UI/UXとは?それぞれの違いや意味について

更新日:

Webサイト設計やデザインにおいて重要とされるUI/UXという言葉。

漠然と意味は把握しているつもりでも、いざ説明するとなると難しいという人も多いのではないでしょうか。

本記事ではUI/UXについて意味やそれぞれの違い、UI/UXデザイナーとはどんな職業なのかなどを解説しますので参考にしてください。

UI/UXとは?それぞれの意味

ひとまとめに表されることが多いUI/UXですが、それぞれどういう意味なのかを解説します。

UIとは

UIとはUser Interface(ユーザーインターフェース)の略で、ユーザーとモノをつなぐ接点に近いイメージの言葉です。

Webサイトやアプリケーションにおいては、デザイン性はもちろんのこと、ユーザーがストレスなく利用できる操作性もUIに含まれます。

ただおしゃれなデザインというだけでは見栄えはいいかもしれませんが、実際にサイトを訪問したユーザーはボタンの位置やフォームの場所がわかりずらくすぐに離脱してしまうでしょう。

見やすい画面で、誰もが無理なく操作でき、求めている情報にすぐに辿り着けるような配慮がされている、ユーザビリティが高いサービスを提供するという意味でUI改善が常に求められるのです。

UXとは

一方でUXとは、User Experience(ユーザーエクスペリエンス)の略で、商品やサービスを通して得られるユーザー体験のことを指します。

UIよりも広域な範囲で捉えられることが多く、UIも顧客体験の一部であることから視認性や操作性もUXに含まれるのです。

優れたUIを意識してWebサイトを構築することで、より良いUXの構築へと繋がります。

例えばiPhoneを例にして考えてみると、大きさや見やすさ、画質など年々改良され、よりユーザーが使いやすいものへと進化しています。

さらに、touchIDや顔認証など利便性の高い機能をリリースすることでユーザーの感動体験を実現しており、この体験こそがUXと表すことができるのです。

UIとUXの主な違い

UIとUXの違いについてですが、近年では混同されがちで同義に扱われることもあります。

ですが、UIとはユーザーの接点、つまりサービスの扱いやすさを示すもので、UXはユーザー体験としてサービスを通して得られた経験全体のことを指すという点が違います。

UIが優れていれば自ずとUXも高くなり、ユーザーが満足感を得ることができます。

人気のサービスや製品は優れたUIで設計されており、必然的にUXが高くなるものなのです。

UI/UXデザイナーってどんな職業?

UI/UXデザイナーとは、優れたUI、UXを創る人のことを指します。

UIデザイナー、UXデザイナーとそれぞれ分けて呼ばれることが多いですが別々の人間が担当しなければいけないというわけではなくWebデザインも含めて1人の担当者が行う場合もあります。

UI/UXまたはWebデザインはそれぞれに別のスキルと考えられ、1つのスキルの特化している人をUIデザイナーやUXデザイナーと呼ぶ場合があり、企業側はどの部分を強化したいかで募集するデザイナーを検討すると良いでしょう。

特にWeb/IT業界においては、UI/UX/Webデザインは、すべて別々のスキルであると考えるのがいちばんわかりやすいでしょう。すべてにある程度精通しているという人もいるでしょうし、ひとつのスキルに特化している人はあえて◯◯デザイナーという表現する場合もあります。

デザイナー側は、自らの得意な分野によって名乗る肩書きを選ぶことができます。また、企業が採用する際はニーズに合わせてどのデザイナーを募集するかを考える必要があるでしょう。

UIデザイナーの仕事内容

UIはUXに含まれると解説しましたが、UIデザイナーの仕事もUXデザイナーの一部と捉えることができます。

例えばWebサービスの場合、ボタンのデザインや使用するが画像などはUIデザイナーの担当となるでしょう。

UIはユーザーが触れる部分に関するデザインを指し、見やすい位置にボタンを配置したりアクセスするデバイスごとにレイアウトを変更したりするのがUIデザイナーの仕事になります。

UXデザイナーの仕事内容

一方でUXデザイナーの仕事内容は、UIを含めたユーザー体験をデザインすることと言えるでしょう。

優れたUIを設計し、ユーザーがノンストレスでサービスやアプリを利用できるようにした結果、感動につながるような体験とする、この一連のプロセスを実現するのがUXデザイナーの仕事です。

そのためにはUIについてだけでなく、ユーザーへのマーケティングやSEO対策、サイト解析など多岐に渡る業務を行います。

UI/UXのおすすめ勉強法

UI/UXについて、意味やその違いを解説してきましたが、では実際にUI/UXについて勉強するにはどのような方法があるのでしょうか。それぞれについて解説します。

UIの勉強法

  • 書籍やWebサイトでUIデザインを学ぶ
  • なるべく多くのサービスやアプリに触れる
  • デザイントレースを重ねる

UIの勉強法としては上記の方法が例として挙げられます。

UIを学ぶためにはより多くのUIデザインに触れ、原則を学ぶことが重要です。

書籍やWebサイトから知識を得るのももちろん有効ですし、なるべく多くのサンプルに触れることでUIの基本パターンを理解することができるでしょう。

UIの基本パターンを理解したらデザインをトレースして効果的なパターンを構築できるようにスキルを磨くことで、評価の高いUI作成が可能となっていきます。

UXの勉強法

  • 参考サービスやアプリを分析する
  • サンプルを模倣してサービスデザインを行う

UXの主な勉強法は上記の通りです。

UIと同じで、まずは参考になるサービスやアプリケーションをしっかりと分析することが大事でしょう。

自社と同業界で高く評価されているサービスや著名なサービスを参考にして、どこが優れているのか、サービスを利用した際にユーザーがどんな体験を得られるのかを分析することでUXの知識が身に付きます。

