社内報アプリの料金·評判·機能について

更新日:

    新型コロナウイルスの影響でテレワークのような在宅勤務を取り入れる企業が増えています。

    今までは対面ですぐに情報を共有することができていた状況が、顔が見えない状態になったことで情報共有に課題を感じるようになりました。

    今回紹介する社内報アプリは、在宅ワークでも手軽に情報の共有が行えて、スマホでも閲覧することができる便利さが好評のコミュニケーションポータルです。

    機能面や特徴、料金などを紹介しますのでサービス選定の参考にしてください。

    社内報アプリとは

    社内報は、企業のビジョンを社員で共有するなどの効果が見込めます。ウィズワークス株式会社は社内報ナビという社内報担当者の役に立つ情報サイトを運営しており、また社内報のコンクールである社内報アワードを手掛けているなど、社内報の発展に力を入れている企業です。

    社内報アプリは、そんなウィズワークス株式会社が手掛けているツールで、社内報を専門に扱ってきた会社ならではのノウハウが詰め込まれています。

    おすすめの類似グループウェア・プロジェクト管理ツール

    あらゆる業務を一元管理: monday.com

    (4.5)

    月額費用900円〜無料お試し14日間無料
    初期費用要問い合わせ導入会社140,000社

    チームのタスク、プロジェクト、スケジュール、ファイル、チャットを一元管理できるプラットフォーム。プログラミング不要でさまざまな機能が実装できるローコード/ノーコード開発プラットフォームとして、ニーズに合わせて自由にカスタマイズできます。

    タスク管理の煩雑さを解消

    monday.comは、Excelライクな見た目でタスク管理をすることが可能です。 ドラッグ&ドロップの直感的操作でタスクを入れ替えることができ、タスクの期限が迫った場合は、自動でアラートを送ることができるため、利便性に優れています。 タスクは、チームメンバーで共有することができるため、タスク漏れの心配もなく、リアルタイムでタスクの更新も可能なため、チームメンバーがいつでも最新のタスクを確認できるようになります。

    リモートワークの管理にも最適

    リモートワークにおける課題として多く挙げられるのが、メンバーの稼働状況がわからず、業務負荷が大きいメンバーの存在に気づくことができないという点です。 monday.comは、ブラウザベースで利用できるため、場所を選ばずアクセスすることが可能で、タスクごとにチャットをすることで、出社時と変わらないパフォーマンスを実現します。

    リアルタイムでのタスク管理が可能

    チーム内でいつでも最新のタスク共有ができるため、リアルタイムでのタスク管理が可能となります。 管理者は、誰が今どんなタスクを処理しているのか、タスクの抱えすぎになっていないかがリアルタイムで確認でき、適切なプロジェクト管理が可能となり、チームメンバーは自分以外のメンバーがどんなタスクを抱えているのかが把握できることでタスクの依頼や協働作業がしやすくなります。

    操作性に優れたグループウェア: aipo

    (5.0)

    月額費用200円~/1ユーザー無料お試し14日間無料
    初期費用0円導入会社要お問合せ

    ウェブブラウザから利用するグループウェアで、スケジュール管理、ワークフロー、Webメール、ファイル共有、ブログ、掲示板等の機能を有し、ひとつの画面でチームの予定を確認でき、空き時間がひと目で分かります。

    テレワークにおけるスケジュール管理が可能

    テレワークにおける課題として上位に挙げられるのが、メンバーとのスケジュール共有です。 テレワークのみならず、フリーアドレスや別フロアで仕事をしている場合でも、誰がどこで何をしているのかを瞬時に把握することは困難となります。 aipoは、クラウド型のサービスであるため、場所を選ばずにスケジュールの入力·確認が可能です。入力されたスケジュールは、リアルタイムで更新されるため、いつでもメンバーの最新の予定を把握することが可能となります。

    ダブルブッキングのないスケジュール管理を実現

    紙やホワイトボードでのスケジュール管理では、書き込み·修正を繰り返すうちに煩雑化してしまい、会議や設備予約のダブルブッキングが起きるリスクが高まります。 aipoでは、登録するメンバーを部署やチームなどのグループごとに振り分けることができます。 予定登録の際に、会議室や社用車など設備に関しても登録することができるため、設備に関するダブルブッキングを防止することが可能です。

    Excelでのスケジュール管理から脱却できる

    Excelでのスケジュール管理は、同時編集ができないことや、複雑な数式を用いている場合などに属人化が起きやすいことが問題となります。 また、Excelは基本的にPCからの編集に向いており、外出先からモバイルで操作することが難しいというデメリットもあります。


