Amazon WorkMailの料金・評判・口コミについて

月額費用
4ドル
初期費用
要問合せ
無料お試し
要問合せ
導入社数
要問合せ

Amazon WorkMailとは?

Amazon WorkMail(アマゾンワークメール)とは、Amazonが提供するEメール・カレンダーのマネージド型サービスです。メンバーはEメールや連絡先、カレンダーに、デバイスを選ばずシームレスにアクセスできます。

ネイティブiOSやMicrosoft Outlook、AndroidEメールアプリケーション、IMAP プロトコルをサポートするクライアントアプリケーションなどから利用が可能です。「AWS Key Management Service」の暗号化キーにより、すべてのデータを暗号化。セキュアに情報のやり取りができます。

Amazon WorkMailの特徴

さまざまなデバイスからアクセス

Amazon WorkMail(アマゾンワークメール)では、 iOSやAndroid、WindowsPhoneデバイス、AmazonFireとの同期が可能です。MicrosoftExchangeサーバーから移行するケースでは、モバイルデバイスから自動で接続。エンドユーザーによる再設定は必要ありません。豊富なWebクライアントが揃っており、Eメールや連絡先、カレンダーにもシームレスにアクセスできます。

マネージドサービス

Amazon WorkMail(アマゾンワークメール)は、インフラの保守や運用を提供するマネージドサービスです。自社のEメールインフラストラクチャを管理。ライセンス付与や設定・リソースの割当に関する先行投資が必要ありません。ソフトウェアのインストールやハードウェアの管理、保守・運用も不要です。アップグレードやパッチ適用、バックアップもすべて自動で実施します。

強固なセキュリティ

Amazon WorkMail(アマゾンワークメール)では、暗号化キーを使用してすべてのデータを暗号化します。保管したデータの流出を防止できるでしょう。データが保存されるAWSリージョンを選択すれば、データの局所性を正しく制御できます。

Amazon WorkMailの料金・価格

月額料金メールボックスストレージ

(1人あたり)

人数
4.00USD(4ドル)50GB最大25 ユーザー

Amazon WorkMailの導入事例・評判

公式サイトに導入事例がありませんでした。

まとめ

Amazon WorkMail(アマゾンワークメール)では、企業のEメールを手軽に運用できます。多くのクライアントに対応しており、さまざまなデバイスからシームレスにアクセスできるでしょう。Eメール・カレンダーシステムを手軽に構築・運用したいなら、ぜひ導入を検討してください。

Amazon WorkMailの評判・口コミ

(3.5)

※各種ITツール・SaaS製品口コミサイトの平均の点数を一部参考にしています。

Amazon WorkMailの良い評判・口コミ

・見た目がとてもシンプルなので慣れるまでが早く使いやすかった。
・Outlookと連携して連絡先やカレンダーに簡単にアクセスできるところが便利。
・AWSを利用していれば非常に安価で利用できる。

Amazon WorkMailのその他の評判・口コミ

・たまにメールの内容が文字化けすることがあった。
・高機能ではないので他のメールソフトと比べて特別優位な点があるわけではない。

Amazon WorkMailを導入した結果に関する評判・口コミ

・Gmailをどうしても使いたくなかったので、代わりとなる手段として利用できてよかった。

    その他の関連する記事

      • qeee枠【メール管理・共有】

        類似サービス: yaritori

        (4.5)

        月額料金2,200円〜/ユーザー無料お試し21日間無料
        初期費用要問い合わせフリープランあり

        yaritoriとは、Onebox株式会社が運営している営業・CSに特化したメール共有システムです。 複数アドレスを一元管理することが可能で、対応状況が可視化できるため、対応漏れをなくし、顧客対応品質を向上させることができます。

               

        メールの対応状況を可視化できる

        yaritoriでは、メールごとに、「未対応」、「対応済み」といったステータスを設定することができ、対応ステータスでメールを分類することが可能です。 また、メールごとに担当者を設定することもできるため、対応漏れが解消以外に、重複対応も防止することができます。

        チャットで情報共有を効率化

        yaritoriにはチャット機能が搭載されており、メールごとにチャットをしながら対応方針を決めることができます。 チャットでは、メンションをつけて特定のメンバーにメッセージを送ることができるため、チャットが埋もれてしまい、反応が返ってこないということもありません。

        顧客対応品質を標準化

        「問い合わせごとにメールの内容を考えるのが大変」、「オペレーターによって対応品質にバラつきがある」といった課題もyaritoriであれば解消することができます。 「資料請求」や「問い合わせ」といったカテゴリーごとに複数のメールテンプレートを作成できるため、メール作成を効率化することが可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載