マンモスプロジェクトの料金·評判·機能について

更新日:

    プロジェクトを社内で円滑に、皆が把握できるようにプロジェクトマネジメントツールを導入している会社も多いです。
    この記事ではプロジェクトマネジメントツールの中でもマンモスプロジェクトについて、特徴、強み、料金プランなどから分析をしていきます。
    これから導入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

    マンモスプロジェクトとは

    会社としてプロジェクトを成功させるために、チームで効果的に共有できるようになったプロジェクトマネジメントツールです。しっかりと共有ができていないがため、失敗してしまうことを防ぎます。
    全体像の共有を、あらゆる角度から行えてシンプルで使いやすいツールです。

    おすすめの類似グループウェア・プロジェクト管理ツール

    あらゆる業務を一元管理: monday.com

    (4.5)

    月額費用900円〜無料お試し14日間無料
    初期費用要問い合わせ導入会社140,000社

    チームのタスク、プロジェクト、スケジュール、ファイル、チャットを一元管理できるプラットフォーム。プログラミング不要でさまざまな機能が実装できるローコード/ノーコード開発プラットフォームとして、ニーズに合わせて自由にカスタマイズできます。

    タスク管理の煩雑さを解消

    monday.comは、Excelライクな見た目でタスク管理をすることが可能です。 ドラッグ&ドロップの直感的操作でタスクを入れ替えることができ、タスクの期限が迫った場合は、自動でアラートを送ることができるため、利便性に優れています。 タスクは、チームメンバーで共有することができるため、タスク漏れの心配もなく、リアルタイムでタスクの更新も可能なため、チームメンバーがいつでも最新のタスクを確認できるようになります。

    リモートワークの管理にも最適

    リモートワークにおける課題として多く挙げられるのが、メンバーの稼働状況がわからず、業務負荷が大きいメンバーの存在に気づくことができないという点です。 monday.comは、ブラウザベースで利用できるため、場所を選ばずアクセスすることが可能で、タスクごとにチャットをすることで、出社時と変わらないパフォーマンスを実現します。

    リアルタイムでのタスク管理が可能

    チーム内でいつでも最新のタスク共有ができるため、リアルタイムでのタスク管理が可能となります。 管理者は、誰が今どんなタスクを処理しているのか、タスクの抱えすぎになっていないかがリアルタイムで確認でき、適切なプロジェクト管理が可能となり、チームメンバーは自分以外のメンバーがどんなタスクを抱えているのかが把握できることでタスクの依頼や協働作業がしやすくなります。

    操作性に優れたグループウェア: aipo

    (5.0)

    月額費用200円~/1ユーザー無料お試し14日間無料
    初期費用0円導入会社要お問合せ

    ウェブブラウザから利用するグループウェアで、スケジュール管理、ワークフロー、Webメール、ファイル共有、ブログ、掲示板等の機能を有し、ひとつの画面でチームの予定を確認でき、空き時間がひと目で分かります。

    テレワークにおけるスケジュール管理が可能

    テレワークにおける課題として上位に挙げられるのが、メンバーとのスケジュール共有です。 テレワークのみならず、フリーアドレスや別フロアで仕事をしている場合でも、誰がどこで何をしているのかを瞬時に把握することは困難となります。 aipoは、クラウド型のサービスであるため、場所を選ばずにスケジュールの入力·確認が可能です。入力されたスケジュールは、リアルタイムで更新されるため、いつでもメンバーの最新の予定を把握することが可能となります。

    ダブルブッキングのないスケジュール管理を実現

    紙やホワイトボードでのスケジュール管理では、書き込み·修正を繰り返すうちに煩雑化してしまい、会議や設備予約のダブルブッキングが起きるリスクが高まります。 aipoでは、登録するメンバーを部署やチームなどのグループごとに振り分けることができます。 予定登録の際に、会議室や社用車など設備に関しても登録することができるため、設備に関するダブルブッキングを防止することが可能です。

    Excelでのスケジュール管理から脱却できる

    Excelでのスケジュール管理は、同時編集ができないことや、複雑な数式を用いている場合などに属人化が起きやすいことが問題となります。 また、Excelは基本的にPCからの編集に向いており、外出先からモバイルで操作することが難しいというデメリットもあります。


