メールzipper(メールジッパー)の料金・評判・使い方について。月200円で利用できる?

最終更新日 

メールをよく使っていると情報が漏洩したりする心配があったり、送信ミス、宛先間違えのミスなどがあるのではないでしょうか?いくら気をつけていても、防げないこともあります。そんな時に導入して欲しいのがメールzipperというシステムです。メールzipperはLRM株式会社が提供するサービスです。

メールzipperの特徴・機能

メール添付ファイルを自動で暗号化

メールを使っていく上で、重要なファイルを添付して送信することもあるでしょう。そんな時に暗号化されていないと誰でも見られるという状況になってしまいます。メールzipperは添付ファイルを自動で暗号化してくれるので情報漏洩も防げます。

送信ミスを防げる

メールzipperを導入すると送信ミスを防げます。メールzipperにはメール送信の際に承認者が承認しないと相手に送信されます。上司の許可を得てから送信できる機能があるため、無闇にメールを送信するということもできません。

メールを自動的に破棄

企業で働いているとどうしてもメールの受信数が多くなってしまい、さばくのにも限界が出てきます。ですが、メールzipperではあらかじめ条件設定して、その条件に当てはまるメールを自動で破棄してくれます。会社内の規定に沿った設定にしておけば、そのメール以外は自動的に破棄されます。

メールzipper導入のメリット

メールzipperのメリットは主に以下の2つです。
・添付ファイルを暗号化
・自己承認機能
ファイルを送信する際に添付ファイルが暗号化されていないとそこから情報漏洩してしまうという可能性も十分に考えられます。メールzipperでは添付ファイルが自動的に暗号化されるので安心して利用できるでしょう。また自己承認機能もあり、自分でメールをチェックできるため
誤送信を防げます。

メールzipperの価格・料金プラン

共用プラン1アカウントにつき月額200円
VPSプラン1アカウントにつき月額300円

メールzipperの注意点

添付ファイルの暗号化は意味があるのか?という方もいます。

メールzipperの導入事例・評判

現在調査中です。

類似サービスとの比較

サービス名月額料金特徴
FENCEメール誤送信対策サービス1メールアドレス200円設定したメールの内容を停止することができる
メールディーラー初期費用50,000円〜
月額費用20,000円〜
HTMLメールが作れる
シンプルメール9,800円ファイルの送信形式が2種類から選べる

FENCEメール誤送信対策サービスは設定したメールの内容を停止できるので、煩わしいメールが多い方にお勧めです。メールディーラーはHTMLでメールが作れるので、メール作成にこだわっている方にお勧めできます。シンプルメールはファイルの送信形式が選べるので、こだわっている方に良いでしょう。

メールzipperでメールの安全性を高める

メールzipperで情報漏洩を防げるうえに、添付ファイルの暗号化も可能です。暗号化は自動でされるので手間が取られると言う心配もありません。メールをよく使いセキュリティを高めたいと言う方はメールzipperを導入してみてくださいね。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載