トラッキングとは?目的、活用事例、仕組みをわかりやすく解説

更新日:

    トラッキングで効果を得る、サイトを最適化するといったマーケティング施策をよく耳にします。
    特にデジタルマーケティングでは欠かせない要素ですが、活用するためには具体的な仕組みを理解する必要があります。
    ここではトラッキングとは何かといった基礎知識をはじめ、仕組みや活用方法、注意点などを解説します。

    トラッキングとは

    トラッキング(Tracking)とは、ユーザーの行動追跡です。
    特にデジタルマーケティングで欠かせなくなった理由は、Webサイト上でユーザーがどのように行動したかを分析することで、高い宣伝効果を得ることができるためです。
    例えばトラッキングでは、ユーザーがどういう経路でサイトへ流入したか、どれくらい閲覧時間があったか、どのページのどの広告をタップし購入したかがわかります。
    出稿で高い費用対効果を得たり、より購買行動につながるよう広告を最適化したりするためには、とても重要な情報を提供してくれる仕組みです。

    トラッキングの目的と活用事例

    トラッキングの目的は広告の最適化です。
    実際にどれほどの効果があったかを測定し、適切な費用配分にすることで費用対効果を最大化することに活用されます。
    前述した通りどの広告からコンバージョンに至ったかを知ることで、コンバージョンに貢献する広告がどういったものなのかを正確に把握することが可能です。広告を成功させる要素は数多くありますが、まずは広告一つひとつの費用対効果を正確に把握することが重要なのは言うまでもありません。
    シンプルに、効果の低い広告を排除し、高い広告を増やすという適正な費用配分が行えるようになります。

    トラッキングの重要性

    トラッキングの重要性はデジタルマーケティングにおいて強く認識されており、ユーザーの行動分析からサイトのボトルネックを洗い出す行為は世界中の運営者が実施しています。
    一口にWebサイトを最適化するといっても、正しい判断材料がなければ、果たしてどこにどのような手を加えれば成功するのかまったくわかりません。
    トラッキングは課題のある箇所を見つけ出し、サイト最適化の道筋を立てるために欠かせないマーケティング手段と言えます。
    もともと広告の正しい効果測定は、正しい評価で広告投資を最適化するうえでの最重要課題です。
    それを知るための手段の一つがトラッキングであり、実店舗のように顧客一人ひとりの動きや傾向が直接見えないWebサイト運営にとって重要な鍵となる手法です。

    トラッキングの活用事例

    それでは具体的にどのようにトラッキングを活用しているか、多くの企業が実施している事例を紹介しましょう。

    活用事例1:Webサイトへのアクセス解析

    ユーザーを識別し、閲覧しているページ、閲覧時間を特定することができます。
    このデータのアクセス解析を行うことで、滞在時間が長かったページはどこなのか、どのような内容が興味を惹いたのかがわかります。
    人気が高く、長く滞在し、隅々まで見てもらえるページを増やせば、そこにある広告の露出度も飛躍的に高くなり、コンバージョンにもつなげやすくなるでしょう。
    また現状サイトがどのような環境にあるかもわかりますので、悪い結果からは逆に課題や改善策を発見することも可能です。

    活用事例2:広告効果測定

    WebトラッキングはWeb広告の効果測定で使用されることが多いですが、特にアフィリエイト広告には欠かせないものです。
    ご存知の通り、その広告から購入された商品代金の一部が報酬になりますので、まずは広告をタップされなければ始まりません。
    一に集客、二にタップ、三でようやく購買につながるわけですから、トラッキングを使ってどの経路からユーザーが入って来たか、どの広告をタップしたかは非常に重要な情報です。
    ユーザー行動の追跡で効果を検証することは実に多くの企業で実施されています。

    トラッキングの仕組みをわかりやすく解説

    そもそもトラッキングはどのようにして成り立っているのか、その仕組みを理解しておきましょう。
    現在、いくつかのトラッキング方法が存在しています。

    Cookieによるトラッキング

    Cookieとは、Webサイトを閲覧するときに生成され、閲覧者のブラウザやPCなどに保存される情報です。
    閲覧履歴や閲覧時間、ログイン情報などが主な内容で、トラッキングではこれらを収集することで分析が可能となります。
    トラッキングCookieはWebサイトが発行するもので、サードパーティCookieという仕組みを利用しているのです。
    バナー広告配信などをしているサーバー側がユーザー側へ送り込むCookieであり、ユーザーが閲覧しているほかのWebサイトをまたいでCookieを付与できます。
    ただしこちらはユーザーがブロックすることも多く、Google Chromeは2020年1月でサードパーティCookieのサポートは廃止しています。

    ブラウザフィンガープリントによるトラッキング

    ブラウザフィンガープリントとは、固有情報としてWebブラウザを認識する技術です。
    JavaScriptで取得できる情報からハッシュ値を生成し、まるで指紋のように固有ブラウザを識別します。
    ハッシュ値はユーザーによってかぶることはありませんが、すぐに変わってしまうのでずっと個人を特定し識別することはできません。

    スマートフォンアプリによるトラッキング

    GPSや電話帳、ストレージやセンサーなど、スマートフォン内にはその個人特有の情報が入っています。
    ユーザーがこれらの情報にアクセスする権限を与えるアプリをインストールすると、運営者側が個人を識別することができます。

    広告識別子(広告ID)

    広告識別子とは、スマートフォン端末を識別する英数字です。
    Cookieはブラウザを識別しますが、端末で識別する仕組みを持っています。
    名前の通り用途が限られており、広告配信のみに使用されます。

    SensorID

    SensorIDとは、ケンブリッジ大学の研究チームが開発した新技術で、スマートフォンに搭載されている加速度センサーやジャイロセンサー、磁気センサーなどを解析し個人を識別する方法です。

    トラッキングの計測方法・計測ツールをご紹介

    具体的な計測方法には2つありますので、それぞれ解説します。

    ダイレクト計測

    あらかじめページ内に計測タグを設置しておき、ユーザーに読み込まれたらカウントする方法です。
    設置に手間がかかり、読み込みにタイムラグが発生しますが、万が一サーバーに不具合が起きてもカウントが可能で、専用サーバー契約費用がかかりません。

    リダイレクト計測

    トラッキング用の専用サーバーを設置し、そこを経由した数をカウントします。
    タグ設置の手間もラグもなく正確にカウントできるのが魅力ですが、サーバーに不具合が生じれば計測はほぼできません。
    サーバー管理料、サービス利用料などコストがかかるため、計測精度を高めたいときに利用するのが一般的です。

    無料の計測ツールを活用

    計測には計測ツールを活用しますが、無料の「Google アナリティクス SDK」が2019年10月31日でサービスを終了し、「Google アナリティクス for Firebase」に移行しています。
    ダッシュボードやイベントレポート、コンバージョンレポート、オーディエンスレポートなどがあります。

    トラッキングの注意点とは

    トラッキングの注意点は、Cookieに頼るとブロックされたときに効果測定ができなくなり、機会損失につながることです。
    逆にCookie情報からセッションIDを盗み、ユーザーを装ってサーバーを攻撃するクロスサイトスクリプティングなどの犯罪もあります。
    マルウェアを感染させたり個人情報を搾取したりするサイバー攻撃を受けないよう、セキュリティ対策も万全にしてください。

    正しいトラッキングの活用で適切な効果測定を

    トラッキングは広告運用の効率化には重要なマーケティングであり、ユーザーの行動経緯や商品への興味を知るために必要な行動です。
    企業にとっては広告測定だけでなくターゲティングにも活用できますので、ぜひ取り入れましょう。

        執筆者  STRATE編集部

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載