• 一人月額300円から利用できる?ChatLuck(チャットラック)の料金・評判・機能について

    最終更新日 

    ChatLuck(チャットラック)は、近年テレワーク環境の整備で注目を集めているビジネスチャットツールです。2019年には日経BP社「日経コンピュータ」誌の顧客満足度調査グループウエア/ビジネスチャット部門において、顧客満足度1位を獲得した実績があります。

    多くの会社が選ぶ理由がどこにあるのか、機能や評判、料金プランなどについて詳しく解説します。

    ChatLuckとは

    ChatLuckは、株式会社ネオジャパンが提供するビジネスチャットツールです。
    オンプレミスにもクラウドにも対応しており、気軽にメッセージが送れつつ、セキュリティに注力しているため社内外すべてのユーザーを自社管理できます。

    ChatLuckの特徴・機能

    ChatLuckはより強固なセキュリティ機能を搭載しているのが大きな特徴です。
    最初からビジネスユースに特化して作られていて、管理者向けにはユーザーや組織情報をすべて一括管理できるシステム管理機能などもあり業務改善のための工夫が施されています。

    気軽なメッセージ送信

    ChatLuckはルームやコンタクト、マイルームなどユーザー向けのチャット機能が豊富に揃っており、気軽にメッセージ送信できるのがメリットです。
    要件やファイルのみすぐに送りたいときに手間がかからず、写真も動画もドラッグ&ドロップ可能、ルームやコンタクトですぐに共有も保存もできます。操作が簡単で、誰でもすぐに使える点も評価できます。

    セキュリティ充実で管理者フレンドリー

    自由なチャットツールはその柔軟性から管理者の手間がかかることが多いですが、ChatLuckはアクセス権限やネットワークポリシーの設定、端末認証などでリスクを最小にする工夫があります。
    社内外すべてのユーザーを自社管理できるため、社外の人を招待しても部外者を環境内にアクセスさせないことが可能です。

    オンプレミス対応

    クラウドだけでなくオンプレミスにも対応しており、すでに自社専用環境が構築されている大手企業のさまざまな導入要件にも応じることのできる柔軟なシステム構成です。
    スマートフォンと連動し、テレワークなど多様な働き方の実現を強力にサポートします。

    ChatLuckの強み

    ChatLuckの一番の強みは、強固なセキュリティでPC・タブレット・スマートフォンをフル活用し、リアルタイムで情報共有を図れるスマートさです。
    たとえば外出先からスマートフォンやタブレット端末で撮影した写真をメンバーへ送信し保存したとしても、ChatLuckの「セキュアカメラ」を使えば端末にデータは残りません。テレワークでも社内に人員がいるのと変わらない環境をセキュアに構築することが可能となり、場所も時間も問わず業務を進行することが可能です。
    また、管理者がユーザーを一元管理できるため、取引先や協力会社、アルバイトやパートなど組織外メンバーをゲストユーザーとして受け入れても問題なく使えます。すべての利用者を自社環境で管理できることは大きな強みで、業務と関係ないユーザーは情報に触れさせないことで情報漏えいや標的型攻撃などのリスクにも対策できます。

    ChatLuckの価格・料金プラン

    ChatLuckはクラウド版なら初期費用0円、月額ユーザーごとに300円(最低ユーザー数5人)から利用可能です。
    パッケージ版はユーザーライセンスとして初期費用360,000円〜、ルームライセンス150,000円の費用が発生します。

    2020年6月現在/詳細は公式サイトを確認

    ChatLuckの注意点

    クラウド版は数千ユーザーまで可能でルーム数制限もありませんが、ディスク容量は契約ユーザー数×1GBまでです。
    パッケージ版はライセンス契約ごとに初期費用がかかり、初年度は月額はかかりませんが2年目以降はかかるので注意しましょう。

    ChatLuckの口コミ・利用企業からの評判

    スピーディーな情報共有が実現できました

    “ChatLuckを導入したところ、営業やバックオフィスなどの間でスピーディーに情報共有ができるようになりました。”(株式会社NHS様)

    SNSでの評判・口コミ

    類似サービスとの比較

    ChatLuckに類似するサービスとしては、Chatwork株式会社のChatworkが挙げられます。
    両社とも評価の高いツールで甲乙つけ難いのですが、強いて言えば費用面ではChatworkは無料で使うことができ、運用・管理面では対策をしっかりしているChatLuckのほうにより票が集まっていると言えるでしょう。既読・未読表示に関してはChatLuckのほうに軍配に上がります。

    ChatLuckで垣根を越えたビジネスコミュニケーションの構築を

    今回はビジネスチャットツールのChatLuckを紹介させていただきました。
    ChatLuckは、強固なセキュリティを武器に、社内だけでなく取引先や外部スタッフなどあらゆる組織外メンバーを自由にゲストユーザーとして招き入れられる点が優れています。
    そのため社内外問わず垣根を超えたビジネスコミュニケーションの構築が可能となり、テレワークなど新しい働き方にもマッチするツールと言えるでしょう。

    画像・データ出典:ChatLuck公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部