースに陥っていることでしょう。

    一方で、顧客側も在宅勤務、非対面による面談を余儀なくされていることにより、「非対面によるオンライン商談」が注目されてきています。このような状況に対応可能なONTALKは、オンライン商談に必要となる、チャットやIP通話、静止画、動画といった共有情報に暗号化を施すことで、安全性の確保を可能にしています。

    そんな、「非対面でのオンライン商談」を可能にするONTALKの特徴からみていきます。

    おすすめの類似Web会議システム

    この製品はWeb会議の製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    Web会議の製品をまとめて資料請求

    時間や場所を選ばずに高品質なWeb会議を: RemoteMeeting

    (4.5)

    定額制月額費用990円~従量制費用29円/分
    初期費用0円〜無料お試し要お問合せ

    プログラムをインストールすることなく、Webブラウザ環境だけで動作するWebRTCの技術をベースにした高品質なクラウド型Web会議サービス。インストール不要で、使い易い機能配置のため誰でも簡単に利用できます。

    使いやすいインターフェースを採用

    RemoteMeetingは、1つの画面でメンバーの招待や画面共有などの機能が選択できる使いやすいインターフェースで設計されています。 そのため、PC操作が苦手、初めてWeb会議システムを使うという方でも直感的に操作方法を理解することができるというメリットがあります。 Web会議への招待は、接続コードを発行して案内するか、招待メールを送るだけのため、ホストになる方でも操作方法に迷うことなく会議を始めることが可能です。

    安定した会議を実現

    RemoteMeetingには、Hybrid MCU AMS(Advanced Media Server)が搭載されており、効率的な映像音声処理が可能です。 メイン画面とサブ画面が2つの方式で処理されており、ネットワーク帯域を感知して最適な画質に自動で調整してくれるだけでなく、ネット環境が悪くなってもクリアな音声で会議を続けることができます。 画面共有やファイル共有、議事録作成機能が搭載されているため、会議をしながらの情報共有やプレゼンテーションが簡単に実現でき、画面録画機能でフィードバックを行うことも可能です。

    利用しやすい料金体系

    RemoteMeetingは、2つの料金プランを提供しており、導入企業の運用スタイルに合わせて選ぶことが可能です。 Web会議サービスの多くは、月額固定制の料金プランを採用しているものが多く、会議が少ない月でもコストが発生してしまうことがネックになってしまいます。 RemoteMeetingには、従量制プランがあるため、Web会議の利用が少ない場合でも、発生する費用は使用した時間分だけのため、予算を圧迫することなく導入企業にあった運用が実現できます。

    高品質なテレビ会議を実現: LoopGate

    (4.5)

    月額費用要問い合わせ無料お試しトライアル環境あり
    初期費用要問い合わせ導入社数2,500社以上

    日本で開発されたWeb会議・テレビ会議システム。パソコンやタブレットだけでなく、据え置きの専用機もあり、それらを組み合わせて接続できる利用シーンの豊富さと安定した接続性に優れたオンラインコミュニケーションツールです。

    接続や操作が簡単

    LoopGateの特徴は、操作性が良いことです。 ボタンを押すだけで、簡単に接続できるため、機械が苦手な方でも問題なく扱うことができます。

    きれいな画質

    画質がきれいなことも、LoopGateの特徴です。 最大で1920×1080ピクセルのフルHDに対応しています。 細部まで鮮明な画質となっており、相手の表情、資料などを確認しながら、テレビ会議が行えます。

    カスタマイズができる

    人感センサーと組み合わせた無人対応窓口の設置など、自社の用途に合わせてカスタマイズも可能です。

       

    【WEB会議ツール】
    上司への社内稟議に使える問答集

    資料ダウンロード

    ONTALKの特徴

    ONTALKはオンライン商談という機密情報を扱う可能性のあるコミュニケーションに対応する為の特徴をもっています。

    ONTALK独自のセキュリティ

    ONTALKは単なるWeb会議システムに求められるセキュリティレベルを超える、以下のような高いセキュリティを実現しています。

    -送信側と受信側のエンドツーエンドで通話を暗号化

    -通話とチャットのログを保存

    -アクセス権限を細かく設定可能

    お客様への見積書や契約書など、営業交渉の段階で発生する機微な情報の取り扱いを前提としているので、高いセキュリティ機能を提供しているのですね。

    クラウドサービス型で導入しやすい

    ONTALKはクラウドサービスのため、専用ソフトウエアや専用のサーバを導入せずに手軽に利用できます。クラウドサービスの場合、インターネット回線を介したサービス利用となる為、品質が心配ですが、ONTALKは画質・音質共に高い品質を提供しています。

