電話メールの課題を解決する!チャットの種類と使い方、おすすめアプリをご紹介

更新日:

    チャットは、現代のコミュニケーションにおいて欠かせないツールとなりつつあります。
    本記事で、チャットの特徴や種類、活用シーンなどをわかりやすく解説いたします。
    また、おすすめのチャットアプリも5つご紹介いたしますので、導入の際の参考にしてみてください。

    チャットとは

    パソコンやスマートフォンなどの画面上で、コミュニケーションを取ることを「チャット」と呼んでいます。英語では「chat」と表記されます。
    日本語に訳すと、「おしゃべり」「雑談する」「声を掛ける」などの意味です。
    その言葉の通り、テキストの入力、音声や動画などを使って、リアルタイムの会話が楽しめるのが、チャットの魅力です。
    主にインターネット回線を利用するため、Wi-Fiなどの環境さえ整っていれば、海外など遠く離れた場所にいる人たちとも、リアルタイムでのコミュニケーションが実現できます。

    チャットはどんなシーンで使われる?

    チャットは、オンラインゲームアプリ、インターネットサイト、ビジネスなど、さまざまな場所で使われています。
    チャットはその場でやり取りできることから、メールや電話の代わりの連絡手段としても、利用されるようになりました。
    お友達やご家族との連絡ツールとして、スマートフォン向けのチャットアプリを使っているという方も多いのではないでしょうか。
    また、近年では、お問い合わせ対応、カスタマーサポートなどで、チャットが使われることも当たり前となってきました。

    ビデオチャット?グループチャット?チャットの種類を解説

    一口にチャットといっても、実際にはいろいろな種類があります。

    テキストチャット(Text Chat)

    テキストチャットは、テキストで相手とコミュニケーションを取るチャットのことです。
    昔から利用されてきたチャットの基本的な機能となっています。
    スムーズなコミュニケーションを取るためには、素早いテキスト入力スキルが必要です。

    ボイスチャット(Voice Chat)

    ボイスチャットは、音声入力によってコミュニケーションを取るチャットのことです。
    電話と同じような感覚で、雑談などを気軽に楽しむことができます。
    ボイスチャットを利用する際には、マイクやヘッドフォンなどの機材が必要です。

    ビデオチャット(Video Chat)

    ビデオチャットは、映像によってコミュニケーションを取るチャットのことです。
    テキストやボイスチャットと違って、お互いの顔を見ながら会話ができるのが、ビデオチャットの良いところです。
    ビデオチャットを利用する際には、Webカメラ、マイクなどの機材が必要となります。

    グループチャット(Group Chat)

    グループチャットは、複数人でコミュニケーションを取るチャットのことです。
    全員がバラバラの場所にいる場合でも、すぐそばにいるような感覚でリアルタイムコミュニケーションが楽しめます。
    人気無料アプリのLINEに搭載されているグループトーク機能も、このグループチャットです。

    ビジネスチャット(Business Chat)

    ビジネスチャットは、その名前の通り、ビジネスでの利用を目的としたチャットです。
    チャットのほかに、グループ作成、ファイル共有、タスク管理などビジネスに役立つ機能を搭載しているのが、ビジネスチャットの特徴です。

    チャットボット(Chat bot、Chatterbot)

    チャットボットの「ボット」は、「ロボット」のことです。
    人間の音声やテキストが入力されると、プログラミングされたロボットが自動判別して、適切な回答を行ってくれます。
    Apple社のスマートフォンに搭載されているAIアシスタント「Siri」も、このチャットボットの1種です。

    種類別チャットの利用例と解決できる課題

    チャットを活用すれば、コミュニケーションの促進、生産性の向上などさまざまなメリットが得られます。
    チャットごとの活用例、解決できる課題については、以下の通りです。

    さまざまなシーンで活用できるテキストチャット

    テキストチャットは、ゲームやSNSなどのオンラインコンテンツ、カスタマーサポートなど、さまざまな場所で活用できます。
    カメラやマイクなどの機材も不要なので、顔を見られたくない方、直接話すのが苦手だという方とも気軽にコミュニケーションが取れるようになるのが、テキストチャットの良いところです。

    ハンズフリーで会話ができるボイスチャット

    ボイスチャットは、テキストよりも素早く内容を伝えることや相手の感情も察知しながらコミュニケーションを取ることができます。
    仕事中や作業中にハンズフリーで会話したいときなどにも、重宝するでしょう。
    また、ボイスチャットは、相手が応答できないときなどに、音声でメッセージが届けられるという利点もあります。
    インターネット回線を使うため、電話代もかかりません。

