グループウェアについてのよくある疑問

更新日:

本記事では、グループウェアについてQ&A方式で解説しております。

グループウェアの機能についてよくある疑問

質問

Q.グループウェアとは?


回答

A.グループウェアとは、情報共有・コミュニケーション・スケジュール管理というような機能を持ったソフトウェアのことを指します。複数人で構成されているグループで仕事を行う場合、連絡を取ったり報告を密に行うことが重要となってきます。
グループで行うような仕事を補助し、業務効率化を図ることができるツールのことをグループウェアというのです。どんな形であれ、ほとんどの企業で導入されているツールです。具体的にどんな機能があるのでしょうか。


質問

Q.グループウェアの機能とは?


回答

A.グループウェアは、コミュニケーション・情報共有・業務効率化に関連する機能を持っています。具体的な機能を紹介します。
まずコミュニケーションに関する機能です。Webメール機能・チャット機能・在席離席確認機能・社内SNS機能・掲示板機能などが挙げられます。メールなどはほとんどの企業が利用している機能なので、身近なものであることがよく分かります。
続いて情報共有に関する機能です。ファイル共有機能・レポート機能・議事録作成機能・アドレス帳機能・プロジェクト管理機能などがあります。ファイル共有はインターネットが導入されている企業なら使ったことがある人も多いのではないでしょうか。実際にやり取りをしなくてもすぐに閲覧でき、編集も可能なので便利です。
業務効率化に関する機能には、ワークフロー機能・タイムカード機能・経費精算機能・施設予約機能・スケジュール管理機能などがあります。勤怠管理にタイムカードを使用している企業は多いですし、宿泊施設や美容院などにはインターネットから顧客が自ら予約ができる機能をつけているところがあります。電話をしなくても予約ができるのは顧客側にとっても便利なだけではなく、企業から見ても人の手を介さないという点でプラスの要因になることが分かります。
グループウェアには色々な機能がありますが、実際にはとても身近な機能です。業務にうまく取り入れることで、より効率化をアップさせることができるのです。


質問

Q.グループウェアの便利な機能とは?


回答

A.身近なものにグループウェアがあることが分かり、親近感が湧くのではないでしょうか。続いて、グループウェアの便利な機能を紹介します。
【ポータル画面】
ポータル画面とは、登録したものに簡単にアクセスすることができる入口と言えるような画面のことです。好きなものを画面に登録できるため、掲示板・メール・スケジュールなどのよく使うものを置いて、効率を上げることができます。中には、業務システムと連携することができ、メニュー表示が可能なものもあります。
【安否確認】
現代は災害がいつ起きてもおかしくない時代です。グループウェアの中には、緊急時や災害時に安否確認ができる機能を持つものがあります。この機能を利用することで、災害時の全社対応はもちろん、安否確認が迅速にできるのです。
【会議室予約】
会議をしようと思ったら会議室が既に使用中だったということはありませんか?そこでおすすめなのが会議室予約機能です。会議室予約とは、会議室の使用状況の確認、事前に予約ができる機能です。利用状況はリアルタイムでわかるので、直接会議室に行くことなく様子を確認できます。事前に使用することがわかっている場合は予約をしておくことができ、会議室が使われていたという状況にならないのも嬉しいポイントです。


質問

Q.自社に必要なグループウェア機能の選び方とは?


回答

A.グループウェアは様々な機能を持っています。利用すればするほど効率も良くなりますが、導入する機能が多ければ多いほど導入コストが高くなってしまいます。そのため、自社に必要な機能のみを見極めることが重要です。
使いたい機能が搭載されているグループウェアだったとしても、使わない機能が多い、使いにくいという場合は導入コストがかかってしまうだけで上手く受け入れられないかもしれません。それに、現在使っているツールからスムーズな移行ができるかどうかも重要です。

グループウェアの導入目的についてよくある疑問

質問

Q.グループウェアの導入目的とは?


回答

A.グループウェアを導入する目的の1つに「業務の効率化」が挙げられます。業務効率化を達成するためには、社内の連絡や情報の共有を簡略化する必要があり、グループウェアが役立ちます。とくに部署の数が多く、全体の社員数も多い企業では効果が顕著に現れるでしょう。
近年では、テレワークを導入している企業も多く、社員間のコミュニケーションがオンライン上でやりとりをすることも増えています。企業にとってはオフィスの家賃削減や交通費を支給しなくて良いなどのメリットがある一方で、連携が上手くとることができない問題点も言われています。そのような悩みを解決するための機能が揃っているのがグループウェアです。


質問

Q.グループウェア導入のメリットとは?