    マンモスプロジェクトの特徴·機能

    こちらではマンモスプロジェクトの特徴などを詳しく紹介していきます。

    5つの視点でタスク共有可能

    一つの視点では上手に共有ができない可能性もありますが、マンモスプロジェクトでは5つの視点でタスクをチェックできます。
    5つの視点というのは、リスト、カンバン、プロジェクトマップ、ガントチャート、カレンダーです。
    さまざまなツールで共有しておくことで、認識の抜けや漏れを防ぎしっかりと把握したうえでプロジェクトを進められます。
    直感的であり多角的に把握できますので、一部の人だけが知っていて他の人は知らないということを防げます。プロジェクトに参加している方が、漏れのないように把握できる仕組みです。

    議事録やフィードバックなどをログとして残せる

    チャットやメールでは見ないで終わってしまうような内容や流れてしまうようなものも、別に保存ができます。
    特に重要なことを話している議事録やフィードバックなどもすべてログとして保存できますので、プロジェクトを進めているうちにまた確認が必要になった際もすぐに見て確かめられ便利です。

    さまざまなツールとの連携も可能

    Slack連携やGithubとの連携もしているのでさらに漏れなく皆で重要なものを共有できます。
    タスクのインポートやエクスポートも可能ですので、必要な場合は適宜行えます。

    割り当てられたタスクを一覧や通知で確認できる

    プロジェクトマップやガントチャートは、画像をダウンロードすれば皆で情報を共有できます。
    さらにプロジェクトの中で、割り当てられたタスクや関連する情報、そして更新されたものを一覧や通知で確認できるため抜けや漏れがありません。理想的なプロジェクトの進め方に合わせて機能が作られているので、操作もシンプルで使いやすいです。

    マンモスプロジェクトの強み

    プロジェクトでの一番の失敗は自分達で情報を正確に把握していない点にあります。
    片方の人はわかっていても、もう片方の人はわからないとそこに抜けがあり失敗につながります。この失敗を確実に防ぐツールを兼ね備えているのが、マンモスプロジェクトの強みです。添付ファイルの共有も可能ですし、メンバーの途中参加や引退も簡単にできますのでスムーズに話が進みます。

    マンモスプロジェクトの価格·料金プラン

    マンモスプロジェクトはリーズナブルな価格設定になっています。
    通常のオンライン版では1ヶ月あたり500円で、新規メンバー参加時には1,000円分のクーポンも発行されています。
    オンプレミス版では1年で360,000円となり、もしインストール作業を頼むときには別途50,000円が必要です。
    プライベートクラウド版では、1年に600,000円かかりますがさまざまなサービスが付いて充実しています。

    2020年7月現在/詳細は公式サイトを確認

    マンモスプロジェクトの注意点

    これまでマンモスプロジェクトにはガントチャートが表示できないということで、少し不便さがありました。
    しかし利用者の強い要望で、今はこのガントチャート機能も付いていてさらに便利になっています。

    マンモスプロジェクトの口コミ·利用企業からの評判

    企画の回転率があがりました

    “使ってみると予想以上に簡単でした。全体的に企画の回転も早くなり仕事だけでなく、忘年会や親睦会などのイベントも一緒に管理が可能で大変便利です。資料を簡単にアップロードできる点も気に入っています。”(会社名非公開/業種:IT/通信/インターネット系様)

    アイデアを即座にまとめることができました

    “社内デフォルト行程管理ツールとして使用していますが、貴重なアイデアを即座にまとめられるので助かっています。”(会社名/非公開/業種:サービス/外食/レジャー系様)

    類似サービスとの比較

    類似のサービスも多数あり、中でもプロジェクト管理ツールのTime Krei(タイムクレイ)も人気があります。
    こちらは個人のスケジュール表だけではわかりにくかった、メンバーのスケジュールも把握でき社内会議の設定ができやすい仕組みがあります。料金はトライアルは無料ですが1ヶ月のみの利用で、その後はクラウドだと10ユーザーで1ヶ月29,800円、シングルテナントは50ユーザーとなり価格は問い合わせての確認が必要です。
    サービスの料金や内容に大きく差はないですが、使い方によってマンモスプロジェクトのほうが全体の費用として安くなります。

