CRMの活用方法と結果を出すコツ

更新日:

CRMの活用方法

営業を行う上で、すべての顧客に対して同じ方法でアプローチする以外にも、顧客一人一人に合わせた施策を1to1マーケティングにおいて実践する場合も、CRMは効果的に活用ができます。

顧客リストが少数であれば、データ管理をExcelなどで行うことができますが、顧客数が膨大な場合、効果的なアプローチが可能になるような特化したツールが必要でしょう。

CRMではターゲットに合わせた柔軟なアプローチが可能であるため、効率的にデータ管理が行えます。

CRMをアドレサブル広告やDMPと組み合わせて1to1マーケティングを行えば、非常に効率的です。

CRMには、「費用対効果の高さ」「他社との差別化」などを実現する可能性を持っています。

CRMで結果を出すコツ

目標を明確にする

まずはしっかりと目標を明確にしておくことが重要です。

「年間の売上を10%上げる」など、目標が明確であるほど戦略は立てやすくなります。

CRMツールを活用するイメージも湧きやすくなるはずです。

戦略を構築する

目標を決めたら、戦略を考えましょう。

自社が提供している製品・サービスの特徴・ウィークポイント・既存顧客の印象など、収集できる情報から戦略をしっかりと組み立てましょう。

評価指標を定める

戦略を構築したら、効果検証の指標を作成しましょう。

マーケティング施策はもちろん、例えば「60%のメール開封率で成功」などと、目標を設定し基準を定めて次のアクションを調整し、再び効果検証を行うなど、いわゆるPDCAサイクルを構築します。

すなわち、CRMツールを上手に活用するには、営業活動を行う上で当たり前に行っていることをしっかりと行うことと直結します。

    その他の関連する記事

      • qeee枠【CRM】

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載