その上で、UIの時と同様にサンプルを真似た模倣サービスのデザインを行うことで、UXのスキルが身に付くでしょう。

UI/UX共通の勉強方法

UIとUXそれぞれに共通している勉強方法としては、著名なIT企業が公開しているリファレンスを読む方法が挙げられます。

Apple社やGoogle社などが公開しているリファレンスはUI/UXの勉強にはとても役立つ教材と言えるでしょう。

UI/UXデザインを改善するためには?

UI/UXの勉強方法について学び、実際にデザインができるようになったあとはより優れたデザインにするために改善が必要となります。改善の際には以下の点に注意しましょう。

ユーザーの立場になって考える

UI/UXデザインにおいて最も重要なのはユーザビリティと言えるでしょう。

そのため、ユーザーが実際にモノやサービスを利用する場面を何度も検証することが重要となります。

どんな人が利用するのか、ユーザーはどんな状況でサイトやアプリケーションにたどり着くのかなど細部まで想像してみるとよいでしょう。

顧客がモノやサービスを知り、利用するまでに至ったかを時系列で整理して考察するカスタマージャーニーを導入すると効果的です。

目的を明確にする

UI/UXデザインの改善において重要なのが、自社サービスや商品が誰をターゲットとして何のために存在しているのかという目的を明確にしておくことです。

サービスを利用するユーザーのことを疎かにして、デザインにばかり拘っていたのではユーザーにとって良いさサイトとは言えません。

あくまで自社サービスやアプリケーションを利用するユーザーのことを第一に考えて、利用しやすいデザイン、操作性を改善していくことを念頭におきましょう。

それぞれの違いを理解してUI/UX改善に取り組もう

UI/UXについて、それぞれの意味や違い、勉強方法などを紹介しました。

CVRを高めていくためには欠かすことができないUI/UXの改善。

本記事で紹介した勉強法や改善ポイントを参考にして、積極的に取り組んでみてください。

これは Web計測・解析 の製品です。
Web計測・解析 の製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【Web計測・解析】

      類似サービス: Mouseflow

      (4.5)

      月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
      初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

      Mouseflowとは、世界中で利用されているヒートマップツールです。 セッションリプレイ機能とヒートマップを用いて自社サイト内のデザインを最適化することができ、必要なものが全てわかりやすく配置されている状態を実現することができます。

      全ユーザーの行動の録画・再生ができるセッションリプレイ機能

      Mouseflowはユーザーのサイトへの流入から離脱までを録画・再生することができます。それにより仮設でない、実際の行動に基づいた分析を行うことが可能となります。

      ユーザーの動向を表示するヒートマップ機能

      Mouseflowは、ヒートマップによってサイトを訪れた人がページのどこをクリック/タッチしているのか、マウスがどのように操作されたか、ページをどこまでスクロールしたのかなどを色で可視化することが可能となります。

      サイト訪問者の離脱点を分析

      Mouseflowには、ファネル分析機能が搭載されており、この機能によってサイト訪問者の動きを検証することができます。

      類似サービス: Engage Manager

      (4.5)

                                   
      月額費用150,000円〜無料トライアル2週間無料
      初期費用100,000円最短導入期間要問い合わせ

      Engage Managerとは、株式会社トライバルメディアハウスが運営しているSNS管理ツールです。 同社の豊富なSNS運用支援実績に基づいて設計されたツールで、TwitterやInstagram、Facebook、YouTubeといったSNSの運用工数を削減して、ベンチマークやフォロワー推移など、様々な分析が可能となります。

      ユーザーとの密なエンゲージメントを実現

      Engage Managerは、複数ユーザーでTwitterやInstagramといったソーシャルメディアのアカウントを管理することができ、ユーザーごとに操作するアカウントを分けることも可能です。 SNS運用において課題となりがちな、連携ミスや承認ワークフローの体制が不十分なことによる投稿ミスを防止するために、投稿のダブルチェック体制やチーム連携をスムーズにする機能を搭載しています。

      優れたレポート機能を搭載

      Engage Managerには、ソーシャルメディア運用に必要な分析機能が豊富に搭載されています。 分析できるのは自社アカウントにとどまらず、競合他社のアカウント、ベンチマーク企業のアカウントまでもが分析でき、誰でも簡単にモニタリング・レポーティングが可能です。

      プロフェッショナルによるサポートを提供

      Engage Managerは、これまでに約200社のソーシャルメディア運用企業へのツール提供実績があります。 システムの提供によって培われたノウハウを最大限提供、ソーシャルメディア運用担当者と伴走したサポートを実現しています。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載