    マンモスプロジェクトを含むおすすめのグループウェアツール比較

    グループウェアツールについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

    マンモスプロジェクトでチームタスク見える化の実現を

    メンバー管理なども簡単に行え、重要な事項をさまざまな角度から共有できますのでプロジェクトも順調に進みます。
    閲覧可能な情報も制限できるため、情報の漏洩も防げます。さらにセキュリティの面でも、データは分散化して保持されているので安心です。

    画像·データ出典:マンモスプロジェクト公式サイト

      • qeee枠【グループウェア】

        あらゆる業務を一元管理: monday.com

        (4.5)

        月額費用900円〜無料お試し14日間無料
        初期費用要問い合わせ導入会社140,000社

        チームのタスク、プロジェクト、スケジュール、ファイル、チャットを一元管理できるプラットフォーム。プログラミング不要でさまざまな機能が実装できるローコード/ノーコード開発プラットフォームとして、ニーズに合わせて自由にカスタマイズできます。

        タスク管理の煩雑さを解消

        monday.comは、Excelライクな見た目でタスク管理をすることが可能です。 ドラッグ&ドロップの直感的操作でタスクを入れ替えることができ、タスクの期限が迫った場合は、自動でアラートを送ることができるため、利便性に優れています。 タスクは、チームメンバーで共有することができるため、タスク漏れの心配もなく、リアルタイムでタスクの更新も可能なため、チームメンバーがいつでも最新のタスクを確認できるようになります。

        リモートワークの管理にも最適

        リモートワークにおける課題として多く挙げられるのが、メンバーの稼働状況がわからず、業務負荷が大きいメンバーの存在に気づくことができないという点です。 monday.comは、ブラウザベースで利用できるため、場所を選ばずアクセスすることが可能で、タスクごとにチャットをすることで、出社時と変わらないパフォーマンスを実現します。

        リアルタイムでのタスク管理が可能

        チーム内でいつでも最新のタスク共有ができるため、リアルタイムでのタスク管理が可能となります。 管理者は、誰が今どんなタスクを処理しているのか、タスクの抱えすぎになっていないかがリアルタイムで確認でき、適切なプロジェクト管理が可能となり、チームメンバーは自分以外のメンバーがどんなタスクを抱えているのかが把握できることでタスクの依頼や協働作業がしやすくなります。

        操作性に優れたグループウェア: aipo

        (5.0)

        月額費用200円~/1ユーザー無料お試し14日間無料
        初期費用0円導入会社要お問合せ

        ウェブブラウザから利用するグループウェアで、スケジュール管理、ワークフロー、Webメール、ファイル共有、ブログ、掲示板等の機能を有し、ひとつの画面でチームの予定を確認でき、空き時間がひと目で分かります。

        テレワークにおけるスケジュール管理が可能

        テレワークにおける課題として上位に挙げられるのが、メンバーとのスケジュール共有です。 テレワークのみならず、フリーアドレスや別フロアで仕事をしている場合でも、誰がどこで何をしているのかを瞬時に把握することは困難となります。 aipoは、クラウド型のサービスであるため、場所を選ばずにスケジュールの入力·確認が可能です。入力されたスケジュールは、リアルタイムで更新されるため、いつでもメンバーの最新の予定を把握することが可能となります。

        ダブルブッキングのないスケジュール管理を実現

        紙やホワイトボードでのスケジュール管理では、書き込み·修正を繰り返すうちに煩雑化してしまい、会議や設備予約のダブルブッキングが起きるリスクが高まります。 aipoでは、登録するメンバーを部署やチームなどのグループごとに振り分けることができます。 予定登録の際に、会議室や社用車など設備に関しても登録することができるため、設備に関するダブルブッキングを防止することが可能です。

        Excelでのスケジュール管理から脱却できる

        Excelでのスケジュール管理は、同時編集ができないことや、複雑な数式を用いている場合などに属人化が起きやすいことが問題となります。 また、Excelは基本的にPCからの編集に向いており、外出先からモバイルで操作することが難しいというデメリットもあります。

      • グループウェア

      執筆者  STRATE編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載