ムームーメールの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
100円~
初期費用
0円
無料お試し
なし
導入社数
要お問合せ
これは メール管理・共有 の製品です。
メール管理・共有 の製品をまとめて資料請求

企業にとってメールアドレスは名刺のようなもので、自社の社名がドメインとして入っていることで受け取る側も相手を容易に認識できるようになります。フリーアドレスでは企業としての一貫性を出すことは難しく、ドメインを手軽に作成できるmuumuumail(ムームーメール)のようなサービスを利用する企業が増えています。

今回はムームーメールとはどんなサービスなのかをご紹介させていただきます。

ムームーメールとは

ムームーメールとはGMOペパボ株式会社が提供しているドメイン作成サービスです。30GBという豊富な容量で手軽にドメインを作成できるだけでなく、メールアドレスは無制限に作成できることから非常に多くの企業で利用されているサービスです。作成したメールアドレスはWEBメールとしてはもちろん、スマホなどのモバイル端末でも利用することができるので用途に合わせてメールアドレスを作成することができます。

おすすめの類似メール管理・共有ツール

類似サービス: メールディーラー

(4.5)

                   
月額料金35,000円〜無料お試し14日間無料
初期費用50,000円〜最短導入期間申し込みから2営業日程度

メールディーラーとは、株式会社ラクスが提供しているメール管理システムです。 大量のメールを簡単に一元管理できるようになり、誤送信や重要なメールの見落としを防ぐことができるため、非常に多くの企業から導入されています。

属人化しているメール業務を解決

メールディーラーでは、お客様との対応履歴等、すべての情報を共有することができるため、誰が見てもやりとりを把握することができます。

対応状況を可視化できる

メールディーラーでは、問い合わせの状況に応じて「未対応」、「対応中」、「対応完了」のフォルダに自動で振り分けしてくれるため、メール管理が容易になり、対応状況を簡単に可視化することができます。

問い合わせ窓口を一元管理

メールディーラーでは、メールや電話だけでなく、チャットなどの問い合わせ窓口まで一元管理できるため、複数のツールを往復するストレスが解消されます。

 

類似サービス: Freshdesk

(0)

         
月額料金2,100円〜/ユーザー無料お試し21日間
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

Freshdeskは、クラウド型のヘルプデスク·問い合わせ管理ツールです。Freshworks社が開発したサービスですが、日本ではOrangeOne株式会社によって販売されています。 シンプルで使いやすく、FacebookやTwitterを操作するような簡単なインターフェースが高評価されており、世界での導入実績は15万社を突破しています。

       

さまざまな問い合わせを一元管理

ヘルプデスク業務において課題となりがちなのが、メールや電話、フォームなど複数の問い合わせ窓口からの問い合わせに対し、それぞれのツールで確認しなければならない煩雑さです。 Freshdeskは、マルチチャネル機能が搭載されており、それぞれの問い合わせ窓口と連携することができるため、1つの画面でさまざまな問い合わせを一元管理することができます。

使いやすいインターフェース

Freshdeskは、B2Bテクノロジーに関するユーザーレビューの世界的な掲載サイトである「G2 Crowd」のCRMカテゴリにおけるトレンドで満足度と注目度においてNo.1の評価を獲得しています。 シンプルで使いやすいインターフェースで設計されているため、PCの操作が苦手という方でも直感的に扱うことが可能です。

顧客の自己解決をサポート

Freshdeskには、ナレッジベースの作成·公開機能が搭載されており、過去の問い合わせを元に、よくある質問などをナレッジベース化することで、顧客の自己解決をサポートすることが可能です。 また、フォーラム·コミュニティの作成もでき、顧客による質問や製品についてのディスカッションを可能とし、顧客の抱える疑問点解決に貢献します。

これはメール管理・共有の製品です。

メール管理・共有の製品をまとめて資料請求

ムームーメールの機能·特徴

独自ドメインが簡単に取得できる

ムームーメールを利用することで独自のドメインが簡単に取得できるようになります。普段私たちが使っているGmailや各スマホキャリアのドメインは変更することができず、企業としての一貫性を出すためにはホームページ名やサービス名をいれたドメインを作成することが効果的です。ドメインは最大20個まで作成することができるので用途に合わせて様々なドメインを取得できます。

直感的操作で作成可能

通常であればメールを管理する際にはサーバー契約が必要ですが、ムームーメールの独自ドメインメールでは契約が不要です。サーバー契約に抵抗がある方や慣れていないという方でもコントロールパネルからワンクリックでメールを利用することができます。インターネットが利用できる環境であれば社外や自宅からでも利用することが可能なので非常に利便性の高いサービスとなっています。

低コストで利用できる

ムームーメールの年間利用料金は1,200円なので月額換算すると120円程度で独自ドメインを作成することが可能です。メールアドレス作成機能だけでなく、ウイルスチェックやウイルス対策、送受信の暗号化、メール転送、スパムフィルタなどの豊富な機能を搭載しているのでセキュリティの面でも安心して利用することが可能です。また、すでに利用しているメールソフトやアプリがある場合でもムームーメールに契約後すぐに利用できるマニュアルを用意しています。