    ユーザ管理がWebブラウザから簡単に実現

    Webブラウザ上で営業担当者ごとにオンライン電話帳が設定できます。これによって、組織内/社内であっても特定の社員のみが表示されるリストを作成できます。

    管理者がユーザアカウントを停止できるので、万が一デバイスを紛失した場合でも安心です。迅速なアカウント停止ができることでONTALK上で行われた情報が外部に漏れるという心配はありません。

    では次に、ONTALKの主な機能とそれらをどの様に活用できるのかご紹介していきます。

    ONTALKの機能紹介、使い方

    参加者間の通話と通話内容を自動的にテキスト化

    電話回線を使わずに、インターネット回線を介した通話が可能です。複数人での同時通話も可能です。

    その通話内容は全て録音できるのですが、録音されるだけではなく、その場で、自動的にテキスト化もされます。

    通常の会議では、誰かが議事メモをとらなければなりませんが、この自動音声議事録を活用すれば、議事メモをとる煩わしさから解放され、ミーティングに集中できるでしょう。

    画面共有・資料共有

    ONTALKは、営業担当者自身のPC画面をオンライン画面上に共有する機能がありますので、必要な書類を全て提示でき、双方で確認できます。PCのカメラがあれば、営業担当者の顔も見せることができます。

    対面で資料を見ながら、また、ポインタ機能も使いながら、製品サービスの説明をする時と同じ様に、オンライン上の資料を見ながら商談を進めることが可能となりますので、電話での営業活動に比較して、よりスピーディーにクライアントと意思疎通を図ることができるでしょう。

    テキストチャット

    通話だけではなく、営業担当者がお客様との間で、テキストチャットを利用することも可能です。お客様に見て頂きたいURLや通話内容の整理をした結果をお客様にお知らせするようなことができますね。

    料金プランについて

    ONTALKの価格は初期費用と月額費用から構成されます。

    初期費用は20,000円で、月額費用は28,000円~となっています。2020年11月現在、初期費用が無料となるキャンペーンを開催中なのでお得に導入することができます。

    月額費用を決める要素は、チャネル数とアカウント数になっています。チャネル数はオンラインに参加する人数の数、アカウント数は、ONTALKのシステムに登録するログインユーザ数です。チャネル数とアカウント数に応じて、月額費用が変わってきます。ユーザ数ごとの月額費用は個別に問合せとなっています。

    2020年11月現在/詳細は公式サイトを確認

    ONTALK利用企業の評判

    実際に、ONTALKを活用してオンライン商談を成功させている事例があります。

    ONTALKによるオンライン商談でアポ率アップ

    東京都目黒区のITコンサル会社では、アウトバウンドの電話から訪問という営業の流れをONTALKによるオンライン商談を挟んだことによってアポイント取得率が大きく向上したとのこと。

    電話だけですと、自社の紹介は非常に限定的になってしまい、お客様から真剣に取り合ってもらえないことが多いのに対して、オンライン化されることで、自社の紹介を広く行えますし、お客様の反応もわかりますので、対面による本格的な商談時にお互いの期待値がずれてしまうリスクを最小化できるのでしょう。

    多数対多数の商談を実現

    福岡市の自動車部品メーカーでは、商品説明を行う為にONTALKを活用しており、さらに販売店向けの研修にも利用することで、多数VS多数の商談ができるので、カメラを使った商品の説明などが、複数の販売店に対して実現できているとのこと。

    遠隔地にいる複数のお客様への訪問・遠隔地の方を集めた研修は非常にコストも時間もかかり非効率的ですが、ONTALKによって、多数の方とのコミュニケーションを対面による訪問・研修とも大きく変わらないサービスレベルに実現しています。

    類似ソリューションとの違いについて

    非対面でのオンライン商談を可能にするソリューションは、ONTALK以外にも存在します。そこで、類似ソリューションとの違いについて、みていきましょう。

    類似のオンライン商談ソリューションとして、有償ツールのBellFace、一定条件下では無償利用可能な Zoom 、 Skype for Business などがあげられます。

