案件管理の方法は?CRMではなにができる?

更新日:
CRMのサービス資料を無料ダウンロード

CRMの製品をまとめて資料請求

顧客との関係を総合的に管理するCRM(顧客関係管理)システムは、案件管理機能を備えています。

顧客や案件の情報を管理して活用することで、売上につなげられるでしょう。

この記事では、案件管理の必要性や具体的な方法を紹介します。

CRMシステムの案件管理機能でできることとあわせて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

案件管理の重要性とその理由とは

なぜ案件管理を行うべきなのか、詳しい理由を解説しましょう。

効率的なプロジェクト管理を実現する

案件管理では、営業の進捗状況を管理して見える化します。

詳しい状況が把握しやすく、次に何を行うべきなのかわかりやすいのがメリットです。

営業で得た情報とあわせて一元で管理することで、上司は指示がしやすくなるでしょう。

1人の顧客に複数人の担当者がいる場合、情報を共有して認識の齟齬をふせぐことが可能です。

各案件の進捗状況と情報を適切に管理すれば、業務の効率化につなげられます。

リソースの最適化とコスト削減

案件管理を行って、営業活動の問題点を明らかにしましょう。

業務の停滞や生産の低下を招いている工程の把握に役立ちます。

無駄を省くことで業務改善が実現でき、リソースの最適化やコストの削減が可能です。

顧客満足度の向上と顧客関係強化

案件管理によって収集したデータを営業活動に役立てます。

詳細を記録しておけば、担当者不在や引き継ぎのときにも別のメンバーがスムーズに対応できるでしょう。

ほかにも蓄積した情報は新しい案件に対応する際の参考や、新人への教育資料としても活用できます。

トラブルやクレームを記録すれば対策に役立てることが可能です。

このように案件管理のデータを活用して顧客のニーズや要望に答えることで、満足度向上や関係強化につながります。

案件管理を行うにはどのような方法がある?

具体的な案件管理の方法をまとめました。

エクセルを使用する

コストを抑えて案件管理をしたいなら、エクセルがおすすめです。

無料で使用できるテンプレートを活用すれば、一から入力する必要がありません。

ただし、エクセルでの案件管理には基本的な知識が必要です。

共同編集が難しく、状況を共有しにくいといったデメリットもあるので注意しましょう。

プロジェクト管理ツールを使用する

プロジェクト管理とは受注後のプロジェクトの管理です。

一方の案件管理は、提案中の案件(商談)を管理することを意味しています。

案件管理機能を備えたプロジェクト管理ツールは多いです。

提案中の案件から受注後のプロジェクトをまとめて管理したいなら、プロジェクト管理ツールを活用しましょう。

CRMシステムを使用する

CRMシステムでは顧客関係を管理できます。

案件の進捗管理や情報の抽出、顧客情報のグラフ化など、営業に役立つ機能が揃っているのが魅力です。

費用はかかりますが、手間や時間を削減して効率よく案件管理ができます。

案件や顧客の数が多い場合は、CRMシステムの導入を検討してください。

CRMの案件管理ではなにができる?

CRMの案件管理でできることを紹介しましょう。

顧客情報と案件を関連付けて管理できる

CRMの案件管理機能では、営業の案件に関するデータを一元で管理できます。

顧客情報や案件を関連付けられるため、わざわざ調べる手間がかかりません。

さらに条件を絞って検索できるので、必要な情報をすぐに表示できます。

案件の進捗状況を追うことができる

CRMの案件管理機能では、案件の進捗状況を一覧で表示することが可能です。

顧客名や開始日、売上見込み金額などの基本的な情報とあわせて見える化できます。

詳しい状況がリアルタイムで把握できるため、適切に対処できるでしょう。

タスクの割り当てやチーム連携が円滑になる

案件管理のタスクやスケジュールはメンバーで共有できます。

誰がどのタスクを進めているのかリアルタイムで把握でき、割り当てなどもしやすいです。

メッセージやコメント機能でコミュニケーションがとれるため、チーム連携も円滑にできます。

案件管理にはCRMシステムがおすすすめ

案件管理を行えば、業務の効率化やリソースの最適化、顧客満足度の向上につながります。

エクセルを使った方法もありますが、案件や顧客の数が多いならCRMシステムの導入を検討しましょう。

顧客情報や案件情報、案件の進捗状況をまとめて確認できるので、より効率のよい案件管理を行なえます。

    その他の関連する記事

      • qeee枠【CRM】

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載