Urizo(ウリゾウ)の料金·評判·機能について。無料でどこまで使える?

最終更新日 

電話やメールなど、手法はさまざまでも重要となってくるのが営業をかけるリストの取得·作成でしょう。

今回紹介するUrizo(ウリゾウ)は、さまざまな媒体から電話番号やメールアドレスなどの営業に必要な情報を取得して営業リストの作成ができることから注目されているサービスです。

機能面や特徴、料金などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

Urizoとは

Urizoとは株式会社セールスサポートが運営している営業リストの作成ツールです。

幅広い媒体から営業に必要な情報を自動取得して、営業リストが手軽に作成できることから60,000以上のダウンロードがされている実績があります。

Urizoの機能·特徴

営業リストが自動で作成できる

Urizoを使用すればiタウンページやハローワークなどさまざまな媒体からメールアドレスや電話番号、FAX番号、住所などの営業に必要な法人情報を取得して自動で企業リストを作成することができます。

情報を取得できる媒体は30サイト以上と非常に豊富で、全国560万件の企業情報を地域や業種別でリスト化できるため、自社のターゲット層により近いリストを作成することが可能です。

重複データを排除できる

Urizoの優れている点は、大量のデータを取得できるだけでなく、複数サイトに同一の企業情報が掲載されている場合は1社として集約することができる点です。

無駄に収集件数が増えることなく、有効なデータだけを収集できるため月の収集件数を圧迫することがありません。

取れなかったデータも後から取得

増強機能を使用することで、その時は1つのデータしか取得できなかった企業情報も再検索してFAX番号やメールアドレスを発見次第自動でリストに追加してくれるため、いつでも最新の企業情報にアプローチすることが可能になります。

Urizoの料金·価格

Urizoの料金プランは5つ提供されています。

  • 無料版:月額0円/月の収集件数1,600件まで
  • ベーシック:月額6,578円/月の収集件数5,000件まで
  • スタンダード:月額10,978円/月の収集件数10,000件まで
  • プレミアム:月額19,580円/月の収集件数20,000件まで
  • スーパープレミアムプラン:月額39,820円/月の収集件数50,000件まで

2021年6月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

Urizoでは、月額0円で利用できる無料版が提供されており、こちらをトライアル的に運用することができます。

無料版は月に収集できる件数が1,600件までと決まっていますがトライアルとして試すには十分な収集件数でしょう。

Urizo導入のメリット

今までアプローチできていなかったリストを取得できる

Urizoがデータ収集できるサイトは実に30サイト以上と豊富です。

他社サイトでは、1サイトのみ、数サイトのみで無料掲載の企業情報だけしか取得できず、確度の高いアプローチができないということもありますが、Urizoであれば豊富なリストから自社のターゲットにマッチした業界に絞ってリストの作成ができるため今までに自社だけでは開拓できなかった層へのアプローチが可能となります。

Urizoの導入事例·評判

毎月30件以上の新規リードを獲得

“以前は自社で取得した電話番号リストへアルバイトを使ってテレアポを行っていましたがリードは月に20件もとれなかったですね。Urizoを導入してメールアドレスへの営業を行なったことで、私1人で月に30件以上のリードが獲得できるようになりました。”(株式会社ポップインサイト様)

わかりやすく使いやすいシステムです

“以前は名簿リストを専用業社から購入していましたが、費用対効果が悪く非効率でした。Urizoは使いやすく工数が少なく利用できる点がいいですね。リスト販売業社と比べて精度も高く、コストも抑えて利用することができています。”(株式会社ヒューマンネット·コンサルティング様)

類似サービスとの比較

Urizoの類似サービスとしてはGeAIne(ジーン)やAPOLLO SALES(アポロセールス)などが挙げられます。

GeAIneは問い合わせフォームに営業ができるツールとして注目されています。

約45万社のデータベースから自動でメールアドレスや企業名などの情報を取得することができ、A/Bテスト機能が搭載されているため最適な営業文章の作成も実現できます。

料金は月額40,000円〜となっています。

GeAIne(ジーン)の料金·評判について。ユーザー数No.1の問い合わせフォーム営業ツールとは?

APOLLO SALESは自動で取得、作成したリストに対してアプローチすることができるサービスです。

自動でアプローチができるようになるため、営業部門の人材不足に悩む企業の心強い味方となります。

料金は月額数万円〜となっており、詳細はお問い合わせが必要です。

APOLLO SALES(アポロセールス)の料金·評判·機能について。 自動で営業リストができる?

リードジェネレーションについては下記記事も参考にしてみてください。

リードジェネレーションとは?ナーチャリングとの違いや施策の方法、サービスについて

Urizoで営業活動の効率化を

Urizoについてご紹介させていただきました。

  • 豊富な媒体からデータ収集が可能
  • リストの自動作成が可能
  • 最新の企業情報を取得できる

上記の点から、営業における人材不足の解消や鮮度の高い企業情報の取得が実現できるサービスと言えます。

本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:Urizo公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載