    お互いの表情がわかるビデオチャット

    ビデオチャットは、お互いの顔を確認しながらやり取りができるので、オンラインミーティングなどで活用されることが多いです。
    最近は、ビデオチャットを利用して、オンラインレッスン、オンライン商談などを行う人も増えてきました。
    海外では、オンライン裁判、オンライン診療などでも、ビデオチャットが利用されています。
    今後もテレワークなどで、ビデオチャットの需要がますます高まっていくと予想されています。

    複数人に一度に連絡できるグループチャット

    グループチャットは、同時に複数の人たちとコミュニケーションが取れることから、仲間同士での会話のほかに、オンラインスクール、オンラインミーティングなどでも利用されています。
    複数の人に一度に連絡したいときにも、グループチャットが役立ちます。

    現代のビジネスにおいて必須のビジネスチャット

    ビジネスチャットは、仕事をするうえで欠かせないツールとなってきました。
    社員同士や取引先とのコミュニケーションの促進、プロジェクト進捗状況の把握のほか、テレワークやリモートワークなどにも活用できます。

    広く活用されているチャットボット

    チャットボットは、ECサイト、カスタマーサポートなどで利用されることが多いです。
    近年は、高度な人工知能を搭載したAIチャットボットも登場してきており、スタッフの業務負担軽減、仕事の効率化、人件費などの削減を目指して導入する企業も増えています。

    おすすめのチャットアプリ5選

    最後に、チャットアプリをご紹介します。
    おすすめのチャットアプリを5つ厳選してみましたので、導入の際に参考にしてみてください。

    Talknote(トークノート)

    特徴

    1,000社以上での導入実績があるTalknote。

    SNSライクな操作性とリアクション機能やいいね機能などの便利な機能で社内メールよりも手軽にコミュニケーションが取れるようになります。

    主な機能

    • グループ作成機能
    • メッセージ機能
    • タスク管理機能
    • スタンプ機能
    月額料金要問い合わせ
    初期費用要問い合わせ
    無料トライアル14日間無料
    最低利用人数1人〜

    2021年4月現在/詳細は公式サイトを確認

    画像·データ出典:Talknote公式サイト

    LINE WORKS(ラインワークス)

    特徴

    ビジネスチャットとして多くの企業で導入されているLINE WORKS。その導入実績は10万社以上を突破しました。

    テレワークでの活用にも適しており、セキュリティの堅牢性も高いので、企業での利用でも問題ありません。

    無料で100人まで利用できるプランも提供されています。

    主な機能

    • トーク機能
    • カレンダー機能
    • アンケート機能
    • アドレス帳機能
    月額料金300円〜/ユーザー
    初期費用0円
    無料トライアル無料プランあり
    最低利用人数1人〜

    2021年4月現在/詳細は公式サイトを確認

    画像·データ出典:LINE WORKS公式サイト

    Chatwork(チャットワーク)

     

    特徴

    シンプルな操作性と見やすい画面で国内中小企業の多くが導入しているChatwork。

    社内はもちろん、社外メンバーを招待して活用することもできるため、プロジェクト単位でグループを作成して効率的にコミュニケーションをとることが可能です。

    主な機能

    • グループチャット機能
    • タスク機能
    • ファイル管理機能
    • ビデオ、音声通話機能
    月額料金(年間契約時)500円〜/ユーザー
    初期費用0円
    無料トライアル1ヶ月無料
    最低利用人数1人〜

    2021年4月現在/詳細は公式サイトを確認

    画像·データ出典:Chatwork公式サイト

    Slack(スラック)

    特徴

    Slackは、Slack Technology社が提供しているビジネス向けのチャットツールです。
    テキストチャットのほか、ビデオチャット、音声チャット機能も搭載されているので、オンラインミーティングなどでも活用できます。
    そのほか、外部サービスと連携、プロフィール参照、メッセージ検索、タイムラインなどいろいろな機能が揃っています。
    無料プランも用意されており、お金をかけずに導入できるのがSlackのおすすめポイントです。

    主な機能

    • チャンネル作成機能
    • 音声通話機能
    • ビデオ通話機能
    • ファイル共有機能
    月額料金850円〜/ユーザー
    初期費用0円
    無料トライアルあり
    最低利用人数1人〜

    2021年4月現在/詳細は公式サイトを確認

     

    画像·データ出典:Slack公式サイト

    kintone(キントーン)

    特徴

    直感的操作でビジネスアプリを作成することができるkintone。

    グループウェアアプリの作成はもちろん、日報機能やアンケート機能、CRMなど様々なビジネスアプリを作成することができ、幅広い業務の効率化が実現できます。

    主な機能

    • タスク管理機能
    • 日報機能
    • 目安箱機能
    • アンケート機能
    • 勤怠管理機能
    月額料金780円〜/ユーザー
    初期費用0円
    無料トライアル30日間無料
    最低利用人数1人〜