    社内報アプリの特徴·機能

    近年は働き方の多様化が進んでおり、特に2020年はテレワークが大きな注目を集めました。また、業種によっては工場、店舗などが主戦場のケースも多く、社内報も様々な働き方に対応する必要があります。

    マルチデバイス対応

    社内報アプリはマルチデバイス対応で、パソコンやスマートフォンなど様々なデバイスから社内報をチェックできるようにするツールです。マルチデバイス対応と聞くと、それぞれの媒体にあわせた更新が必要で手間が増えるのではというイメージがあるでしょうが、社内報アプリでは一括更新に対応しています。

    パソコン向け、スマートフォンのアプリ向けと別々に更新する必要はなく、一括で更新できるので担当者の負担が大きく増えることはありません。

    直感的操作が可能

    社内報の担当者のレベルがブログの更新をできる程度でも、社内報アプリは使いこなせます。

    ブログの記事作成ができる程度の知識で十分なので、担当者にHTMLやCSSの知識がなくても大丈夫です。

    9種類の用意されたテンプレートを活用すればデザインにもこだわれます。

    社内報アプリは企業の従業員だけが見られる特別なブログを作るためのツール、このように言い換えられるのです。

    社員参加型のコミュニケーションポータル

    社内報アプリは社内で必要な情報を一元的に集約することができるため、日々更新されるコンテンツだけでなく社内資料や公式SNSのリンクなど全ての社員が社内報アプリを見るだけで完結するようになります。

    また、SNSで見られる「いいね!」を付与する機能やコメント機能もあるので社員間でのコミュニケーションを活性化させるという目的で使用することもできます。

    社内報アプリの価格·料金プラン

    社内報アプリの価格、料金プランですが、公式サイトでは具体的な数字は示されていません。そのため、問い合わせてみないとはっきりした料金は分かりませんが、社内報アプリの料金は初期費用と月額費用の2つに分けられます。

    初期費用は、Web社内報だけを利用するかWebとアプリの統合版を利用するかで変わり、この費用は導入にあたってのコンサルティングやレクチャー込みの料金です。

    月額費用にはサーバーの料金、システム利用料、サーバーの運用や保守などの料金が含まれています。また、月額費用はユーザー数によって変わり、500ユーザー、1,000ユーザー、3,000ユーザー、5,000ユーザー、10,000ユーザーが料金の変わるラインです。10,000ユーザー以降も、10,000人ごとに料金の負担が増すため、問い合わせの時によく確かめておきたいポイントです。

    2020年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    社内報アプリの強み

    ポータルサイト代わりになる

    ブログのように簡単に記事を作れるのが社内報アプリの魅力ですが、記事には企業のポータルサイト的な役割が期待できます。

    社内報アプリの記事は、ポータルサイトのように、各種情報にアクセスするための入り口として使えるのです。社外秘の各種資料、企業の公式サイトや公式SNS、問い合わせ窓口など、記事を入り口にして、様々な場所へアクセスできます。記事をチェックすれば、現状やるべきことがすぐに把握できる、このような仕組みを作り上げられるのが社内報アプリの強みです。

    デザイン面の手間を軽減

    社内報と言えば紙媒体というイメージは現在でも根強く、紙媒体で運用されるケースも多いですが、社内報アプリであれば細かいデザイン面を考える必要はないため、担当者の負担を減らす効果も見込めます。

    評判な記事がすぐにわかる

    紙媒体では書き溜めが困難ですが、ブログのような社内報アプリの形式であれば文章を一気に書き溜めておいて、それを1週間おきに公開するようなことも可能です。

    誰がどの記事を読んでいるのか、このような分析は社内報をよりよいものにするためには欠かせません。社内報アプリでは、一定以上の権限を持つ管理者であれば記事の閲覧状況を把握できるので、どのような記事が評判でどのような記事が評判でないのかもすぐに分かります。

    社内報アプリの注意点

    社内報アプリの導入前には必ずヒアリングがあるため、問い合わせをしてから実際に導入が完了するまでにはやや時間がかかります。早急な導入は難しいので、現状の社内報のシステムと相談しつつスケジュールを管理していきたいところです。

    社内報アプリの導入事例·評判

    社員の到達率100%を達成

    “一部の社員にはPCや社用携帯が支給されておらず、情報共有は紙が中心になっていました。社内報をWeb化することで、全員に情報が伝達できるようにしたいと思い社内報アプリを導入しました。社内報アプリは直感的操作が可能で効果測定ができたので最終的には社員への到達率100%を達成することができました。”(石坂産業株式会社様)

    社員のエンゲージメント向上が実現

    “以前の社内報は2ヶ月に1回PDF形式で発行していましたが、伝えることができる情報が限られていることが課題でした。社内報アプリを導入してからは約4ヶ月でアクティブユーザー数9割を達成し、社員のエンゲージメントを向上させることができました。”(株式会社ジャルパック様)