ムームーメールの料金·価格

ムームーメールでは年間利用料金として1,200円の費用が発生し、取得したいドメインごとに取得費用と更新費用がかかるシステムになっています。「.com」のような人気ドメインの場合取得費用が1,160円、更新費用が1,480円になっています。公式サイトより取得したいドメインを検索することが可能です。

2020年7月現在/詳細は公式を確認

ムームーメールの強み

ムームーメールの強みは手軽に独自ドメインを作成できることにあります。ホームページ名やサービス名を入れた独自ドメインを利用することで企業としての一貫性を主張することができるだけでなく、メールを受け取る相手からの信頼を得ることもできます。ムームーメールは容量も豊富でメールアドレスの作成数は無制限なので企業の用途に合わせて気軽に独自ドメインを取得してメールアドレスとして利用できるのは大きな強みです。

利用企業からの評判·口コミ

SNSでの評判·口コミ

類似サービスとの比較

ムームーメールとの類似サービスとしてはお名前メールやWEBCASなどが挙げられます。これらのサービスを料金面や機能面で比較すると以下の通りです。

サービス名料金(月額)初期費用お試し利用特徴
ムームーメール年間1,200円0円なし·独自ドメインが簡単に取得可能

·低コストから運用が可能

お名前メール·ライトプラン/500円(年払い)

·スタンダードプラン/920円(年払い)

0円なし·低価格から運用可能

·高いセキュリティ対策

WEBCAS·ASP型/10,000円

·SaaS型/100,000円

·ASP型/30,000円

·SaaS型/500,000円

·導入型/2,000,000円

なし·クラウド型以外でも導入可能

·多様なメール配信が可能

料金面での比較としてはお名前メールが低価格から運用することが可能なのでおすすめです。機能面の比較としてはシンプルに運用が可能なムームーメールかある程度の費用をかけることができるのであれば高機能なWEBCASがおすすめです。

この製品に関連する動画を紹介

ムームーメールで自社だけのドメイン作成を

ドメイン取得、メール配信のムームーメールをご紹介させていただきました。昨今ではなりすましメールや企業を装ったフィッシングメールなどユーザーを脅かすメールが配信されています。そんな状況下で自社のサービス名やホームページ名をドメインに使用したメールアドレスを作成することでユーザーへの信頼·安心感を与えることができるのでぜひムームーメールのようなサービスを積極的に活用してみてください。

画像·データ出典:ムームーメール公式サイト

    これは メール管理・共有 の製品です。
    メール管理・共有 の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【メール管理・共有】

        類似サービス: メールディーラー

        (4.5)

                           
        月額料金35,000円〜無料お試し14日間無料
        初期費用50,000円〜最短導入期間申し込みから2営業日程度

        メールディーラーとは、株式会社ラクスが提供しているメール管理システムです。 大量のメールを簡単に一元管理できるようになり、誤送信や重要なメールの見落としを防ぐことができるため、非常に多くの企業から導入されています。

        属人化しているメール業務を解決

        メールディーラーでは、お客様との対応履歴等、すべての情報を共有することができるため、誰が見てもやりとりを把握することができます。

        対応状況を可視化できる

        メールディーラーでは、問い合わせの状況に応じて「未対応」、「対応中」、「対応完了」のフォルダに自動で振り分けしてくれるため、メール管理が容易になり、対応状況を簡単に可視化することができます。

        問い合わせ窓口を一元管理

        メールディーラーでは、メールや電話だけでなく、チャットなどの問い合わせ窓口まで一元管理できるため、複数のツールを往復するストレスが解消されます。

         

        類似サービス: Freshdesk

        (0)

                 
        月額料金2,100円〜/ユーザー無料お試し21日間
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        Freshdeskは、クラウド型のヘルプデスク·問い合わせ管理ツールです。Freshworks社が開発したサービスですが、日本ではOrangeOne株式会社によって販売されています。 シンプルで使いやすく、FacebookやTwitterを操作するような簡単なインターフェースが高評価されており、世界での導入実績は15万社を突破しています。

               

        さまざまな問い合わせを一元管理

        ヘルプデスク業務において課題となりがちなのが、メールや電話、フォームなど複数の問い合わせ窓口からの問い合わせに対し、それぞれのツールで確認しなければならない煩雑さです。 Freshdeskは、マルチチャネル機能が搭載されており、それぞれの問い合わせ窓口と連携することができるため、1つの画面でさまざまな問い合わせを一元管理することができます。

        使いやすいインターフェース

        Freshdeskは、B2Bテクノロジーに関するユーザーレビューの世界的な掲載サイトである「G2 Crowd」のCRMカテゴリにおけるトレンドで満足度と注目度においてNo.1の評価を獲得しています。 シンプルで使いやすいインターフェースで設計されているため、PCの操作が苦手という方でも直感的に扱うことが可能です。

        顧客の自己解決をサポート

        Freshdeskには、ナレッジベースの作成·公開機能が搭載されており、過去の問い合わせを元に、よくある質問などをナレッジベース化することで、顧客の自己解決をサポートすることが可能です。 また、フォーラム·コミュニティの作成もでき、顧客による質問や製品についてのディスカッションを可能とし、顧客の抱える疑問点解決に貢献します。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載