回答

A.グループウェアを導入するメリットは主に以下の3つです。
それぞれ説明していきます。
【社内のコミュニケーションが活性化される】
従来の社内コミュニケーションツールとしては、メールが使用されてきました。しかし、同時に複数人とやりとりをする場合や、内容を他の方へ共有する手間がかかってしまいます。
グループウェアを導入することで、社内のコミュニケーションが円滑になり活性化されます。コミュニケーションが円滑な企業は社員の満足度も高まり、定着率も向上するでしょう。
【情報共有が円滑になる】
情報共有が円滑になることは、グループウェアを導入する最大のメリットです。報告書、連絡、契約書類など管理、共有しなければならないものは多いです。また、紙で管理することで破損や紛失というリスクもあります。
グループウェアを導入することで、全体の情報共有インフラが整い円滑になります。クラウド上にデータを管理していれば、権限がある方は誰でも自由に閲覧することができます。
【業務効率が高まる】
グループウェアは情報の共有以外に会議室の日程を管理するカレンダー機能やアポイントの予定などを管理することも可能です。また、ペーパーレスの推進を図ることができ、無駄なコストを削減することができます。
社外からも業務を行うことができるため、時間を有効に活用することで企業全体の生産性が向上するでしょう。


質問

Q.グループウェア導入のデメリットとは?


回答

A.グループウェアの導入はメリットがある一方で、デメリットもあります。
デメリットも理解した上で導入を検討しましょう。
【導入に費用がかかる】
グループウェアを導入するためには、初期費用と運用するための費用がかかります。また、プランによっては利用できる機能が限られるため、計画的に導入することを推奨します。
また、契約年数に制限があり、導入後すぐに解約できない可能性もあるため、注意が必要です。
【使用方法が浸透しない】
グループウェアを導入することで、社内の体制が大きく変わる可能性があります。そのため、全員に使用方法が浸透せず、トラブルが発生することもあります。ITツールの使用に慣れていない方へ使用方法をレクチャーする研修などを設けて対策が必要でしょう。


質問

Q.グループウェアを活用するコツや選び方は?


回答

A.グループウェアを活用するコツは無料トライアルや低価格のプランから導入することです。初期費用や運用のコストがかかるため、不要な機能を契約してしまったり、社内に浸透しなかった場合のことも考えましょう。
各社様々なグループウェアを提供しているため、社内の課題を明確にし解決できるグループウェアを選んでください。

失敗しないグループウェアの選び方についてよくある疑問

質問

Q.グループウェアの機能や役割とは?


回答

A.そもそもグループウェアとは、企業内などの組織の中で情報の共有やコミュニケーションを円滑にして、業務をより効率よくするためのソフトウェアです。例えば、メールやファイル共有機能などもグループウェアに当てはまります。
グループウェアを導入することで長時間労働を防止できたり、生産性の向上が期待できるということで、グループウェアを導入する企業がどんどん増えてきています。都会の大きな企業だけではなく、地方の中小企業にも人気が集まっています。


質問

Q.グループウェアの選び方は?


回答

A.それでは、実際にグループウェアの選び方について見ていきましょう。まず大切なことは、自社の求める要件に合っているかどうかです。リモートワークの推進、情報共有の円滑化、コミュニケーションの発展など、グループウェアを導入する理由には様々なものがあります。ですが、どの理由でも同じグループウェアがいいとは限りません。目的に応じてグループウェアを選択するようにしましょう。
続いてランニングコストです。グループウェアは導入してすぐに結果を出せるわけではありません。長期的な利用を経て効果を発揮するものなので、使い続けられるかどうかも重要なポイントなのです。使い続けるということは、それだけコストもかかるということになります。コストが負担になって使い続けられなければ意味がありません。月額でどれくらいランニングコストが必要になるのか、比較やシュミレーションが大切です。
パソコンだけではなく、場所を選ばずに進捗状況などを確認したいという場合は、スマートフォンに対応しているかどうかも重視すべきポイントです。若い世代では、パソコンよりもスマホの方が使い慣れているという人が多い現実もあるので、グループウェアがスマホに対応しているだけでより使用率を上げることができます。


質問

Q.グループウェアを選ぶ際や導入時の注意点は?


回答

A.グループウェアは販売されている種類が多い分、注意しなければならないこともあります。まずは既に使用しているツールとの連携です。業務全てに関わるツールであるため、スムーズな連携が必須なのです。連携方法はもちろんですが、自社だけでできるのかどうか、連携することでグループウェアでの作業をどこまでできるようになるのかを確認しておきましょう。
続いては、サポート体制が整っているかどうかも重要です。初めてグループウェアを導入するという場合は、全ての段階で疑問が生じます。そのため、疑問点をすぐに解決できる環境が必要ということになります。電話・メール・チャットなど、色々な方法で問い合わせができると便利です。サービスによっては、初期設定や保守・運用、機能追加や変更などそれぞれ専門のサポートを受けられる場合もあります。自社にはどんなサポートが必要なのかを明確にしましょう。
グループウェアにはプロジェクトの情報や個人情報など、重要な情報が管理されています。情報の漏洩を防ぐためにも、セキュリティ対策もグループウェア選びの重要な要素の1つです。オンラインのサーバー上で管理されるクラウド型も最近はセキュリティ対策がしっかりされていますが、もっと強いセキュリティを望むなら、社内にサーバーを持つオンプレミス型のものを選ぶという方法もあります。

