CRM導入の料金相場はいくら?

更新日:

    導入タイプ別CRMの料金相場

    クラウドタイプ

    クラウド型のCRMは自社サーバで運用することなくクラウド上のシステムにログインして利用することができます。

    クラウド型のCRMは初期費用が無料から利用できるものもあり、料金相場としては0円〜5万円程度となります。

    自社で専用のサーバを用意する必要がないため導入前の準備にかかる手間とコストが少ないことが特徴です。

    月額費用としては、月額固定で一定のユーザー数まで利用できるタイプもあればユーザーごとに利用料金が発生するタイプもあります。

    ユーザー数ごとに料金が発生するタイプでは1人あたり月額500円〜1,000円程度の料金が相場となっています。

    ただ、オプションやサポートを受けることによって追加費用が発生するサービスもあるため、サポート環境を手厚くしたい場合はそれなりの費用がかかることに注意しなければなりません。

    オンプレミスタイプ

    オンプレミス型は自社でCRM運用のためのサーバを用意して自社サーバ内で利用することができます。

    クラウド型と比べて自社サーバ内だけで運用ができるためセキュリティ性が高く、自社に合わせた柔軟なカスタマイズができる点も特徴的です。

    オンプレミス型は月額料金がかからない代わりに年間の保守費用やサーバの構築費用などが発生します。

    ライセンスの発行費用としては2万円から10数万円程度が利用ユーザーごとにかかり、サーバを設置する費用の目安としては5万円前後となります。

    サービスのパッケージ料金としては5万円〜10万円程度のものが多く、サーバを保守するための年間費用は5万円〜30万円程度となっています。

    オンプレミス型を導入する際の費用を計算するとおおよそ30万円〜200万円前後の費用が発生することとなります。

    多くのベンダーの場合では、利用する機能やオプションによって料金が変動するため基本的には見積もりが必要となるでしょう。

    CRM導入までの流れ

    CRMの導入を成功に導くためにもどのような流れかをしっかりと把握しておきましょう。

    目標設定・社内での共有

    CRMを導入することでどんなことを実現したいのか、目標を設定しておきましょう。

    導入前にどんな課題があるのか、課題解消のためにはどのようなCRMを導入すべきかを明確にしておくことで導入後のミスマッチを減らすことができます。

    担当者、サービス選定

    CRMの導入当初は既存の顧客データの移行など詳細な確認が必要なため、専門の担当者を決めておくと良いでしょう。

    担当者を決めたあとは自社にあったサービスを比較検討し、選定します。

    ポイントとしては、数社まで選んだ上で具体的に見積もりを出してもらいベンダー側の担当者と打ち合わせをすることが重要です。

      執筆者  STRATE編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載