CRMで何ができる?活用の仕方

更新日:

    CRMでできること

    顧客情報の管理

    顧客の氏名や年齢、性別、メールアドレスなどの基本的な情報はもちろん、商品の購入日や購入履歴など詳細な情報の管理ができます。

    顧客一人ひとりの詳細な情報を蓄積し、その情報をもとに分析を行う機能も搭載されています。

    また、サービスによっては見込み顧客に対する追客も可能で、メールやメッセージなどでの自動対応ができるものもあります。

    メール配信

    CRMに登録した顧客情報からメールの配信が可能です。

    配信したメールの開封率やクリック率などがわかるため、メール配信に効果的な時間や内容を見極めることができます。

    顧客対応の一元管理

    CRMでフォームや窓口など様々な経路での問い合わせを一元管理することができます。

    問い合わせ内容を手軽に共有できるようになるため、顧客対応品質の標準か、担当者しか状況が把握できていないという属人化の解消などを実現します。

    アンケート作成の作成や集計

    CRMにはアンケートの作成機能も搭載されています。

    アンケート結果の集計や分析も可能で、アンケートで収集した顧客情報からターゲティングリストを作成することもできます。

    フォームの作成

    イベントの申し込みフォームやセミナーの受講票の作成・配信も可能です。

    フォームからの応募者リストの作成も簡単にでき、効率的な運用を実現できます。

    CRMの活用事例

    メールマーケティング

    CRMの活用方法としてはメール配信機能を用いたマーケティングが代表的です。

    クーポンやキャンペーン情報など顧客にとって有益な情報を配信することで、顧客との関係性を深めていくことを目的としています。

    CRMに蓄積した顧客情報をもとに、地域や年齢などでセグメントしたメールを送ることができ、顧客ごとに興味・関心の高い情報を提供してくれるサービスだと認識してもらうことで、メールの開封率向上やコンバージョン率の向上が期待できます。

    アドレサブル広告

    アドレサブル広告とは、CRMbに蓄積された顧客データを活用して、ユーザーごとに最適な広告を配信する手法のことを指します。

    アドレサブル広告は従来の検索連動型の広告やリターゲティング広告に続く新しい手法として注目されています。

    CRMに蓄積している既存顧客の購買データから確度の高い顧客をターゲットとして、Web上で近い行動をとっているユーザーに対して広告を配信することで、新規顧客を効率的に獲得することができます。

    また、既存の顧客に対しては優良顧客や休眠状態の顧客などそれぞれに最適化された広告を配信することで、顧客の維持や掘り起こしにつなげることが可能です。

      執筆者  STRATE編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載