Chat&Messengerの料金・評判・機能について

    ビジネスを加速させるツールとして、多くの企業に支持されているのが、ビジネスチャットツールです。ネット上ではさまざまな種類のビジネスチャットツールが紹介されていて、どれを選んだら良いか迷うほどです。
    人気のビジネスチャットツールの一つにChat&Messengerがありますが、ここではChat&Messengerの特徴や強み、料金プランなど詳しく解説します。

    Chat&Messengerとは

    Chat&Messengerは、株式会社Chat&Messengerが開発したビジネスチャットツールで、オンラインチャットのほかビデオ通話やファイルの共有など、複数の機能を搭載しています。

    そのほかにもスケジュール管理や施設の予約、さらにはテレワークにも利用できるなど、ビジネス上使いやすい機能が一通り揃ったビジネスチャットツールといえます。

    おすすめの類似グループウェア・プロジェクト管理ツール

    あらゆる業務を一元管理: monday.com

    (4.5)

    月額費用900円〜無料お試し14日間無料
    初期費用要問い合わせ導入会社140,000社

    チームのタスク、プロジェクト、スケジュール、ファイル、チャットを一元管理できるプラットフォーム。プログラミング不要でさまざまな機能が実装できるローコード/ノーコード開発プラットフォームとして、ニーズに合わせて自由にカスタマイズできます。

    タスク管理の煩雑さを解消

    monday.comは、Excelライクな見た目でタスク管理をすることが可能です。 ドラッグ&ドロップの直感的操作でタスクを入れ替えることができ、タスクの期限が迫った場合は、自動でアラートを送ることができるため、利便性に優れています。 タスクは、チームメンバーで共有することができるため、タスク漏れの心配もなく、リアルタイムでタスクの更新も可能なため、チームメンバーがいつでも最新のタスクを確認できるようになります。

    リモートワークの管理にも最適

    リモートワークにおける課題として多く挙げられるのが、メンバーの稼働状況がわからず、業務負荷が大きいメンバーの存在に気づくことができないという点です。 monday.comは、ブラウザベースで利用できるため、場所を選ばずアクセスすることが可能で、タスクごとにチャットをすることで、出社時と変わらないパフォーマンスを実現します。

    リアルタイムでのタスク管理が可能

    チーム内でいつでも最新のタスク共有ができるため、リアルタイムでのタスク管理が可能となります。 管理者は、誰が今どんなタスクを処理しているのか、タスクの抱えすぎになっていないかがリアルタイムで確認でき、適切なプロジェクト管理が可能となり、チームメンバーは自分以外のメンバーがどんなタスクを抱えているのかが把握できることでタスクの依頼や協働作業がしやすくなります。

    操作性に優れたグループウェア: aipo

    (5.0)

    月額費用200円~/1ユーザー無料お試し14日間無料
    初期費用0円導入会社要お問合せ

    ウェブブラウザから利用するグループウェアで、スケジュール管理、ワークフロー、Webメール、ファイル共有、ブログ、掲示板等の機能を有し、ひとつの画面でチームの予定を確認でき、空き時間がひと目で分かります。

    テレワークにおけるスケジュール管理が可能

    テレワークにおける課題として上位に挙げられるのが、メンバーとのスケジュール共有です。 テレワークのみならず、フリーアドレスや別フロアで仕事をしている場合でも、誰がどこで何をしているのかを瞬時に把握することは困難となります。 aipoは、クラウド型のサービスであるため、場所を選ばずにスケジュールの入力·確認が可能です。入力されたスケジュールは、リアルタイムで更新されるため、いつでもメンバーの最新の予定を把握することが可能となります。

    ダブルブッキングのないスケジュール管理を実現

    紙やホワイトボードでのスケジュール管理では、書き込み·修正を繰り返すうちに煩雑化してしまい、会議や設備予約のダブルブッキングが起きるリスクが高まります。 aipoでは、登録するメンバーを部署やチームなどのグループごとに振り分けることができます。 予定登録の際に、会議室や社用車など設備に関しても登録することができるため、設備に関するダブルブッキングを防止することが可能です。

    Excelでのスケジュール管理から脱却できる

    Excelでのスケジュール管理は、同時編集ができないことや、複雑な数式を用いている場合などに属人化が起きやすいことが問題となります。 また、Excelは基本的にPCからの編集に向いており、外出先からモバイルで操作することが難しいというデメリットもあります。


    Chat&Messengerの特徴・機能

    Chat&Messengerには、さまざまな機能がありますが、その主なものについてご紹介します。

    ビジネスチャット機能が充実

    Chat&Messengerを利用すると、ウェブブラウザ上でビジネスチャットができるほか、キャプチャを利用したメッセージのやり取りや開封メッセージの送信などが簡単にできます。
    社内LANでは、メッセージを暗号化して伝えることやIP Messengerの転送も可能です。チャットルームは公開可能なので、会議代わりにも使えます。