    類似サービスとの比較

    社内報アプリとの類似サービスとしてはBEST TEAMが挙げられます。

    ブログ感覚で社内報を作成することができ、エンゲージメント診断ができることで社内の課題を可視化することが可能です。

    タイムラインから自社にマッチした投稿を選び、社内報をPDF形式で自動生成することができるので、社内報を初めて作るという担当者にも安心なサービスです。

    料金面としては公式サイトに明記されていないため比較が難しいですが、社員のエンゲージメントを把握しやすいという点ではBEST TEAMはおすすめなサービスです。

    社内報アプリを含むおすすめのグループウェアツール比較

    グループウェアツールについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

    社内報アプリで高品質な社内報作成を

    社内報をすでに展開しているけど担当者の負担が大きくて今後が不安、社内報は現在はないけど今後作りたい、そのように考えているのであれば、使いやすい社内報アプリをぜひ検討してください。

    画像·データ出典:社内報アプリ公式サイト

      • qeee枠【グループウェア】

        あらゆる業務を一元管理: monday.com

        (4.5)

        月額費用900円〜無料お試し14日間無料
        初期費用要問い合わせ導入会社140,000社

        チームのタスク、プロジェクト、スケジュール、ファイル、チャットを一元管理できるプラットフォーム。プログラミング不要でさまざまな機能が実装できるローコード/ノーコード開発プラットフォームとして、ニーズに合わせて自由にカスタマイズできます。

        タスク管理の煩雑さを解消

        monday.comは、Excelライクな見た目でタスク管理をすることが可能です。 ドラッグ&ドロップの直感的操作でタスクを入れ替えることができ、タスクの期限が迫った場合は、自動でアラートを送ることができるため、利便性に優れています。 タスクは、チームメンバーで共有することができるため、タスク漏れの心配もなく、リアルタイムでタスクの更新も可能なため、チームメンバーがいつでも最新のタスクを確認できるようになります。

        リモートワークの管理にも最適

        リモートワークにおける課題として多く挙げられるのが、メンバーの稼働状況がわからず、業務負荷が大きいメンバーの存在に気づくことができないという点です。 monday.comは、ブラウザベースで利用できるため、場所を選ばずアクセスすることが可能で、タスクごとにチャットをすることで、出社時と変わらないパフォーマンスを実現します。

        リアルタイムでのタスク管理が可能

        チーム内でいつでも最新のタスク共有ができるため、リアルタイムでのタスク管理が可能となります。 管理者は、誰が今どんなタスクを処理しているのか、タスクの抱えすぎになっていないかがリアルタイムで確認でき、適切なプロジェクト管理が可能となり、チームメンバーは自分以外のメンバーがどんなタスクを抱えているのかが把握できることでタスクの依頼や協働作業がしやすくなります。

        操作性に優れたグループウェア: aipo

        (5.0)

        月額費用200円~/1ユーザー無料お試し14日間無料
        初期費用0円導入会社要お問合せ

        ウェブブラウザから利用するグループウェアで、スケジュール管理、ワークフロー、Webメール、ファイル共有、ブログ、掲示板等の機能を有し、ひとつの画面でチームの予定を確認でき、空き時間がひと目で分かります。

        テレワークにおけるスケジュール管理が可能

        テレワークにおける課題として上位に挙げられるのが、メンバーとのスケジュール共有です。 テレワークのみならず、フリーアドレスや別フロアで仕事をしている場合でも、誰がどこで何をしているのかを瞬時に把握することは困難となります。 aipoは、クラウド型のサービスであるため、場所を選ばずにスケジュールの入力·確認が可能です。入力されたスケジュールは、リアルタイムで更新されるため、いつでもメンバーの最新の予定を把握することが可能となります。

        ダブルブッキングのないスケジュール管理を実現

        紙やホワイトボードでのスケジュール管理では、書き込み·修正を繰り返すうちに煩雑化してしまい、会議や設備予約のダブルブッキングが起きるリスクが高まります。 aipoでは、登録するメンバーを部署やチームなどのグループごとに振り分けることができます。 予定登録の際に、会議室や社用車など設備に関しても登録することができるため、設備に関するダブルブッキングを防止することが可能です。

        Excelでのスケジュール管理から脱却できる

        Excelでのスケジュール管理は、同時編集ができないことや、複雑な数式を用いている場合などに属人化が起きやすいことが問題となります。 また、Excelは基本的にPCからの編集に向いており、外出先からモバイルで操作することが難しいというデメリットもあります。

      • グループウェア

      執筆者  STRATE編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載