APOLLO SALES(アポロセールス)の料金·評判·機能について。 自動で営業リストができる?

最終更新日 

BtoBの営業現場では企業リストの入手や作成に苦労するうえ、アプローチをしても思うようにアポが取れない課題を抱えています。
人件費ばかりがかかり、契約に結び付かない悩みを解決してくれるのが、アナログな飛び込み営業や電話営業から脱却できる、自動クラウドアプローチです。
その1つであるAPOLLO SALES(アポロセールス)の特徴や強み、料金プランなどの観点から分析していきます。

APOLLO SALESとは

APOLLO SALESは企業の提供する商材に合わせ、興味がある見込み顧客を自動で抽出して自動でアプローチを行い、アポイントを獲得できるクラウド型のサービスです。
手間のかかるリスト作りや電話を拒絶される非効率な営業活動から卒業でき、人材不足の時代に営業職を減らすこともでき、人件費カットにも役立ちます。

APOLLO SALESの特徴·機能

営業は人が行うものとの思い込みがAPOLLO SALESで、大きな変革を遂げます。
従来の営業の方法を覆す画期的なAPOLLO SALESの特徴や機能を見ていきましょう。

簡単に営業リストを作成できる

アタックしたい企業の条件を指定するだけで、インターネット上にある企業情報を利用して、独自のリストを作成してくれます。
自動で企業リストの収集ができるため、情報収集の手間やリストを表計算ソフトで作る膨大な時間をカットできるのが魅力です。企業のデータベースは日々アップデートされているため、常に最新の情報に基づく営業ができ、営業の空振りも防げ、日々、新たな営業先を開拓していくのと同等以上の効果が期待できます。

作成した営業リストに自動でアプローチ

すでに作成してある営業リストなどを用いて、自動で営業メールを送信することやお問い合わせフォーム投稿によってアプローチが可能です。
自社作成の企業リストをCSV形式で簡単にインポートできるのはもちろん、インポートをした後、APOLLO SALESが自動で最新の企業情報を取得してくれます。
見込み客リストや既存顧客リストなど、積み上げてきた営業活動との連携がスムーズにできるのがメリットです。リストに基づき、手間をかけずにアポイントの獲得が目指せます。

営業の人材不足や経験不足をアシスト

営業人材がいない、営業未経験者しかいないといった企業をはじめ、立ち上げたばかりでこれから営業を始めたい企業や営業を強化したいけれど人材やノウハウが不足している企業も、充実の対人サポートを通して、効率的にアポ獲得が目指せます。

APOLLO SALESの強み

APOLLO SALESは自動メールによる営業が基本ですが、送信されたメールを開封した企業名を把握できるので、テレアポとの併用でさらに効率的なセールス活動を行えるので、より効果的にアポ獲得や成約につなげることができます。
また、APOLLO SALESはクラウド型のサービスながら、対人によるサポート体制も充実しているのが強みです。専任担当者が付き、導入コンサルティングを行ってくれるほか、操作方法からアポイント取得に効果的な営業メール文面のアドバイスなど、成果にフォーカスしたサポートを受けることができます。

APOLLO SALESの価格·料金プラン

APOLLO SALESは月額数万円〜のリーズナブルな料金形態となっていますが、契約期間などによって月額費用は変動するため、詳細は要問い合わせとなります。
支払い方法は一括払い·毎月払いなど柔軟な対応が可能です。

2020年8月現在/詳細は公式サイトを確認

APOLLO SALESの注意点

APOLLO SALESの利用開始日は申し込みの翌月1日または16日となり、即日利用をスタートさせたい場合でも、申し込みのタイミングによっては半月ほど待たなくてはなりません。
利用開始後は送信するリストの選定、文章の設定だけで手続きが済むので、最短で翌営業日には営業メールの送信がスタートできます。

APOLLO SALESの口コミ·利用企業からの評判

ボタン1つで毎月20アポを獲得

“工数が不要となり、ボタン1つで一気に配信できるのが便利で、毎日1,000通ほどのメールを配信できています。月2万件あまりアプローチしていることになりますが、平均すると毎月20アポを獲得しています。”(ベルフェイス株式会社様)

アポ獲得率が12倍に

“APOLLO SALESの導入当初は効果が実感できなかったのですが、サポートを受けたところ、たった4ヶ月で導入前の過去4年の実績を上回るアポを獲得できました。”(株式会社アルバイトタイムス様)

類似サービスとの比較

類似サービスであるGeAIneは問い合わせフォームから営業メールを送って終わりではなく、送信するメール文章をA/Bテストを実施することや企業ごとのクリック計測を行うことで、より確度の高いアポ獲得を強力に支援するシステムです。
人工知能によって見込み客のメールと問い合わせフォームに自動でアプローチすることで、テレアポに比べて効率良く見込みの高いアポ獲得が目指せます。新規開拓営業をスピードアップさせ、受注確度の高いキーマンとの商談獲得へとつなげてくれます。導入後もカスタマーサクセスチームがサポートしてくれるのも魅力です。
GeAIneの使い方の説明はもちろん、営業文章の添削や効果の高い文章や送信タイミングのアドバイスも受けられます。
基本機能が使える基本プランは月額費用のみで利用可能で、問い合わせ自動入力月2,000 社あたり月額40,000円〜です。
営業リスト取得機能は基本プランにプラスして3,000社あたり30,000円〜、URL & 情報補完機能は3,000社あたり15,000円〜です。
APOLLO SALESは費用面は要問い合わせとなりますが、インターネット上の企業情報を条件に合わせて自動ピックアップし、効果的な営業メールを配信してくれるというわかりやすさが魅力です。対人サポートが充実している点では、GeAIneに引けを取りません。

APOLLO SALESでアポ獲得率の向上を

APOLLO SALESは企業リストの自動作成、営業メールの自動配信からアポ取得までサポートしてくれ、対人サポートも充実しています。
手間がかかるうえ、アポ獲得率が低いリスト作成やテレアポの非効率な営業から卒業でき、営業人材が不足していても、経験やノウハウがなくても、効率的で成果が出る営業の実現が目指せます。

画像·データ出典:APOLLO SALES公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部