    比較の観点としては、機能・音質画質の品質・操作性そして価格が考えられます。

    機能面では、自動テキスト化による議事録作成機能は、ONTALK独自の機能で、利用者の工数削減を可能とする点で優位性があります。

    操作性については、利用者に対する事前のソフトウエアインストールが不要で、完全にブラウザのみで利用できる為、事前の準備やPCへのソフトウエア導入の制限からも解放される点も優れていると言えるでしょう。

    価格についても、BellFace等の有償ツールよりも比較的安価に導入ができます。

    ONTALKを含むおすすめのweb会議ツール比較

    web会議ツールについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

    非対面によるオンライン商談を実現するONTALK

    今回は、「非対面によるオンライン商談」を実現するONTALKについて、その機能・特徴・事例および類似製品との違いをご紹介しました。

    コロナウイルスによる新型肺炎の自粛を契機とした、テレワークですが、コロナウイルスが沈静化した後も2021年東京オリンピックを迎えるにあたり、更に推奨されるかもしれません。

    その時には、非対面でのオンライン商談が更に必要となり、ONTALKの様に、高いセキュリティを要するオンライン商談ツールの必要性がもっと日常的なものになり、これまでになかったような新しい利用シーンも増えるでしょう。

    画像・データ出典:ONTALK公式サイト

    この製品はWeb会議の製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    Web会議の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【WEB会議】

        時間や場所を選ばずに高品質なWeb会議を: RemoteMeeting

        (4.5)

        定額制月額費用990円~従量制費用29円/分
        初期費用0円〜無料お試し要お問合せ

        プログラムをインストールすることなく、Webブラウザ環境だけで動作するWebRTCの技術をベースにした高品質なクラウド型Web会議サービス。インストール不要で、使い易い機能配置のため誰でも簡単に利用できます。

        使いやすいインターフェースを採用

        RemoteMeetingは、1つの画面でメンバーの招待や画面共有などの機能が選択できる使いやすいインターフェースで設計されています。 そのため、PC操作が苦手、初めてWeb会議システムを使うという方でも直感的に操作方法を理解することができるというメリットがあります。 Web会議への招待は、接続コードを発行して案内するか、招待メールを送るだけのため、ホストになる方でも操作方法に迷うことなく会議を始めることが可能です。

        安定した会議を実現

        RemoteMeetingには、Hybrid MCU AMS(Advanced Media Server)が搭載されており、効率的な映像音声処理が可能です。 メイン画面とサブ画面が2つの方式で処理されており、ネットワーク帯域を感知して最適な画質に自動で調整してくれるだけでなく、ネット環境が悪くなってもクリアな音声で会議を続けることができます。 画面共有やファイル共有、議事録作成機能が搭載されているため、会議をしながらの情報共有やプレゼンテーションが簡単に実現でき、画面録画機能でフィードバックを行うことも可能です。

        利用しやすい料金体系

        RemoteMeetingは、2つの料金プランを提供しており、導入企業の運用スタイルに合わせて選ぶことが可能です。 Web会議サービスの多くは、月額固定制の料金プランを採用しているものが多く、会議が少ない月でもコストが発生してしまうことがネックになってしまいます。 RemoteMeetingには、従量制プランがあるため、Web会議の利用が少ない場合でも、発生する費用は使用した時間分だけのため、予算を圧迫することなく導入企業にあった運用が実現できます。

        高品質なテレビ会議を実現: LoopGate

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試しトライアル環境あり
        初期費用要問い合わせ導入社数2,500社以上

        日本で開発されたWeb会議・テレビ会議システム。パソコンやタブレットだけでなく、据え置きの専用機もあり、それらを組み合わせて接続できる利用シーンの豊富さと安定した接続性に優れたオンラインコミュニケーションツールです。

        接続や操作が簡単

        LoopGateの特徴は、操作性が良いことです。 ボタンを押すだけで、簡単に接続できるため、機械が苦手な方でも問題なく扱うことができます。

        きれいな画質

        画質がきれいなことも、LoopGateの特徴です。 最大で1920×1080ピクセルのフルHDに対応しています。 細部まで鮮明な画質となっており、相手の表情、資料などを確認しながら、テレビ会議が行えます。

        カスタマイズができる

        人感センサーと組み合わせた無人対応窓口の設置など、自社の用途に合わせてカスタマイズも可能です。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載