ECサイトでCRMを活用すべき理由とは?

更新日:

    ECサイトにCRMはなぜ必要?

    ECサイトでより売り上げを伸ばすには顧客管理は必要不可欠です。

    顧客管理を怠ると既存顧客や新規顧客などへの適切なアプローチができず、売り上げアップの機会を逃してしまうこととなります。

    CRMを導入すれば顧客ごとに地域や性別、購買データなどの属性をセグメントして広告表示を決めることができるだけでなく、最適な商品をおすすめ表示できるようになり、購買意欲の促進につなげることができます。

    まだオンラインショッピングが一般的ではなく、あくまで買い物はリアル店舗で行うのが当たり前だった時代であれば特別な対策は必要ありませんでしたが、ネットショッピングが当たり前となり競合もこぞってECサイトを開設するようになった現代では新規顧客の獲得に苦戦している方も多いでしょう。

    CRMを導入していれば、顧客ごとに最適な提案ができるようになり、リアル店舗のような1対1の対応に近づけることが可能になります。

    これによって顧客一人ひとりのLTV向上、顧客満足度向上につなげて新規顧客の獲得やリピーターの育成につながるのです。

    そのため、現代のECサイト運営にはCRMの導入が不可欠だと言えるでしょう。

    ECサイトにCRMを導入するメリット

    ECサイトにCRMを導入するメリットとしては以下の点が挙げられます。

    顧客情報の管理が効率化される

    CRMは自社が保有している様々な経路からの顧客情報を一元管理することができます。

    顧客の性別や商品を購入した時期、どんな商品を購入したのかなど詳細なデータをCRM上で管理することができるため、複数のシステムを管理する手間が省けるだけでなく、条件ごとにソートして顧客に対して最適なアプローチが可能となります。

    顧客ごとに最適なアプローチが可能になる

    CRMに蓄積された顧客情報は、購買データや年齢、地域や性別など詳細なデータが登録されています。

    これらのデータをもとに条件を絞って顧客ごとにクーポンやおすすめ商品をアプローチすることで、顧客の購買意欲を高めることができるだけでなく、1on1の接客に近い感覚を味わうことができるため顧客満足度の向上も期待できます。

     リモートワークでも顧客管理ができる

    CRMはクラウドで提供されているものも多く、オフィス以外でも簡単にデータの閲覧・編集が可能となります。

    場所やデバイスを選ぶことなくCRMを活用することができるため、テレワークや外出先からでも柔軟な顧客管理を実現します。

      執筆者  STRATE編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載