    ビデオ会議やビデオ通話も可能

    ビジネスチャットとビデオ会議をワンクリックで連携させられるので、緊急のミーティングにも対応可能です。
    顔を確認しながら話し合いができるほか、文書やファイルの共有もできるなど、使い勝手の良い機能が揃っています。会議のほかにもビデオ通話や商談など、使い方は多岐にわたります。

    スケジュール管理などタスクツールも充実

    Chat&Messengerには、スケジュール管理やタスク管理、施設予約可能なツールが搭載されています。
    ビデオチャットと連携させることで、本日のTODOリストの確認やスケジュール予約がその場でできるのです。

    オンプレミス版も提供

    Chat&Messengerではクラウド版以外にもオンプレミス版も提供されているので自社の環境に合わせて導入することができます。

    自社PCにCAMServerという管理機能を持つサーバーを設置することで、社内のイントラネット内だけでグループウェアを構築することが可能となります。

    CAMServerは2,000ユーザー程度なら処理が可能なので大企業でも運用することができます。サーバー構築に必要なスキルは不要で設計できるというのも特徴的です。

    オンプレミス型でありながらモバイル端末との連携が可能で、スケジュールの共有や会議室の予約、ファイルの共有、コンプライアンス対応など様々な機能を搭載しています。

    Chat&Messengerの強み

    Chat&Messengerがあると、チャットとビデオやスケジュール表を連携させることで、さまざまな業務をこなすことが可能になります。
    多機能なので、複数のツールを使い分ける必要がないというメリットがChat&Messengerにはあります。Chat&Messengerの使い方を一度覚えてしまえば簡単に作業を進められるので日常のさまざまな業務に役立つでしょう。

    Chat&Messengerの価格・料金プラン

    Chat&Messengerは、「ビジネスチャット」「音声通話・ビデオ通話・画面共有」「スケジュール共有・タスク管理(ToDo)」「ファイル共有・文書管理・掲示板・回覧板」「テレワーク・モバイル連携」の機能を無料で利用可能です。
    有料プランには「プレミアム」「ビジネスプレミアム」「オンプレミスCAMServer」「クラウド」があります。
    プレミアムは1ユーザーあたりの料金が月額200円(目安)、ビジネスプレミアムは永続ライセンスとなり、ライセンスを取得する場合、1ユーザーあたり10,000円かかります。
    オンプレミスCAMServerは1ユーザーあたり月額150円(目安)、そしてクラウドは1ユーザー上がり月額300円(目安)です。

    2020年6月現在/詳細は公式サイトを確認

    Chat&Messengerの注意点

    Chat&Messengerについて、特にデメリットはありませんが、ファイアウォールの設定状況では、オフラインになるなど不具合生じることがあります。

    Chat&Messengerの口コミ・利用企業からの評判

    社内コミュニケーションが活発になりました

    “社内にはオンラインでのコミュニケーションに違和感を感じる社員とそうでない社員がいますが、Chat&Messengerの使い方は社員にも説明しやすく、違和感なく浸透していきました。1度に100台以上のパソコンにインストールしましたが、セットアップもスムーズに行き、すぐにチャットすることが可能です。”(サービス業、企業名非公開)

    類似サービスとの比較

    Chatworkは、広く浸透しているビジネスチャットツールで、チャットとタスク管理が可能です。
    Chat&Messengerと比べると機能が少なめですが、無料で利用できチャットだけに限定すれば使いやすいでしょう。
    人気のビジネスチャットツールにSlackがあります。Slackは外部ツールやアプリと連携する機能が充実しています。Chat&Messengerと同じく一定の機能は無料で使え、「スタンダードプラン」は、1ユーザーあたり月額850円で利用することが可能です。

    ビジネスチャットについては以下の記事でも紹介しています。

    Chat&Messengerを含むおすすめのグループウェアツール比較

    グループウェアツールについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

    Chat&Messengerの活用方法

    Web会議

    Chat&Messengerはワンクリックでビデオ通話·Web会議が可能です。

    クライアントユーザーの自動認識が可能なので人事異動などがあった際でも登録のし直しは必要ありません。

    画面共有が簡単にできるので、商談相手と同じ画面を見ながらスムーズに提案を行うことができます。ブラウザからの音声通話でリアルタイムに画面共有という特徴があります。

    デスクトップだけではなくモバイルからも利用できるので、実際に現場にいる人とビデオ通話をつないで、現場の状況を確認しながら指示することも容易になります。

    テレワーク

    Chat&Messengerはクラウド版でも提供されているので、社用のEmailを使ってユーザーの自動認識を行い、離れた拠点やモバイル、企業間での連携が可能となります。

    テレワークのような在宅環境でもモバイルなどからテレビ会議への参加、ビデオ通話、無料通話を利用することができ、ユーザー管理やIPアドレス制限も行えるので管理者側にかかる負担も軽減されます。

    FAQ

    インターネット接続は必須ですか?