    2021年4月現在/詳細は公式サイトを確認

    画像·データ出典:kintone公式サイト

    利用目的に適したチャットを導入しよう

    チャットは、ビデオチャット、ボイスチャットなどいろいろな種類があります。
    また、ビジネス向け、プライベート向けなどによっても、搭載されている機能が異なっています。
    導入する際には、自分の目的に合ったものを選ぶようにしてください。
    また、チャットアプリを導入する際には、セキュリティ面もよくチェックしておいたほうが良いでしょう。

    この製品はグループウェアの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    グループウェアの製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【グループウェア】

        あらゆる業務を一元管理: monday.com

        (4.5)

        月額費用900円〜無料お試し14日間無料
        初期費用要問い合わせ導入会社140,000社

        チームのタスク、プロジェクト、スケジュール、ファイル、チャットを一元管理できるプラットフォーム。プログラミング不要でさまざまな機能が実装できるローコード/ノーコード開発プラットフォームとして、ニーズに合わせて自由にカスタマイズできます。

        タスク管理の煩雑さを解消

        monday.comは、Excelライクな見た目でタスク管理をすることが可能です。 ドラッグ&ドロップの直感的操作でタスクを入れ替えることができ、タスクの期限が迫った場合は、自動でアラートを送ることができるため、利便性に優れています。 タスクは、チームメンバーで共有することができるため、タスク漏れの心配もなく、リアルタイムでタスクの更新も可能なため、チームメンバーがいつでも最新のタスクを確認できるようになります。

        リモートワークの管理にも最適

        リモートワークにおける課題として多く挙げられるのが、メンバーの稼働状況がわからず、業務負荷が大きいメンバーの存在に気づくことができないという点です。 monday.comは、ブラウザベースで利用できるため、場所を選ばずアクセスすることが可能で、タスクごとにチャットをすることで、出社時と変わらないパフォーマンスを実現します。

        リアルタイムでのタスク管理が可能

        チーム内でいつでも最新のタスク共有ができるため、リアルタイムでのタスク管理が可能となります。 管理者は、誰が今どんなタスクを処理しているのか、タスクの抱えすぎになっていないかがリアルタイムで確認でき、適切なプロジェクト管理が可能となり、チームメンバーは自分以外のメンバーがどんなタスクを抱えているのかが把握できることでタスクの依頼や協働作業がしやすくなります。

        操作性に優れたグループウェア: aipo

        (5.0)

        月額費用350円~/ユーザー無料お試し14日間無料
        初期費用0円導入会社要お問合せ

        ウェブブラウザから利用するグループウェアで、スケジュール管理、ワークフロー、Webメール、ファイル共有、ブログ、掲示板等の機能を有し、ひとつの画面でチームの予定を確認でき、空き時間がひと目で分かります。

        テレワークにおけるスケジュール管理が可能

        テレワークにおける課題として上位に挙げられるのが、メンバーとのスケジュール共有です。 テレワークのみならず、フリーアドレスや別フロアで仕事をしている場合でも、誰がどこで何をしているのかを瞬時に把握することは困難となります。 aipoは、クラウド型のサービスであるため、場所を選ばずにスケジュールの入力·確認が可能です。入力されたスケジュールは、リアルタイムで更新されるため、いつでもメンバーの最新の予定を把握することが可能となります。

        ダブルブッキングのないスケジュール管理を実現

        紙やホワイトボードでのスケジュール管理では、書き込み·修正を繰り返すうちに煩雑化してしまい、会議や設備予約のダブルブッキングが起きるリスクが高まります。 aipoでは、登録するメンバーを部署やチームなどのグループごとに振り分けることができます。 予定登録の際に、会議室や社用車など設備に関しても登録することができるため、設備に関するダブルブッキングを防止することが可能です。

        Excelでのスケジュール管理から脱却できる

        Excelでのスケジュール管理は、同時編集ができないことや、複雑な数式を用いている場合などに属人化が起きやすいことが問題となります。 また、Excelは基本的にPCからの編集に向いており、外出先からモバイルで操作することが難しいというデメリットもあります。

        類似サービス Slack to Teams

        (5.0)

                 
        年額費用132,000円〜(〜100ユーザー)無料お試し30日間無料
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

        Slack to Teamsとは、株式会社ストラテジットが開発しているチャットツール連携アプリです。 ビジネスチャットツールのSlackとTeamsを連携することが可能で、メインで利用していないチャットツールにアクセスしなくても返信ができるようになります。

           

        複数チャットツール間の確認漏れを防止

        Slack to Teamsを導入することで、Slackへの通知をTeamsで確認、またはその逆が可能となります。 届いた通知に対して返信を送ることも可能なため、複数チャットツールを利用している企業にありがちな、対応が遅れてしまったり、確認が漏れてしまうといったトラブルを防ぐことができます。

      • グループウェア

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載