    その他の関連する記事

    これは グループウェア の製品です。
    グループウェア の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【グループウェア】

        操作性に優れたグループウェア: クロジカスケジュール管理

        (5.0)

        月額費用0円~/ユーザー無料お試し14日間無料
        初期費用0円導入会社要お問合せ

        ウェブブラウザから利用するグループウェアで、スケジュール管理、日程調整、ワークフロー、ファイル共有、タイムライン、掲示板等の機能を有し、ひとつの画面でチームの予定を確認でき、空き時間がひと目で分かります。

        テレワークにおけるスケジュール管理が可能

        テレワークにおける課題として上位に挙げられるのが、メンバーとのスケジュール共有です。 テレワークのみならず、フリーアドレスや別フロアで仕事をしている場合でも、誰がどこで何をしているのかを瞬時に把握することは困難となります。 クロジカスケジュール管理は、クラウド型のサービスであるため、場所を選ばずにスケジュールの入力·確認が可能です。入力されたスケジュールは、リアルタイムで更新されるため、いつでもメンバーの最新の予定を把握することが可能となります。

        ダブルブッキングのないスケジュール管理を実現

        紙やホワイトボードでのスケジュール管理では、書き込み·修正を繰り返すうちに煩雑化してしまい、会議や設備予約のダブルブッキングが起きるリスクが高まります。 クロジカスケジュール管理では、登録するメンバーを部署やチームなどのグループごとに振り分けることができます。 予定登録の際に、会議室や社用車など設備に関しても登録することができるため、設備に関するダブルブッキングを防止することが可能です。

        Excelでのスケジュール管理から脱却できる

        Excelでのスケジュール管理は、同時編集ができないことや、複雑な数式を用いている場合などに属人化が起きやすいことが問題となります。 また、Excelは基本的にPCからの編集に向いており、外出先からモバイルで操作することが難しいというデメリットもあります。

        類似サービス MiLKBOX

        (5.0)

                 
        月額料金30,000円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

        MiLKBOXとは、rayout株式会社が提供している、クリエイティブ制作の進行をスムーズにすることができるコラボレーションツールです。 クリエイティブの修正指示から動画リンクの共有、データの保管、社内承認など、クリエイティブの制作進行を効率化するための機能がワンストップに搭載されています。

           

        コストを抑えたクリエイターマネジメントを実現

        MiLKBOXでは、クリエイターのコミュニティを形成することで、人件費をかけずに社内で完結することができるシステムを構築しています。 オンライン上で制作進行が完結できるワークフローシステムを搭載しているため、クリエイターごとにバラバラであった管理手法を統一して制作業務を大幅に効率化することが可能です。

        効率的なクリエイター管理が可能

        MiLKBOXに搭載されているクリエイター管理機能では、これまでに起用したことのあるクリエイター情報をツール上に蓄積し、効率的な管理を可能とします。 チームで管理しているクリエイター情報を一覧で表示することができ、実績の確認ができるため、場当たり的なクリエイター発注を防ぐことができるようになります。

        オンライン上でプロジェクト管理

        MiLKBOXには、プロジェクト管理機能が搭載されており、オンライン上でプロジェクト管理を完結することができます。 システム上から案件ごとにプロジェクトを作成、関係者を招待して必要な資料や制作データをアップロードして保管・管理することが可能です。

        類似サービス Slack to Teams

        (5.0)

                 
        年額費用132,000円〜(〜100ユーザー)無料お試し30日間無料
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

        Slack to Teamsとは、株式会社ストラテジットが開発しているチャットツール連携アプリです。 ビジネスチャットツールのSlackとTeamsを連携することが可能で、メインで利用していないチャットツールにアクセスしなくても返信ができるようになります。

           

        複数チャットツール間の確認漏れを防止

        Slack to Teamsを導入することで、Slackへの通知をTeamsで確認、またはその逆が可能となります。 届いた通知に対して返信を送ることも可能なため、複数チャットツールを利用している企業にありがちな、対応が遅れてしまったり、確認が漏れてしまうといったトラブルを防ぐことができます。

        類似サービス: Shachihata Cloud

        (4.5)

        月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
        初期費用0円最短導入期間即日〜

        Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

               

        紙の決裁業務をそのまま電子化

        Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

        運用に合わせて柔軟な設定が可能

        Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

        電子帳簿保存法対策に有効

        Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

      広告

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載