    オンプレミス版をご利用いただく場合は不要です。クラウド版でのご利用にはインターネット接続が必要となります。

    離れた拠点でも使えますか?

    クラウド版をご利用いただくことで離れた拠点やスマートフォンからもお使いいただくことが可能です。

    ビジネスプレミアムの無料体験はできますか?

    可能です。お問い合わせから申し込んでいただきますようお願いします。

    ビデオ通話に最大接続数はありますか?

    LAN用の場合はカメラ有りで10人、音声のみで20人程度となっています。Web会議用の場合はカメラ有りで10人、音声のみで30人程度です。Webセミナー用の場合は数名発表者だけカメラ有り、それ以外は視聴のみで参加させた場合50人程度となっております。

    オンプレミスでモバイル連携できますか?

    社内Wi-Fi限定ですがオンプレミスCAMServerを導入する事で対応可能です。

    参考:Chat&Messenger公式サイト

    Chat&Messengerで日常の業務をスムーズに

    Chat&Messengerには、日常の業務をスムーズに行うために必要な機能が搭載されています。
    一度覚えてしまえば使い方も簡単ですので、オンラインチャットに慣れていない人にも受け入れられやすいでしょう。仕事の能率をアップさせるために、Chat&Messengerの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

    画像・データ出典:Chat&Messenger公式サイト

    無料

    Chat&Messenger
    資料ダウンロードはこちら

      • qeee枠【グループウェア】

        あらゆる業務を一元管理: monday.com

        (4.5)

        月額費用900円〜無料お試し14日間無料
        初期費用要問い合わせ導入会社140,000社

        チームのタスク、プロジェクト、スケジュール、ファイル、チャットを一元管理できるプラットフォーム。プログラミング不要でさまざまな機能が実装できるローコード/ノーコード開発プラットフォームとして、ニーズに合わせて自由にカスタマイズできます。

        タスク管理の煩雑さを解消

        monday.comは、Excelライクな見た目でタスク管理をすることが可能です。 ドラッグ&ドロップの直感的操作でタスクを入れ替えることができ、タスクの期限が迫った場合は、自動でアラートを送ることができるため、利便性に優れています。 タスクは、チームメンバーで共有することができるため、タスク漏れの心配もなく、リアルタイムでタスクの更新も可能なため、チームメンバーがいつでも最新のタスクを確認できるようになります。

        リモートワークの管理にも最適

        リモートワークにおける課題として多く挙げられるのが、メンバーの稼働状況がわからず、業務負荷が大きいメンバーの存在に気づくことができないという点です。 monday.comは、ブラウザベースで利用できるため、場所を選ばずアクセスすることが可能で、タスクごとにチャットをすることで、出社時と変わらないパフォーマンスを実現します。

        リアルタイムでのタスク管理が可能

        チーム内でいつでも最新のタスク共有ができるため、リアルタイムでのタスク管理が可能となります。 管理者は、誰が今どんなタスクを処理しているのか、タスクの抱えすぎになっていないかがリアルタイムで確認でき、適切なプロジェクト管理が可能となり、チームメンバーは自分以外のメンバーがどんなタスクを抱えているのかが把握できることでタスクの依頼や協働作業がしやすくなります。

        操作性に優れたグループウェア: aipo

        (5.0)

        月額費用200円~/1ユーザー無料お試し14日間無料
        初期費用0円導入会社要お問合せ

        ウェブブラウザから利用するグループウェアで、スケジュール管理、ワークフロー、Webメール、ファイル共有、ブログ、掲示板等の機能を有し、ひとつの画面でチームの予定を確認でき、空き時間がひと目で分かります。

        テレワークにおけるスケジュール管理が可能

        テレワークにおける課題として上位に挙げられるのが、メンバーとのスケジュール共有です。 テレワークのみならず、フリーアドレスや別フロアで仕事をしている場合でも、誰がどこで何をしているのかを瞬時に把握することは困難となります。 aipoは、クラウド型のサービスであるため、場所を選ばずにスケジュールの入力·確認が可能です。入力されたスケジュールは、リアルタイムで更新されるため、いつでもメンバーの最新の予定を把握することが可能となります。

        ダブルブッキングのないスケジュール管理を実現

        紙やホワイトボードでのスケジュール管理では、書き込み·修正を繰り返すうちに煩雑化してしまい、会議や設備予約のダブルブッキングが起きるリスクが高まります。 aipoでは、登録するメンバーを部署やチームなどのグループごとに振り分けることができます。 予定登録の際に、会議室や社用車など設備に関しても登録することができるため、設備に関するダブルブッキングを防止することが可能です。

        Excelでのスケジュール管理から脱却できる

        Excelでのスケジュール管理は、同時編集ができないことや、複雑な数式を用いている場合などに属人化が起きやすいことが問題となります。 また、Excelは基本的にPCからの編集に向いており、外出先からモバイルで操作することが難しいというデメリットもあります。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載